FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

美味しいハッピーウィーク

今から8年ほど前に、尊敬するメンターとお食事をした時の言葉を、最近よく思い出します。

「50代になると、食べることへの意識が変わってくる。最高に美味しいものを食べたい。
 これから、死ぬまで何回食事をすると思う?
 美味しく、いろいろなものが思いっきり食べて味わえるのは何歳までか?
 60代までは大丈夫だとしても、量は食べられなくなるし、美味しいワインも量は 飲めなくなる。
 そう考えると、ランチとディナーは、とっても大切になってくる。
 まずいものを食べるくらいなら、食べない方がいいと思う。
 それに、もっと大事なのが誰と食べるか?仕事のビジネスランチやディナーなんか食べた気にならない。
 同じようにに美味しいものを美味しいいと感じる人と、楽しい会話をしながら食べるのが一番楽しい。
 それが幸せというものだよ。」

当時はビジネスランチとビジネスディナーに明け暮れていた私には、今ひとつピンと来なかった言葉でしたが、最近はまさに本当にそのとおりと感じてしまいます。

この1週間は、超美味しい食事と超美味しいワインをパートナーと一緒に楽しい会話(実は食べている最中も食べ物とワインとレストランの話しかしません)で満たされての、まさにハッピーウィークでした!
1月も香港、東京でミシュランレストラン巡りをしましたが、今回も1週間で3つのレストランに行きました。

★一二岐(和食)
 1月はランチでコース予約をして感動したので、今回はディナーで。
 前回の感動を上回る美味しさと、日本酒のハーモニー二二人ともだ満足。

★★★カンテサンス(フレンチ)
 ホテルのコンシュルジュもお客さまのリクエストで、まず予約できないというほど混んでいる超人気店。
 40分電話をかk続けてランチを予約できました。
 そのかいあっての美味しさは、フレンチの枠を超えて和食とのフュージョンなんて言葉では表せない芸術品。
 究極の芸術品のフレンチと、極上のワインを飲んで、まさに天国気分。

★★★ジョエル・ロブション(フレンチ)
 こちらは恵比寿の超有名店、トラディッショナルなフレンチのコースをまさにフランス人のように4時間もかけ て、これまた極上のワインと一緒に堪能。リッチな美味しいさと、最高のサービス、これまた大満足です。
 1週間で★★★フレンチを2回も食べると、もう舌がそれが 基準となってしまいます。

パートナーとの銀座での1週間の休暇?で、すっかりカロリーオーバーです。でも、美味しいもの美味しいお酒、知的で面白い会話を楽しめるパートナーがいること、それって、ホントに幸せ!

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する