生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

嬉しいニュース

今年も人事異動のシーズンになりました。
私のところに嬉しいニュースが相次ぎます。

人材開発部門の部長になります

40人くらいの部下を持つ部門長になります

私の周りに、女性の部長が次々に誕生しています。

取締役になりました!

これは、びっくり2007年研修部長から、異動して副本部長、本部長、そしてついにガラスの天井を突破です。

時短のままで、課長に昇格します!

これまたビックニュースです。

素敵なニュースの主人公の女性たちは、すべてワーキングマザーです。
昔の私のようなガンダムではなく、母性いっぱいで女性としても輝いている方々ばかりです。
彼女たちが会社をリードしていけば、きっと素敵な会社になるはず。
皆のニュースに私の気持ちは、すっかりです!

スポンサーサイト

繋がる女性たちと、人見知りの男性たち

昨日はメンターアワードに参加してきました。2年ぶりの参加に感じることは、会場に来ている女性たちのパワフル度が確実に上がっていること。受賞者のスピーチも、女性のほうが格段に素晴らしく、皆の胸をうつような話。
男性はきれいごとで・・・全く印象無し。
200名近い参加者の、8割が女性、そして懇親会の場に参加したのはその半分くらいだけれど、男性は関係者しかいない模様。ネットワーキングなどと言わなくても、女性達はあっという間に繋がっていく。
資料だけ持って、立ち去った男性たちは、何か得たものがあるのだろうか・・・

そして、今日は私の講演、

『経営成果を生み出す、ダイバーシティマネージメント』
~成功の鍵を握るのは人間力リーダーの育成~

50名弱の参加者は、女性のほうがやや多めの6割くらい。
例によって、女性には心地よく、男性には耳が痛い話を、過激に持ち時間80分の倍速モード
本当に耳が痛くなったのか、途中退出の男性が2名ほど(笑)
女性は大きくうなずき、笑顔が見えます。

講演が終わって、名刺交換に来たのは、もちろんいつものように女性ばかり。

「とても共感しました!」
「思っていたことが正しかったんだなと、すっきりしました」
「本当にうちの会社の管理職に当てはまることばかりでした」

そそくさと帰った男性たちは、もしかして、今時のダメダメ男性管理職に当てはまっていたのかな???