キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANA時代の企業戦士ガンダムモードに入ってしまいました

3日前までに26名だった受講生が当日になったら23名、しかも当日ドタキャンが4名。
平均年齢50歳ちょっとという人事指名の部長クラスへの「モチベーション・リーダーシップ1日コース」
欠席の理由は、病気でも事故でもなく、仕事が忙しいから・・・。
この状況ってかなり問題です。欠
席した方は仕事優先、この忙しい時に研修なんか受けていられるかということのようです。

座った19人というのは参加してくれたということは期待できるはず・・・・
いえいえ、久しぶりに軍隊の隊長が紛れ込んでいました。46歳営業部門の管理職。
朝から、大声でクラスの雰囲気を乱しまくりです。

「俺が受ける前に、上司受けさせてくれよ。こんなの受けたってかわれねえよ」
「女はなんぜ感情的で、ヒステリーだ許されるんだ。俺は女が会社を変えるなんて思わねえよ」
「こんな研修受けたって、俺は変わらないよ。俺のやり方でやっていくよ。お前らだってそうだろ」

休憩時間にも大声出しまくり、周りに強制的に同意をさせようとする体育会系企業戦士に、植田の我慢のコップが溢れました。私のANA時代の超ガンダム合金モードのモバイルスーツが開きました。

「あなたが変わりたくない、企業戦士のままでいたいならいい。自分の意見を言うのもいい。
ただし、大声で騒いで周りの人を強引に同意させるような言い方で巻き込むのは止めなさい。それは許しませんよ」

とかなり強烈に一槍。
私の鋭い視線に彼の顔は青くなり、そして真っ赤になりました。

「俺は、帰る。こんな研修バカバカしくて出てられるか、ふざけやがって!」と

テキストを机に投げつけて、彼は部屋から大声で叫びながら出ていきました。

他の受講者もびっくり、女性のことを感情的でヒステリーだとわめいたけど、本人自身がとても感情的で有名な方のようです。彼の激情的な退場にに残された40代50代の男性たちも唖然です。

「私は本気で、皆さんのイキイキ、皆さんの周りの人のイキイキを応援したくてここにいる。
彼のように、そんな必要がない。気づきたくない、変わりたくないというものは、今すぐに
彼のようにこの部屋からでて構わない。どうしますか?」

私の真剣な言葉に、残りの18人の男性たちは、誰一人席を立ちませんでした。
残った18人の中には、元企業戦士もいました。しかし50代は企業戦士を続けれれない年齢です。
自分の今後のキャリアとか体調とか心配事だらけでです。
最後の丸くなった輪の気づきで

「うちの会社はモチベーションが下がって、元気が無い人が多い。私もそうでしたが、今日の気づきで、まずは自分がイキイキ生きる働くことを大切にし、少しでも周りの人をイキイキさせられたらと思います。」

この会社、若い人がすぐにやめてしまい、50代ばかりがたくさんいる会社だそうです。50代の上司の下で50代の部下が働くという構図の中で、企業戦士・・・早く皆が気づいて辞めないとね。

この仕事では、絶対に着ないぞと誓っている企業戦士ガンダムスーツ。
今日だって、スマホオヤジや、居眠りオヤジには優しくできたんですけどね・・・。
戦闘モードの軍隊オヤジがダメなんですよね。
瞬間にもう着てるものね。大反省!

スポンサーサイト

出版記念講演

今日は11月末に出版された、私の新刊

会社の未来派女性が拓く

の出版記念講演でした。40名の参加者の割合が、6:4で男性が多かったのにちょっとびっくりです。
なぜなら、私の研修や講演は女性の方に人気があります。女性の方はたとえば、女性活躍推進やダイバーシティ推進の担当である場合もありますが、人事や研修部門にいて私のインターネットや新聞の連載を読んでいてファンになり、リアルで私と会う機会だと楽しみに来てくださる方がたくさんいます。男性の場合は、ちょと七がいます。仕事だから、役割だから、会社に言われたから参加という方が多いの実態。
また、講演の内容も、女性が聴くととても元気になってモチベーションが上がって笑顔になりますが、男性にとってはかなり耳が痛く、心にグサグサ響くというか刺さる話が多く照れ隠しの笑顔で終わるといった感じです。

だからこそ、男性がちょっと多い状態にびっくりです。男性を観察すると、ちょっといつもと違っています。30代若手から50代までと幅広く、座っても周囲の方々と話をしていたりもします。男性たちも変化の兆しでしょうか?

本のトーンよりも、はるかにパワフルな3時間の私の講演は、一方的に私が話すわけではありません。
例によって、2回の席替えをしながら、周りの方々と感想を共有するスタイルに、全員の心が開き、モチベーションが上がっていくのを感じました。
終了後、名刺交換をしたいという列に男性がたくさん並んでくれたのが印象的でした。

「女性活躍推進、ダイバーシティ推進の真髄を体感しました」

嬉しい笑顔な言葉です。
男性の方々の心もどんどん開いて感じてくれる時代になってきたのですね。
私の、やりがいも今年はますます、高まりそうです!

彼の魂が近くに

先週から今週、出張中のホテルの部屋で熟睡できませんでした。
理由は金縛りというか人がいる気配で眠りが浅く、また人の気配をずっと感じていました。
でも、それが決して不快とか怖いといった感覚ではなく、暖かい感じです。
私の敬愛するメンターが亡くなって、ちょうど1年が経ちます。
彼の魂が私のすぐ近くに来てくれたのです。

昔、昔、「ニューヨークのゴースト」という映画がありました。
それを見たときは、こんなことってな~なんて信じませんでしたが、まさにその感じです。
雪が舞うこの2月、ソウルメイトとの魂の会話ができそうです。

「1年経って、私、成長したでしょう?」
「そうだね。でもまだまだ成長できるでしょう。」

またもや素敵な経営者!

先週の香川出張から、オフ日がとれずに、日曜日の夕方に宇都宮入り。
朝8時30分に会場入りだと、やっぱり前泊になってしまいます。
1週間で半分以上をホテルで泊まる生活は、やっぱりキツイ。踏ん張りどころの地方巡業シーズンです。こちらの会社とは、昨年夏の栃木の経済同友会での私の講演がご縁です。

★女性が拓く会社の未来 ~カギを握るのは男性上司~

私の最も人気の講演に参加した部下の女性達と一緒に参加した経営トップの社長が、大感動をしたそうです。
そこから植田道場の女性リーダーエンカレッジセミナーに毎回、数名の女性が参加するようになりました。彼女たちに聴くと、参加前と後と、社長といろいろ感想を共有することになっていて、とても楽しそうです。そして、今回は、男性を教えて欲しいということで男性管理職と、一部の女性部下参加の1日研修です。

飛び切りの笑顔で迎えてくれた社長は、この研修をとても楽しみにしてくれていたようです。
オブザーバー席があったので、ちょっと研修を見るのかなと思ったら、丸一に完全参加をされました。この社長、私よりちょっと若い、アラフィフくらいでしょうか?でも、すごく柔軟でイキイキしていて、笑顔です。こういう、男性経営者もっと増えてほしいものです。そして、ここの副社長、80歳というのに、これまた丸一日研修に参加してくれました。

研修の後の、社長と男性管理職と一緒の懇親会でも、とてもフランクに意見が交わされて笑い声が絶えない雰囲気に、
「日本一を目指しています!」
という社長の言葉、実現しそうな気がします。

宇都宮に、きらっと光るダイヤモンドのような会社に出会いました! 
今年は、なんか、素敵な経営者続きで、いい感じです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。