FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

知らぬ間に広がる企業内女性格差

今日の「女性と組織の活性化研究会」のテーマは、

★知らぬ間に広がる企業内女性格差★

ダイバシティー、女性の活躍推進が多くの企業で取り組まれている中、
「輝き成長していこうとする女性たち」「今に停滞して漂流している女性たち」の差がいたるところで、顕著になってきたように思います。

1 世代格差
私がニューキャリア、オールドキャリアと言っている2000年以降に入社したした人と、それ以前から働いている人たちでは、「キャリア」や「自立」の意識が大きく違います。今は大学3年生くらいで、しっかりとしたキャリア教育がされています。どういう人生を歩むのか、どのように働くか、いつまでに結婚、出産をしたら働く上でいいのか・・・。もしかしたら20代の人たちのほうが真剣に考えているようです。バブル崩壊から10年、35歳以上の女性たちは、どこかでシンデレラストーリーをまだ信じているような他力本願、どうにかなるさとい裏付けの無い楽観主義で、刹那的に今をいきている人も多いようです。

2 職種格差
「総合職=男性と同じ仕事内容を期待される人達」と、「一般職=アシスタント的なルーチンワーク」という採用がなくなりつつある中、その区分で「一般職」で入り、同じ職場で同じ仕事で長年「塩漬け」状態になった女性たち。シーラカンス集団や、お局集団となり、職種転換もままならぬ、お荷物的扱いになっている会社が結構あるようです。また、職種転換の難しさ、ここで失敗している会社もたくさんあります。職種格差は、あたかも士農工商のような身分格差的、差別や対立の構造にまで進んでいく場合もあります。

3 職場内格差
専門職、営業部門、本社部門、工場と、いろいろな部門で女性活躍推進の差が出ています。
でもここで一番注目すべきは、上司(つまり男性管理職)による格差です。男尊女卑に凝り固まった管理職がいる部門では、いっこうに女性活躍推進は進みません。
「うちの女性たちは、楽しそうにやっているから、今のままでいいんだよ?」
女性部下たちの眠っている可能性を引き出せなければ、活躍推進をしていないということです。

5 個人の人生状況格差
独身、既婚、子育て中とそれぞれの人生状況による格差は明確です。
特に35歳以上で独身の女性たちは、子育てをしながら仕事も頑張るワーキングマザーに対して、応援するのではなく、逆に冷たい視線を送っているようです。
「彼女が時短を取るから、そのとばっちりが私に振られてばかり?」
「会社は産休、育休、時短と子供を産んだ女性ばかりを優遇。私たちのように独身で仕事を頑張っている女性に対して、何もしてくれない」
「私はプライベートを犠牲にして仕事にかけてきたのに、彼女たちは甘い。仕事も家庭もなんてずるい」
このような発言は残念ながら、幸せそうな家庭を持つ女性への嫉妬心の現れかもしれません。

私たち女性はは「共鳴する」のが得意なはずです。男性のように、比べたり、競ったり、縄張り争いをするようなことは、やめたいですね。この格差は、私たち女性自身がちぢめていかなくてはなりません。女性格差がどんどん、なくなることを私は祈っています。

スポンサーサイト