キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

大阪に4泊で仕事はちょっとハード過ぎ・・・

今週は月曜日から金曜日まで、4泊5日の大阪出張でした。
研究会+3日間の研修というスケジュール、40代だったら楽勝だった(9連泊で仕事した記録もあります)のですが、それは違いますよと体が教えてくれています。

ということで、北新地のANAホテルのクラブフロアを予約して、ちょっとだけVIP気分を演出しての滞在。クラブラウンジでワインを片手にちょっとお食事、でも外のレストランには出歩かずに22時就寝という毎日。1晩だけは、お仕事のチームでの美人ですディナーをしましたが、あとは本当にホテルと研修場所の往復のみ。でも、無事に全てのお仕事を終えて、新幹線で爆睡しながら帰ってまいりました。

毎日、睡眠7時間は絶対確保しないと、2ヵ月以上続くハードスケジュールは乗り切れなくなさそうです。
出張に行ったら、お声をかけますと言っていた皆さんごめんなさい。不義理をお許し下さいませ。

スポンサーサイト

女性と組織の活性化研究会&大人な女子会

4年続いている毎月開催の女性と組織の活性化研究会ですが、3月の震災の影響で、先月のチャリティ研究会を除けば、3ヶ月振りでの開催となりました。

参加人数は12月の総会に限りなく近くの、40名近い人数。お互いに会えなかった分だけ、また震災を経てのいろいろな気持ちが、横に繋がるエネルギーを強化し、研究会のパワーアップを本当に実感しました。来週の関西での開催も新しいメンバーがどんどん入ってきていて、私がこの研究会をスタートした時にイメージした理想が、実現というよりもどんどん広がっています。

その広がりの一つが、今回始めてやった「大人の女子会」

実は毎回とても活発に意見交換される研究会のメンバーはお互いにとっても素敵な信頼関係に結ばれているのにもかかわらず、研究会の後にお食事をするイベントは、12月に開く年1回の総会の後の懇親会だけでした。この年末の懇親会の盛り上がりはとてもつないパワーで、参加できなかったメンバーが残念がるものでした。でも次の機会まで1年・・・。

ちょっと長すぎるよねと、研究会の後に、やってみましょう「大人の女子会」

ということで、本当は3月にやろうと思っていたものですが、始めて今回実現しました。
研究会に間に合わず、女子会だけに滑り込んだメンバーも合わせて9名で、当日にお店を探して、もちろん「女子会プラン」を利用で渋谷の街へ繰り出しました!
まさに、大人な女子会です。それぞれ違う会社で仕事をしながらも、ダイバーシティ、女性活躍推進のキーパーソンとして頑張る女性たちが、今度は仕事の話でなくお互いの人生や夢、悩みを語り合う場所。
あっという間の2時間半、エネルギー融合は店を占領してしまったかも。

私が翌日に研修や出張じゃない限り、研究会の後の「大人の女子会」企画したいと思います。

今年度は沖縄から始動

3月11日の震災の日が、昨年度の仕事納めでした。そして、2ヶ月間の休養時間は、いつもなら海外での充電なのですが、今回は震災を踏まえての心の葛藤そして、未来への決意、2ヶ月前の自分とは見える世界観や感じ方が大きく変わりました。

だからこそ、今の私での研修をやりたい!という気持ちが強くなりました。
そして、今年の仕事始めはなんと沖縄からとなりました。沖縄海邦銀行の労働組合から女性組合員に対しての「女性の幸せなキャリア」の講演セミナーでした。全日に東京での仕事のため、沖縄への最終便で那覇の空港に着いたのは午後時過ぎていました。沖縄に仕事で来るのは5年ぶりでしょうか?

幸せなキャリア・・・いつもよりも、この2ヶ月分の私の想いが詰まった時間だったように思います。半日ちょっとの時間でしたが、彼女たちの表情に自信と笑顔が増えていることが、私の何よりの喜びとなりました。
今年も女性達を応援していこう・・・本当にそう思います。そして、今回主催の男性の委員長、書記長の方々にも感激しました。30代の男性たちは、確実に働く女性たちの応援団なんだ。そして、皆かなりの育メンなのだということにも嬉しくなりました。

それにしても、かりゆしウエア、とっても気にいりました。あまりに気に入っているのが丸出しだったのか、かりゆしウエアをプレゼントしていただき、着替えてお食事をさせていただきました。
暑い夏、ポロシャツがOKならば、かりゆしウェアは男性はもちろん、女性でもとってもいいと思います。個性も出るし、でもきちっとしてるし。

今度は最初からかりゆしウェアを着て、沖縄でまた仕事したい!

