FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

3月4月は決断の時

1998年に38歳で起業。
それからあっという間に時間がたち、私の会社も15年です。

2000年にIT業界から人材開発業界へのシフトも、大きな決断でした。
それから必死で自分自身で目標を描き続けながら、それを実現するために必死で頑張ってきたように思います。
そして14年が経ち、また節目を迎えたように思います。

50歳を過ぎたころ、私の頭の中に、いつまで働くのか、引退時期というのがチラつきました。
40代の働き方の中で抱えたストレスと、もっと自分の時間を大切にしたいと感じた時でした。
そしてそこからの3年間は、1年に4~5回は海外旅行に行きました。世界中を自分で体感したい!そんな思いに強く引かれていたように思います。
そして、昨年は何しろ仕事に没頭しました。研修、講演、新聞の連載コラム執筆、各種メディアへの寄稿と・・・。
私人生の中で、久しぶりに仕事漬けの1年だったように思います。

そして、今年、いらないものをそぎ落としなながら、自分らしく働き生きるということに揺らぎがなくなっています。
誰と働くのか、どんな仕事をするのか、そこにもう妥協はしません。
心の美しい人たち、同じ想いを共有できる人たちと、働き生きていきたいと思います。
それができれば、私は50代、そして60代も働き続けられるでしょう。

そのためにやらなくては行けない、経営判断をしています。
関係は始めることよりも、終わらせることにはストレスを感じます。
また引き受けうることよりも、断ることのほうが辛い。
しかし、嫌なことを避けていては前進はありません。
また、臭いものに蓋をすれば、それはストレスや歪みとなって問題が必ず起こります。
真正面から向き合い、熟考し、決断する力、経営者として鍛えられてきたような気がします。

企業の人事異動や組織変更のシーズン。
私も同じように問題に向き合い経営判断をする時期です。
今年はどう働くか、決まりました。
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する