FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

7年ぶりの再会に感動

今週のハードな3連続出張の最終日は、愛知県の某市役所でした。
カリキュラムは全ての世代の女性を応援する3時間の「女性の幸せなキャリア」でした。

30名近くの女性たちは、育児時短の方も最後まで参加してくれて、皆さん笑顔キラキラになって、終わってからも、いろいろ話に来てくれました。この皆が笑顔になって帰っていく様子を見るのが、私にとっては一番嬉しい瞬間です。
でも、今回はそれよりも嬉しい瞬間がありました。

途中の休憩から、オブザーブ席に座ったショートカットの女性、笑顔で私に会釈をしてくれましたが、私にもしっかり記憶がありました。きっと前に私の公開セミナーに来てくれたに違いありません。
受講生たちが帰ったのを見計らって、私のところにやってきてくれました。

「先生、お久しぶりです。先生の公開セミナーを前に受けさせていただきました。覚えていらっしゃいますかね?」
「あなたの顔、覚えています。でもいつ、私のコースを受けました?」

「2007年です。東京の秋葉原で。私はその時、本当にキャリアに迷っていて、管理職になることもいろんなことをです。それで、探しまくてて、これだって思ったのが先生のセミナーでした。自腹の自己投資です。研修を2日間受けて、本当にすごい刺激を受けて、たくさんの気づきがありました。私、もっと頑張ろう思いました。おかげで、いろいろ資格をとったりして、管理職にもなりました。心のエンジンは、私の周りの人たち200人くらいにはやりましたよ。これ、当時のテキストです。だから、今日、先生がうちの市役所に来ると知って、どうしても先生に会って話したいと思って来ました。あのセミナーは私の人生の転機となりました」

2月のメンターの死から、「自分は何のために働くのか?」という自問自答をすることが度々ありました。その答えが、7年ぶりに再会した彼女の言葉の中にあるように感じました。

★多くの人たちが仕事の場面で輝くための動機付けのきっかけを作り、その人が本当に輝くことを見届けること★

「私を必要とする人たちがいる限り、私は仕事をし続けたい!」

スポンサーサイト