生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許しませんよ!酒の席のセクハラにパキッ!

私の30代、IT業界で仕事をしている頃、宴会の席は本当に嫌いでしたが、営業という仕事がら避けて通れず、がんばりました。それは寄った勢いのセクハラ行為です。今だったら、訴えられちゃうようなことも、その頃ではOkでしたね。たとえば、カラオケで上司と無理やりデュエットをさせられたり、チークダンスを強要する経営陣がいたりと。その場で本気に怒ったり、泣いたりする女性もいましたが、私の場合は、上司の弱みとしてそれをしっかり利用して、お返しをしてきました。ここで、だいぶタフになったというか、男性不信が募り、性格もいじわる度が高まったような気がします(笑)

40代になってから人材開発業界で働くようになり、営業ほど仕事でのビジネスディナーやパーティ、懇親会だのは減りました。それでも、やっぱり最初の頃は驚くような場面がありました。どちらもセミナーや講演の後の懇親会の場です。人事担当者のたっての依頼での参加、こういう場面でのセクハラ発言、私は絶対に許しません。

★某企業の社長と専務ともに60代後半 
 「植田先生は40代か、女は40代は最高だね。僕たちは40代大好きなんだよ。どう、二人のどっちがいい?」
 ・・・・お二人とも全く私のタイプではありません。

★某大企業取締役人事部長 50代
 「やっぱり銀座のクラブは楽しいよね。君はきれいだよね、いい女だね~。今夜、どう?」 脚を触るわ、抱擁しようとするわ・・・   ※当たり前ですが、もちろん、軽くビンタしました!

受講生達と一緒の懇親会で、彼らが「俺先生ならOKです」なんて軽口は今も時々ありますが、私のセクハラアンテナはびびっと反応。「あんたは100年たってもNOだわね」と応酬します。

私のポリシーとして、セクハラはされたと感じた瞬間に倍返しです。つまり、私の不快感を、相手にしっかり知ってもらう大事なことなんです。でも、大体の場合、お酒が入っていて、それを理由に男性は頭をポリポリ掻きます。

セクハラ発言するような飲み方するな!
そう、これは、お調子者のあなたに言ってるんですよ!
わかってるかな~。
本当に今夜は不愉快でした!

スポンサーサイト

現代版 スーパーガンダム

女性リーダー研修をあちこちでやるたびに、女性達が本当にしなやかで、したたかに強くなってきているのに嬉しく感じます。母性を全開にしながら、愛と笑顔のリーダーシップは、まさに女性ならではです。こういう女性リーダーが増えたらいいなと本当に思います。そのためのお手伝いで、私は全国飛び回るわけです。

20年前、30代だった私は逆三角形の原色のミニのスーツにハイヒール、釣り目の眉と濃くて太目のアイライン、真っ赤な口紅で、まさに好戦的なバリキャリをやっていた姿は、遠い遠い過去の思いでアルバムの話です。

それからというもの、私はこの仕事をしなgさら、キャリアを育む女性達の姿の変化を見てきました。男に負けないぞと肩に力を入れて、ガンダムスーツに身を包み、会社と結婚したようにプライベートもなく仕事だけにのめりこむように働く女性は少なってきたように思います。

だからこそ、たまにガンダムさんに会うと、すごくびっくりします。
今回も今時のスーパーガンダムに会いました。

男性の中でずっと働き、数字を出して部長職となった彼女はギリギリアラフォーの30代、その雰囲気は私のANA時代にオーバーラップしました。そして、彼女の言葉。

「私は男性と働いているほうが、やり易いんですよね。今までもずっと、男性の中で一人という感じでしたし。だから女性ばかりだと逆に居心地悪い。どうコミュニケーションしていいのかわからなくて・・・。
ダイバーシティとか女性活躍推進とか会社が重要だと言っても、全くピンときませんね。私自身女性だということを意識して働いたことは一度もないし。それで、ここまで来てるし・・・。」

かなりのガンダム、しかし彼女の薬指には指輪が、ご結婚はされてますよね・・・という問いに。

「結婚してますよ。数年前ですけど。子供はいません。営業でお客さんと話している時に、やっぱり結婚しているほうがいいんですよね。だからわざと主人の話をしたり、指輪を見せるようにしています。結婚ってやはり社旗的信用の一つですからね。はははは」

