キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

今年は積極的に攻めていきます!

1月ずっと、今年はどんな年にしたいのかを考え続けてきました。
自分の心と頭に問いかけ、心の声を聴き、頭を整理して、それがぴったり合う場所を探していました。

今日のコーチングで、コーチと話しながら、心&頭が出してキーワードは。

「攻め(積極的&行動的)」「拡大」「健康」

50代の前半、私は40代の働き方と大きく変わりました。
自分の体力や気力が、40代ほどないという現実の中で、欲張らずにストレスを溜めない働き方ができるようになりました。
自分が頑張ることから、人を育て応援すること、その楽しさをたくさん経験してきました。

そして、今年、私はまさに50代後半戦を歩み出します。
もちろん60代も働き続ける私にとって、ここは素敵な60代になるための大事な5年です。

「だからこそ、50代だからできることを、もっと積極的にチャレンジしよう!」

頭も心も言い出しました。これには自分でちょっと驚きです。でも、チャレンジするために健康はとっても大事。
ちょっとワイン飲み過ぎてますからね・・・。
もっと健康で元気になってパワーアップして、アクセル踏みますよ今年は!

スポンサーサイト

こんな会社、こんな人とは仕事したくありません

今日のミーティング、久しぶりに驚きました。

今どき、こんな経営方針の会社があるんだ。
今どき、こんな考え方の管理職がいるんだ。
今どき、・・・・

10年前に信頼できない会社、信頼できない人とは仕事はしないと決めました。
それは、どんな大企業であろうが、どんな偉い人であろうが、ダークサイド、グレーと感じさせるようなは、全部NG。
こちらの会社も、担当が変わったり、経営陣も変わったり、いろいろあったのかもしれませんがダメだな、こりゃ。
近い将来、ご縁が無くなることになるのは、正直、ほっとしています。

でも、今日のミーティングは無駄な時間でした。私の2時間を返してくれっ!

人間の回復力ってすごい

お正月は車いすに座っているのがやっとだったのに、それから3週間、チコさんは歩行訓練をしています。
フロアも変わったので食欲も出て来て、出張で数日ぶりに病院に行くと、みるみるリハビリが進んで元気になっています。
食欲も猛烈に出てきているし、この分だと桜が散る頃には、かなり元気になるのでは・・・。
人は強いなと感じます。でも一番重要なのは気持ちの持ち方なのかなと思います。元気になりたい、退院したい、また旅行に行きたいという本人の気持ち、そして周りの応援、それがどんどん回復する力を加速させているようです。

私自身の父の脳梗塞からの回復度合いが厳しい状態だったので、チコさんのことも楽観的予測をしないようにしていました。
でも、そんなこの冬、深い雪の中に埋もれていたた私の心は、雪解けで春がそこまで来ているように、日増しに軽やかになってきています。お見舞いにいきながら、いろいろな話も弾むし、今年の夏にはまた二人で旅行行けるかも!!!

一気にエンジンがかかりました!

東京で午後からの半日講演、その夜に福岡に入り、翌日また半日講演。
対象は同じ会社の男性経営陣・管理職&女性部下たちです。私がこの3年一番やっている講演スタイルですが、初めて登壇させていただく会社なので、どんな組織風土なのか、ドキドキわくわくします。

女性たちは、東京も福岡も元気でとっても素敵です。もっともっと輝けそうな女性たちだけど、いろいろ抱えていたのかな、涙を流す女性達がたくさんいました。感動してくれるのは嬉しいけれど、もっともっと応援したい!

男性管理職は東京は腕組み、そっくり返りさんが数名です。男尊女卑と思いきや、福岡の男性管理職はとっても真摯な受講態度。これは職種の差なのかな~と思います。
でも、こちらの会社、会長・社長・役員も参加しているのに、男性管理職の欠席、当日ドタキャン率が高さに久しぶりに驚きました。
前々から決まっていたことなのにね・・・。

この会社のダイバーシティ・女性活躍推進の大きな問題は、男性管理職と見たり!
やっぱり男性管理職が変わらなきゃ、会社は変わらない。
ダイバーシティ時代の人間力リーダーに男性管理職がなってもらわないことには、話が始まりません!

だから、私はオジサン達の変心&変身のための講演や研修をやりまくるよ~!

完全に、今年の仕事モードのエンジンがかかりました!

今年の仕事始めは女性と組織の活性化研究会から

2007年2月から始めた女性と組織の活性化研究会.今年はいよいよ10年目に突入しました。
第96回の総会の発表は8社で、今までの総会とは違って少数で濃い発表となりました。
各社の発表を聞きながら、この10年の研究会のことが走馬灯のように蘇ってきました。
世の中の女性活躍推進&ダイバーシティ推進の流れの中で、結構、大きな役割を果たしてきたように思います。

登録企業は108社で、登録メンバーは200名を超えていますが、毎回の研究会の参加は数年前に比べると減っています。
どうやら、この研究会の役割が終わりつつあるのかなと感じます。終了というよりもクローズな形での、研究会を変化させる時期なのかもしれません。10年目からどんな展開をするのか、じっくり1ヶ月考えることにします。

元旦を病院で過ごす

今年の元旦は、二番目の母の入院するリアびり病院で、お節を食べました。
特別室なので、気分はホテルでのお正月です。
いつもは30分も座っているのが限度というチコさんが、2時間も少しずつお節を食べてくれました。

「来年のお正月は、この金沢のお節を本店に食べに行こうね!」

この言葉に笑顔で頷く様子を見て、一安心です。
後は、どこまでリハビリで回復するか。気力が先行することこそがリハビリの近道。
だから、こそ、仕事始めの12日までは毎日病院に行って応援します!