キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業写真のような笑顔

今週、2回目の2日間のモチベーション・リーダーシップ研修は、大阪での5社研修でした。製薬会社、飲料メーカー・・・と人事部門が交流が昔から交流があったというこちらの異業種交流型の研修に関わらせていただいたのは3年前でした。ですから3回目の研修です。各社から5名の方が手を挙げての25名のクラス、皆さん参加意欲とモチベーションが高いのが特徴で、私が楽しみにしている研修の一つです。

いろいろな研修をやっていますが、異業種で一緒にやるということは、とっても意味があります。現役管理職もいれば、これから管理職になる方もいるし、とっても若手でこれからリーダーという方もいます。営業、システム、研究職と立場もさまざま、年齢もさまざま、そして男女(女性は3人で少なかったけれど)混じってのクラスは、まさにダイバーシティ状態です。まさにここでの気づきは、通常で得られないものが多い。
しかも、単なる公開セミナーでの一時的な関係ではなく、継続的に行われていることで、会社間の深い繋がり、本当に異業種間の人的ネットワークの繋がりにもとってもプラスとなることでしょう。これからの人材育成に、いろいろな企業がマネして欲しいやり方です。

あなたの会社は、一緒に研修をやるような仲の良い異業種企業がありますか?

・・・・・というのが私の左の脳を使った論理的思考による、いかにものコメントになるのですが、これは私の頭が考えていることに過ぎません。

私の心が感じたことはといえば、本当にひとりひとりが深く自分を見つめて、それぞれが繋がり暖かくて最高のクラスでした。

そしてその感動が心に刻み込まれています。2に目の終了とともに、誰ともなく声がかかった全員での記念撮影。
女性だけの研修やセミナーではよく見る場面ですが、男性が9割のクラスで記念写真を自分たちから取ろうとなったのは実は始めてです。

そして、その写真が研修の2日後に送られてきました。私を囲んでのみんなの笑顔はまさに

高校の卒業写真

まさに自然体で写っている全員が、少年少女のような笑顔になっています。
とても素敵な笑顔、それをこれからも隠さないで、仮面などつけないで、鎧などつけないで、ムリさいないで、生きて欲しいし、仕事をして欲しいと思います。

私の卒業写真コレクションにまた1枚写真が増えました!

スポンサーサイト

涙は感動の証

2日間のモチベーションリーダシップ研修、こちらの会社で6年目になるでしょうか? 自然豊かな研修所で毎年6回ほどのコースをやらせていただいているのですが、今年は震災の影響もあり、都内に場所を移しての開催でした。

私の研修や講演は、心を開き、心を使う、気づきの研修です。だから、実はどのうような環境、状態で行うかは大きな影響があります。それこそ、洋上研修はスペシャルな環境です、同じ2日間の研修でも通学と宿泊では全く違います。また宿泊でも、湘南や熱海の研修所なのか、研修ビジネスホテルなのかでも違います。受講生のリラックス度が違うからです。

私にとっても、ふと窓から見える風景がビルなのか、自然なのか全く違います。環境は心に大きく影響を与えます。でもコースが始まってしまえば、そこには新たなる空間が広がります。今回、2日目は素敵な宇宙空間を皆が共有することができました。18人のクラスに女性は一人、でもその女性がとってもクラスを柔らかくしてくれました。そして、男性たちも今までのクラスの中でも、本当にみな心を開いていって自然体になっていました。

「いろいろ気づきました」「ドキッとしました」「心が揺さぶられて、なんか不思議な感じです」

クラス最後の、円に立っての感想の共有の場で最後に私も伝えました。

「今はみなさん、自然体でとても素敵な柔らかい表情になっています。今の状態なら、すべての部下はあなたを信頼し、相談し、頑張ろうという気持ちになります。そのままで大丈夫、仮面や演技などせずに頑張ってください。」

見回すと、数名の男性の眼に涙があふれていました。

まさに、感動・・・・

その姿を見ながら、私の心も熱い想いが溢れました。感動している姿に感動です。
きっと、このクラスの全員がその感動をメンバー達に伝えていってくれることでしょう。

道場主として育つ

ボランティアの講師育成として始めた「植田道場」、5月の2回が終わりました。10人集まるかしらと思っていた道場生は現在19名。男子禁制としたつもりはありませんが、全員女性です。それぞれに参加動機、目的、目標をしっかり持っていて、モチベーションが高く、意欲的です。これまた、私の想像をはるかに超えていました。

そして、2回の道場は本当に真剣勝負で、だけどとっても暖かい信頼安心の成長の切磋琢磨の場となりました。メーリングリストの中で、参加メンバーの感想や心構えのやりとりは、まさにお互いに刺激がいっぱいです。

私自身がスタートの掛け声をかけた道場主ですが、素晴らしい19名のメンバーの情熱に触れて、襟を正すような気持ちになります。道場主としてもっと成長しなくては・・・、植田道場はまさに私にとっても成長と修行の場となるでしょう。

「押忍」

そんな、挨拶がぴったりな感じの、植田道場!
1年後の皆、そして私がとても楽しみになってきました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。