笑顔で話す彼女の顔は、なぜか引きつって見えました。
決して体裁のための結婚では本当なないはず、スーパーガンダムの鎧の下に、私は彼女の女性としての弱さと悩みを垣間見たようにな気がします。

もう、その鎧捨てたらいいのに・・・。
そしたら、もっと、しなやかでしたたかで、強く愛らしくなれるのにな。

夏休み明けは、琵琶湖のほとりからです。

時差ボケを引きずりつつも、滋賀県の琵琶湖ホテルで前泊。昨年までは、こちらの会社では11月だった女性リーダーエンカレッジ研修が8月に時期が変更です。冬に寒さを気にするよりは、暑いほうがと思ったのですが、まずは琵琶湖ホテルの超混雑ぶりに愕然。

お盆休みを超えての20日月曜日なのに、ホテルは満室とのこと。
温泉での子供たちお雄叫び、朝7時スタートの朝食レストランが、子供連れの長蛇の列。
全く不慣れな風景にショックです。

研修所に入ってほっとひと安心。
こちらの会社での女性リーダエンカレッジ2日間コースも4年目となりました。
今回の23名の半分は、前に受けた先輩から楽しかったという話を聴いて手を上げましたと言ってくれました。
やっぱり女性の横繋がりは、いいなと思います。
今回は、ほとんどが30代で、しかも既婚者が数名という感じ。

「結婚したくないわけではないのですが、気が付いたら30代半ば過ぎていて・・・」

これは、女性のリーダー研修で、最近よく聴く声です。これは、ちょっと心配、イカンですね。
昔の私の企業戦士超合金ガンダム女ではないけど、ソフトガンダムかな・・・。仕事はできるし、頑張ってるし、積極的に生きている、彼女たちのパワーに見合う男性がいないのだろうか・・・。確かにプロポーズする勇気がある男が減っているのも事実です。

「最近は実年齢かける70%というから、私たちはまだ20代前半ですよね」

見かけと体力はそうかもしれないけど。35歳は35歳、38歳は38歳なんだけどな~。

パリジェンヌな夏休みの後半

フランス旅行の後半は、パリからちょっと郊外へ。ロワールの古城巡りと、田舎の彼の家でリラックス!
女二人旅も楽しいですが、やっぱりボーイフレンドとの旅は、違った楽しさです!一度のフランス旅行で2度美味しい!ということえ、美味しいフランス料理と、ワイン飲み倒してきました。フランスはパンと、チーズとワインが美味しすぎます。気温も最高で25度くらいで、夜はちょっと冷える感じ。避暑としても素敵な場所。
あっという間の10日間が立ってしまいました。
またすぐに戻ってきたい・・・フランス語を習おうかな・・・。

Paris6 Paris8

Paris12 Paris16

夏休みの充電はパリジェンヌ

大親友のMasakoちゃんがパリに行きたいという一声で、今年の夏休みは8月6日から17日のパリ+α10日間の旅となりました。前半は、魅力的な日本の熟女がめいっぱいパリジェンヌしております。

Paris1 Paris2 

Paris4

愛は時空を超える

まさか、今と思うような出来事。ただ、運命のめぐり合わせに驚いています。
愛は大切、いつも愛がないと生きていけない、仕事もできない・・・。
そう言ってきたけど、本当の愛を忘れていました。
昔々、IT業界のジャンヌダルクのような感じで仕事に人生にめいっぱい生きていた頃、身を焦がすような恋愛をしました。あまりに深く強く、最高に素敵な瞬間も修羅場もあってアンハッピーエンド。大切な恋愛のアルバムは20年開けることはありませんでした。

あまりに悲しい思い出の始まりに、涙が止まらなかった
でも私は気づいた。愛は永遠、時間も、距離も関係ない。愛は時空を超えて、永遠だということに気づきました。今の私があるのは、まさにこの愛の力があったから。今、愛を感じ、満たされています。その愛に、報いる生き方をしていこう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。