キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植田道場の免許皆伝

夏休みシーズンの7月8月と植田道場(現在17名)のメンバーの中で、いくつかのカリキュラムの免許皆伝者が出てきました。今回の土曜日の道場では、黒帯のメンバーが多かったせいもあって、3人が免許皆伝です。

彼女たちは、私のカリキュラム咀嚼し自分流変え、まさにそれぞれの世界観、ワールドとして研修を行い始めています。その実施した研修のフィードバックが、道場のメーリングリストにフィードバックされるのを読みながら、本当にとっても嬉しくなります。

植田道場、スタートしたのは5月ですが、8回+補講2回とここまで続けてくる中で、道場生たちにとっての成長の場であると同時に、道場主である私自身が気づき、成長する場であるということを実感しています。

★人を育てることによって、自分が育つ★

昔々母が、「人は親になってこそ、一人前なのよ」という言葉を思い出します。私は親になったことはないのですが、人を育てる喜びを知ることで、少しは人として一人前に近づけているのかなと感じます。だからこそ、人を育てることに、これからもっともっと、時間を費やしていきたいと思います。


スポンサーサイト

女性リーダーエンカレッジ合宿セミナーを終えて

昨年度は9月と2月の2回、そして今回3回目となった、日本生産性本部主催の女性リーダーエンカレッジセミナー、公開セミナーは今までなんどもやっていますが、合宿型の公開セミナーはこれだけです。

実はおととし2008年に、女性管理職、リーダーが企業でどんどん増えること、そして彼女たちが輝くことを願って企画をしたのですが、実施人数が集まらずに中止となっていました。今回は、あっという間の満員御礼状態です。年明け2月のコースも3割の申し込みが入っています。


また、昨年の参加者の平均年齢は30代前半で、これから管理職、リーダーとなることを期待され、会社や上司から行くようにということで派遣されてきた方々がほとんどでした。しかし、今回の平均年齢は40代前半、しかもほとんどが実際に管理職、リーダーとして部下を持っている人達でした。しかも、自分でこのセミナーを見つけたり、上司から紹介されたけれど自分で積極的に手を上げて参加したという人が半数以上でした。

女性活躍推進、ダイバーシティ推進に私が関わるようになって7年くらいが経ちますが、今年は、本気で企業が
「女性管理職&リーダーの育成、そして応援に投資をする!」
そういう時代になったことを実感します。また、既婚で子供がいて、管理職になるという女性の姿ももう珍しくはなくなってきています。でも、女性で管理職として、リーダーとして悩むこと、戸惑うことは山盛り沢山です。そして、そんな彼女たちは仕事で、人生で活き活き輝くことを求めています。

40代、私がちょっと振りむけばの頃です。明日の日本の未来を背負う女性リーダー21名を今回も応援できたこととっても嬉しく思います。

このコースもっともっとやりたいかも! 合宿研修で、からだは疲れましたが、私の気持ち元気度100倍です!

宮崎の女性たちは頼もしかった!

ある企業の縫製工場の女性リーダー達を応援するお仕事をしています。昨年9月に吉野、先月は但馬、そして今回は宮崎空港から小一時間の西都という場所でした。7人〜10人くらいをまとめる女性リーダー達16名の年齢は30代前半から50代です。それに管理職の男性12名を含めて28人のクラスでした。

カリキュラムは職場での、コミュニケーションをさらに円滑に互いのモチベーションをサポートするための4時間で「心のエンジン」と「朝ーティブな自己表現」の2つです。

前の2工場が男性女性の人数が半々くらいだったの対して、今回は女性の人数が多いということもあって、同じコースをやっているのに、ずっとやり易い感じです。女性は最初から笑顔、そしてその笑顔がさらに増して、とってもいい感じになってきます。男性はといえば・・・ちょっと恥ずかしいのでしょうか、寡黙な感じです。自分の心を開いての自己開示、九州男児はやりにくいのかな?とも感じます。

しかしながら、男性は懇親会の場からは急に元気になりだします。焼酎を飲む程に明るさを増して、あたかも自己開示ができたようさっかくをしていく男性陣。彼らをよそに、車通勤でもあるのでアルコール無しで、さらに研修の体験など話す女性たち・・・。どう考えても女性がこの工場を支えているなと感じます。

さらに今回はご夫婦参加が3組ありました。その3組のどのご夫婦を見ても、お奥様に◎です。奥様がお釈迦様でご主人は孫悟空状態です。今回の研修で会った宮崎の女性たち、まさに、したたかに、しなやかに、働く女性の鏡です。

軍隊が変わってきた!

