FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

誰が何を! が重要な時代

ここのところ、講演や研修の立会いがとても多くなった、営業のヤングムツゴロウさん。彼がIT業界から転職して1年ちょっとがたったようです。ひとなつこく、ソフト無話し方、人間関係を大切にする心のエンジンを積むムツゴロウさんは、まさに人間力で営業していくタイプです。最近は出張なども、一緒に移動する機会が増えました。そして、仕事やその他いろいろな話をすることができました。
ムツゴロウさんは、育児も率先して分担しているダイバシティパパ。だから、働く女性たちに対する想いやりのある言動も決して演技ではありません。ニューキャリアの時代のビジネスマンです。モチベーションの話など、葛藤などもあるようなのですが、彼から嬉しくなる言葉を聴きました。

「この分野の仕事、好きなんですよね。やればやるほど、そう思います。客先でも気がつけば研修コンテンツの話、えんえんと話してたりするんです。すると、お客さんは喜んでくれるんですよね。営業らしくないなんて言われたりもします。もちろん、営業ですから最終的には見積もり持ってきてと相手に言ってもらいたいけど、でも、そのためにも中身をしっかり知ってもらって、本当にやりたいと決めて欲しいんです。」

私はなんだか、とても嬉しくなりました。私もIT業界から、人材開発業界に転身して8年目。自分が、人材開発の世界に転じたことを本当に良かったと思っています。IT業界はスピードもあって面白い、だけど、人材開発業界は深さがあります。

「研修の中でも、心を使う人間力系は、やっぱりどの講師が教えるかが絶対に重要ですね。スキル系研修ならカリキュラムがしっかりしてれば、それで誰がやっても同じかもしれません。でも、リーダーシップやキャリアに関して教えには、講師の人生経験がものを言いますね。講師の実体験で説得力も違うし、受講者の共感度も違いますね。だから植田さんが講演や研修のコース冒頭で見せる、自分のライフチャートは意味ありますね」

営業パートナーが、このような理解と共感をもって仕事をしてくれていることを知ると、本当に頭が下がります。そして、私は営業こそ人そのものが勝負の仕事だと思っています。素晴らしい営業とは、自分自身自信の信頼を買ってもらっている営業です。時代は、薄利多売の商品販売以外は、良質なものを良いサービスで求められています。安く買うよりも、誰から買うかが重要です。信頼できる人から信頼できるものを買う。

ハイコンセプトの時代、営業が素晴らしいものだと胸をはって説明できるものを、たえず発信できる私でありたいと思います。自分を磨き、周りに感謝する気持ちを忘れないようにしたいと思います。

スポンサーサイト