FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

大切な日のコーチング

私にとって、今日はとても重要な日でした。
本当に私が目指す未来が何かを確認し、そして決める日です。
昨年末から3か月以上、漠然としたイメージが、大きな方向性となり、そして具体的な進むべき道として現れる、そして、そのために私は自らがいくつかの行動を起こすことになる日です。

とっても重要な日なので、午前中に自分のコーチにコーチングを受けることを決めていました。
不思議なものです。1時間話している間に、自分が思っていたこと以上に深い自分の考え、自分が本当に求めているものが、そして行動の背景の自分の心の動きをすべて感じることができました。

無我の境地という感じでしょうか、今日の私の心はまるで静かな海です。
女性と組織の活性化研究会での2時間、これはいつもに増して、この研究会が参加メンバーの方々にとってどんなに大切であり、それをファシリテートする私の役割、あり方というのを深く感じました。もっとさらに、ここで私ができることは何だろう・・・。

そして、重要なミーティング。その内容は、予測したものでした。その内容は、私が自分をがっかりさせるものだと当初思い込んでいました。でも、私はその場を通じて、未来が見えた気がしました。そしてそれは、私だけの未来ではなく、そこにいる全員に関わる未来です。それも明るい未来です。

そして、最後はある方へのラストコーチングです。
そのエグゼクティブの5年の人生をライフコーチとしてサポートしてきました。そして、本当にまさにちょうどのタイミングで、私はコーチを辞めることをクライアントに伝えました。クライアントとコーチの関係は、本当に選手とコーチ、患者とかかりつけのホームドクターのようなものです。単発的な関係に終わることもあれば、このように長い関係もあります。でもそれが一つ終了しました。

家に戻って、今日を振り返った時、自分のコーチと話をしたこと、約束をやれたような満足感、安心感が心のいっぱいにしていました。 たぶん、今日、私は自分の中がが大きく変わったような気がします。それは、自分の中の大きな決断の瞬間のように思います。
私と私のコーチの関係は、まだ続きます。6年近い時間をサポートしてくれたコーチ、ここからの3年は
やっぱりコーチなしでは頑張れそうもありません。もう少し、見守っていてください・・・。

スポンサーサイト