FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

ワークライフバランス

1週間ちょっと、インドネシアのバンドンの郊外で過ごしてきました。
私の大好きなバリ島ウブドに似た環境で、数冊の本を読みながら、リラックス、パートナーと楽しい時間を過ごし充電して戻ってきました。

2009年、私のワークライフバランスは大きく変化しています。25歳で離婚をしてからの20年、私のバランスの中心は仕事&キャリアと自己投資&成長と健康、そこが中心で、それに趣味余暇と友人達でした。もちろん、介護で大きくバランスが変わった数年もありましたが、家族&パートナーという部分は自分の中で重点事項としては考えていませんでした。

でも、ある意味、仕事&キャリアでかなりの達成感と充実感を味わい、自分が登りつめていくことよりも、自分が得たものを人に分かち会う、人を助け&育てるというところに私の関心が移ってきた昨年から、私は家族&パートナーの部分の充実に目覚めました。軽いデート相手ではありません。イコールパートナーです。つまり対等な関係で人生をサポートしあって生きていけるようなソウルメイツでもある男性です。

そこを充実したいという気持ちは、昨年末にはかなり高まっていたのでしょう。だから、人生のパートナーに出会いたいなと思いつつ、そういう意識で行動をしていたのでしょう。そうしたら、本当に出会いがありました。相手もまさに私と同じことを求めていました。年齢も人生の経験値も似ている熟年のカップル?(笑) 50歳を目の前にして、このような出会いとこのような気持ちになったことに、実は私は驚いていません。私にとっては、まさに今がタイミングだったのだと思います。

人は一人で生きていけます。死ぬ時は、もちろん一人です。
でも一人で生きると選択をあえて選ぶ必要はないと思います。
一人よりもパートナーがいるほうjがずっと楽しいと、今、私は感じています。

ただし、私たちは、そう簡単にデートができません。
お互いに超多忙かつ、超遠距離です。ただし、それを乗り越えることができるくらいに、自分のスケジュールをコントロールし、タイムマネージメントもできる余裕かつキャリアの状況にいます。だからこそ、彼の国で、日本で、または他の国で一緒にいる時間を作ります。
だからこそ、真剣にワークライフバランスの1年です。
7月は週2回の出張、土曜日は全部地方にいることになりそうです。でも、8月は3週間近い休暇をとって、海外で過ごすことになります。私なりに大切なもののために、人生のバランス、タイムマネージメントをもっと頑張りたいと思います。

スポンサーサイト