キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な20代30代の女性たち

会社の歴史が浅く40代50代の人がほとんどいないという、家具の通販会社の労働組合の女性エンカレッジ講演。

★女性の幸せなキャリア★

集まった、20代30代の70名を超える女性たちの名札カードは、白とピンクに色分けされていました。
白が独身、ピンクが既婚で、既婚者40%で、赤ちゃん連れも数名います。
独身の女性たちは、結婚した女性たちに、結婚している女性たちは、育児をしている女性たちに、いろいろな話を熱心に、聴いています。

結婚、育児も頑張りながら、仕事でも輝きたい、それを自然体で頑張ろうとしている彼女たちの姿は、今時の女性たちの縮図です。まさにお互いがロールモデルとして輝きながら、共鳴しつつ成長していくことでしょう。
彼女たちが働き続け、輝き続けるなら、この会社、もっともっと発展していくはず、

全員、そのまま、力を入れずに頑張れ! とっても、とっても素敵な女性たちでした!

スポンサーサイト

新任役員にダイバーシティ講義

某企業で、新任役員対象の90分ほどの女性活躍推進を中心としたダイバーシティの講義を初めてやりました。
役員クラス、つまり私と同じ50代前後のオールドキャリア育ち世代、しかも90分という短時間で、彼らの心に響く話ができるのか・・・ちょっと心配ではありました。

5人テーブルが3つの15名は、私が前に出てきたので、いったいこの女何者という感じでチェックしながら見ています。

私だって逆チェックです。日本人の同年代の男性って、やっぱ老けてるな~。腕組みは3名かな・・・。

でも私の

「同級生なんだし、ここからは本音だけよ。建前禁止で、心で聴いてね!」

という言葉に、ちょっと笑いながら頷くところは、この会社の素敵な社風のせいかもしれません。
各テーブル、まっさらな段階で、女性活躍推進に関して本音話してと言ったら、

各テーブル2名はかなりの推進派、2名は頭でわかるけどうしたらいいのかちょっとの戸惑い派、そして残りの1名が女が男と同じに活躍なんてうちの会社はという否定派でした。この状況は、ちょっと嬉しいびっくりです。もはや反対派は少数派。でも例によって、一番テーブルで声が大きいんですよね~。でも私が近づくと小声になってしまう。自分の持論を貫けばいいのに、もはや負け犬の遠吠えに聞こえつつあること自覚しているのかも。

あの時を思い出します

東日本大震災 2011年3月11日

私は田町にあるビルの1階で研修をしていました。
1階だったゆえ、研修は中断されることもなく、周りで何が起きているかも知らずに16時過ぎに終了。目の前の国道に出た瞬間に腰を抜かすほど驚きました。

その時と同じ会社から今回、また同じ内容でお仕事の依頼を受けました。

「ダイバーシティ時代の活き活きキャリアと心のエンジン」

場所も違うし、参加している人も違うわけですが、私の思いはしばし、あの時に戻ります。

生きていることの偶然さ、そしてこの2年、私は何を社会に貢献できたのか・・・。
まだまだ、できることがあります。
もっと、真摯に誠意をもって生きる働く、愛を大事にする、心に刻みました。

六本木でランチ

私の人生の充実度は、

★仕事にやりがいを感じているかと、愛に満たされているか★

この2つに尽きるように感じます。
20代30代は仕事もがむしゃら、好きな人とたくさん会って時間を過ごす、それが生きているという感じでした。
40代は仕事に邁進、休暇はずっと好きな人といる、オンとオフの切り替えが気持ちのリフレッシュでした。

そして50代、
本当に愛している、愛されている人がいること、その人と心が繋がっていること、そしてたまに会えること。
私の心をどんな時も満たし続ける「至上の愛」は、何に変えられない私であるためのエネルギー源です。

だから、毎月、愛の日があります。
今日は、六本木にて2時間の素敵なフレンチのランチ。
お天気が良すぎて、テラス席をパスしましたが、まさにバラ色の幸せな時間。
生きてきた時間が長いからこそ、2時間が宝物のように光っています。

オールドキャリアの経営者を発見

GW明けの初仕事に、仙台の銀行の顧客向けに、

「ニューキャリア時代に求められる人間力リーダーとは」

という3時間ほどの講演をやってきました。
会場には中小企業の経営者を中心に、社員の方も参加。公演中の笑顔とうなづき度合いに、気づきをも多く、共感していただいているのかな・・・という実感が。

でも共有の時間が始まったら・・・

「でも、女性が肉食になってきたって言ったって、20代の子が支店長目指すって、男性の管理職の大変さをわからず言ってるだけでしょう。女には無理だよ」

私「私は、見てない話はしませんよ。私は事実を言っています」

「俺は信じないね。うちの会社にはいないな。だろ?」

ここ数年新入社員も入らず、数十年前から会社の風景が全く変わってない会社の経営者です。隣に座っていた、同じ会社から参加の30代ぼ2人の男性は苦笑しています。

私「頑張る女性、意欲的な女性をあなたは見たことないのですね?」

「その通り。うちの会社にはいないから」

私「今日は、ラッキーですよ。会場にたくらんいらしています。次の席替えで、頑張る女性を自分の目で見て、体感してください。」

席替えで、部下2名から引き離して、女性の中に座った経営者、後半は1回り小さく背中を丸めて小声で大人しくなってしまったのが印象的でした。
笑顔も見えていましたが、気づきがあったことを祈るのみ・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。