2008年からある会社の新任管理職研修をやっています。バリバリ軍隊型組織として有名な会社が、私の「モチベーションリーダーシップ」のコースに興味を持ってくれたのは嬉しい限りなのですが・・・。

要望がやっぱり、軍隊の訓練を感じさせるようなタイトスケジュールです。2日間のコースの内容を、1日で詰め込んでくださいというリクエストに、ワークの時間も入れなくてはならないので、毎回3倍速です。自分でも口が回らず、目が回ってします。全国から集まっている受講生のために終わりの時間厳守なので、どうにかこうにかやるのですが、上辺の消化不良気味のコースになってしまいます。

受講生も30代40代前半が中心で、全員が男性。しかも、すっかり会社の軍隊魂が注入されているので、私の講義にのりがいいものの、わかったつもり・・・みたいな表情です。休み時間に携帯電話で電話しまくって、研修しつつも仕事にもどっっぷり浸かってままでした。この会社に、私の研修が必要なのだろうかなんて、ちょっと思ってしまったりもしましたが、毎年、リピートいただいていました。

そして、今年、びっくりです。どこの会社でしょうか?というくらい、受講生の雰囲気が変わってきています。最初から笑顔で、携帯電話も気にする人も少なく、しっかり研修に集中し、自分自身と向き合い、本音の自己開示でグループワークをしています。しかも、今年は、初めて30人中4人が女性です。クラスが和やかで明るいのはそのせいもあります。

軍隊が変わってきた!本当にそう感じました。脱軍隊の、素敵なリーダー達がどんどん出てきています。彼らがもっと活き活きと輝くこと、応援したくなりました。
1日終わって、この研修を企画した担当者の女性と一緒に手を取り合って喜んじゃいました。
一番の功労者はまさに彼女です。彼女に目に狂いはなかった!
こちらの会社、私の応援したい会社になりました!来年が楽しみです!

男性のクラスはやっぱり3倍疲れます

先週末に日本に戻ってきましたが、10日間USにいると時差ぼけがやっぱりかなり・・・。年齢とともに、これはなかなか抜けませんね。ということで、今週はちょっと体力的にキツさを感じながらも、ハードなスケジュールが入っています。ハードに遊び、ハードに働くも年齢を考えなくてはと、少し反省です。

しかしながら月曜日の女性と組織の活性化研究会は、とっても楽しかったのですが、今日は某会社での新任管理職研修です。年齢層は30代後半〜50歳での25人ほどのクラス。モチベーションリーダーシップの1日のカリキュラムでしたが、とってもとっても疲れてしまいました。それは、男性だけのクラスだったから・・・。8時間のコースは体力的にキツイのは当たり前なのですが、いつもは、体だけの疲れです。でも今日は、時差ぼけも手伝って、心身ともにへとへとです。

男性と女性、差別をするつもりはありません。でも、はっきり言えるのは男性だけのクラスは私の疲れ度合いが3倍くらい違います。その理由は、私の研修は、「心」を使うコースです。女性はあっという間に心を開いてくれますが、男性はゆっくりゆっくり開きます。いい悪いではないけれど、どうしても建前と本音、自分の心をガードして隠すのが男性達。しかも男性の集団だと、そのガードはさらに強靭になってしまようです。
その男性たちが開くために、私の心を使うエネルギーがとってもかかります。1日でたぶん、クラスの8割の人たちは心が開けたようだけど、ちょっと時間が足りなかったかな・・・。男性のクラスは2日間は欲しいなと思います。

今日は、体のマッサージも必要ですが、心のマッサージがとっても必要・・・。

夏休みその3 アメリカにて

本当に今年は、夏休みをたっぷりとってしまいました。第三段は、8月終わりから9月にかけてのニューヨーク&ワシントンです。ニューヨークではハリケーンに遭遇、ちょっと焦りましたが、地下鉄もバスも止まった静かな大都市は、なんとも不思議空間でした。ワシントンは15年ぶりくらいだったけど、なんかとっても懐かしく、そして足を伸ばしてアナポリスでシーフードを堪能して、休暇を謳歌しすぎというか、200%の充電完了!

NY1
WC1




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。