カリキュラムオープン化と植田道場スタートの反響

4月14日の私がした宣言は、周りの方々に驚きと、刺激をかなり与えています。

1オリジナルカリキュラムを完全オープン化
2自分自身の知識やスキルを教えるけど見返りを求めない「植田道場」の開催

ビジネスを追求するなら、有り得ない話です。

「植田さんはこの宣言で、次のステージに上がったと思います」

私の尊敬する方から言われましたが、自分でもそう感じます。全てを手放すからこそ、自分自身が更なる成長ができるような感じです。

1 オリジナルカリキュラム「心のプロセス」「変化適応診断」を完全オープンソース化
 私の研修を受けた方々に自由に使っていただくことにしました。変化適応診断は、変化に対する心の状態を把握するためのオリジナル検査です。人間は変化に適応するための8段階のプロセスを持っており、そのプロセスの理解が、自分の心の状態を進めること、また他者の心の状態に合ったコミュニケーションを行うために役立ちます。自己理解、ストレスマネージメント、モチベーションアップ、コミュニケーション能力向上などの場面で活用されます。

2 モチベーション・リーダーシップ講師育成
私の展開中のカリキュラムに興味を持ち、社内外でそれをキャリアカウンセラー、講師として展開されたい方を対象に植田道場を開催。数年前に所属していた会社での講師育成をしましたがビジネス一貫ででした。今回はビジネスではなくボランティアで行います。個人をそして企業を活性化させるリーダーをもっともっと増やすことが、日本中が求めています。私は全国飛び回っていますが、到底一人でやりきれずに、お断りすることが増えています。私と同じように、組織内外で教育をやっている方がご自身でできたらと思っています。
道場でお墨付きを得た方は、私のカリキュラムやアセスメントをどうぞ自由に使用でき、私に対するロイヤリティなどは一切発生しません。※講師育成に関しては、キャリアカウンセラーの資格を持っている方、もしくは資格取得中、資格取得予定の方で私の研修を受講済みの方だけを対象にしています。

反響は大きく、植田道場は予想を超える人数が集まりそうです。そして、私の決意と行動に影響されて、いろいろ決意され、行動を始められて方がたくさんいます。それも女性達・・・、邪馬台国の日は近いかも。

私が踏み出した一歩

3.11から、本当に人生観が変わりました。自分自身の視野が広がり、深まり、そして俯瞰できるようになったとき、私利私欲に生きるのではなく、社会貢献を体現することに燃えております。
ということで、主宰している女性と組織の活性化研究会で、特別チャリティ研究会を4月21日とGW中の30日に企画しました。

「日本の復興と未来を拓く女性の力、私たちがやるべきこと」

 第一部 大震災を経てのストレスとモチベーション
    ・自分の心の状態を知る「変化適応診断」
    ・自分や周りの人たちのモチベーションのサポート
 第二部 ディスカッション「日本復興と未来を拓く女性の力 私たちがやるべきこと」
    ・グループディスカッション、全員ディスカッション

急な開催さったのですが、2回で23名の方に参加いただきました。互いの不安や戸惑いを共感しあい、そして変化した意識を語り合い、気が付けばプラスの刺激のあるとても有意義で勇気が湧く時間となりました。
私自身、企画をしながらも、参加されたメンバーの方々のお話を聴きながら、本当に未来に向かってさらに頑張るぞというエネルギーが充電されたように感じました。参加23名+私の参加費72,000円を義援金として振込みました。お金だけでなく、私たちの想いも届かせたい・・・。

だからこそ、私はさらに行動します。勝手に思い込んでいるかもしれませんが、日本の未来のtための、私自身のミッションの頑張りどころです! 共感し、同じ志を持って進む人達、大募集、大歓迎です!