キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミンでお疲れ様!

今年3月は、いつも我儘な私がお世話になりまくり、迷惑かけまくっているQUEチームの謝恩旅行は、草津温泉の旅でした。あの時は、今、思うと私はインフルエンザ疑惑(たぶんそう)でした。

今回は、前日、前々日の2日間の女性リーダーエンカレッジ公開コースで完全燃焼し、仕事の雑多な問題などを前日までにどうにか片づけての、すっきり成田集合でのQUEチーム2泊4日のホーチミン弾丸ツアーでした。
夏に、海外休暇を取っていない私にとっては、4月の中欧旅行から、かなり時間がたっての久しぶりに海外です。

私はベトナム旅行は4回目、ホーチミンだけとれば3回目です。でも、
一緒の山岡ちゃんと、神田さんはホーチミン初体験。
お仕事とは逆に、私がツアーコンダクターとなって二人を慰労サポートするのが役割です。
ホテル選びや、オプショナルツアー選び、レストラン選びと、大変ですが、楽し胃仕事。

初日はメコン川ジャングルクルーズで盛り上がり、ランチも夜も、ベトナム料理を堪能。
2日目の自由行動日は、ショッピングツアー、小柄な二人は洋服をたくさん買って、美味しいアイスクリーム、フォー、そして締めのディナーもベトナム料理を堪能。

楽しかったです!でも、私疲れていたのでしょう。二人は行きも帰りも、6~7時間のフライトで映画を2本ずつくらい見ているのに、私は行きは半分、帰りは全く皆いて爆睡でした。
連休を使っての、気分転換は完璧です。

スポンサーサイト

植田道場主催の女性リーダーエンカレッジ2日間コース

植田道場主催の 女性リーダーエンカレッジ1日コース 女性リーダーエンカレッジコース  は、昨年から9回開催してきました。
しかし、私の女性リーダーを応援するフルコースは2日間です。関西では継続的に、開催されていますが、東京では3月からちょっとお休み状態です。

植田道場主催という自主開催での2日間コースは、私たち主催者チーム(植田、山岡、神田)にとっても頑張りどころの初体験です。
でも、私としては、自分たち開催のコースた実は一番好き。
もちろん、負担はかかりますが、山岡さんとの二人でやる女性リーダーエンカレッジコースは、私たちの鉄板コースですから。

9月18日19日の2日間のコースには、20代半ばから40代半ばの女性たちが全国から集まってくれました。
お仕事の業種は、さまざまです。独身、既婚、そしてお孫さんがいる方もと人生もさまざま。
泊りがけの人が半分くらいでしたが、初日の夜の時点で、皆、いつからの友達と思うほどの親近感あふれる大女子会。
私は翌日も講師として教えるので、ドリンクサービスの終わった21時30分で帰路につきましたが、レストランから22時30分に閉店ですと言われるまで、おしゃべりで盛り上がった模様。

2日目の17時、最後の皆の気持ちの共有場面では、 涙ぐむ人が続出。
全員で写真を撮って、連絡先を教え合って・・・・終わっても、いつまでも名残惜しそうにしている彼女たちを見守る私の気持ちは、サブ講師の山岡ちゃんと同じ、まさに母の思いです。

40代半ば近くの女性が、ハンカチで涙を押さえながら素敵な笑顔で、来てくれました。

「うちの会社にも50代で働き部長とかになっている女性がいますが、皆さんガンダムです。ああはなりたくないし、なれないと思うような方々でした。でも植田さんと、山岡さんをお仕事の仕方、二人のやりとりを見ていて、50代の女性が楽しく働いて生きていくことができるんだ、私もお二人みたいになりたいと思いました。まさにロールモデルです。会社に戻ったら、周りの女性たちににこの研修で感じた想いをたくさん、共有したいと思います。とても素敵な2日間でした。ありがとうとざいます。」

彼女のような感動の涙と笑顔。
こういう笑顔にたくさん出会いたい!!!
だから、私と山岡jさんにとって、女性を応援する仕事は、ビジネスではなくてライフワークです。

初めての福井での仕事

ふくい女性財団からのリクエストで、女性リーダーエンカレッジ研修2日間をやってきました。日本全国を研修や講演で飛び回っていますが、福井県はまだ来たことがありませんでした。

昔々、30年以上前の大学生だったころ当時の恋人(元の結婚相手)筑波からドライブして、キャンプをしながら、永平寺、能登半島と周ったのが最後の記憶です。

ふくい女性財団の施設はとても立派です。女性活躍に力を入れているのがわかります。
そして、福井の女性たちの笑顔に触れ、大感動。
日本中の女性たちが、今、可能性を広げ一歩踏み出そうとしていることを実感。

そして、地酒の花垣と越前そばにも大感激。
たくさんの感動にまた、来たいな。でも、東京から米原経由で4時間強くかかってしまうのが、ちょっと大変。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。