キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタストロフからの一歩

東日本大震災から18日が過ぎました。
亡くなられた方と行方不明の方がの数が増え続け、被災者の方々の映像、そして原発の不安、テレビをつけて流れる映像を見ているだけで心に大きな衝撃を受けている方が多いと思います。
まさに、今回の大震災は、多くの方々に大きなストレスを与えています。まさにカタストロフ

ストレスマネージメントについて、研修の中でお話をします

1 カタストロフ ⇒ 大惨事に巻き込まれること (一生に一度起きるかどうか)

2 ライフイベンツ ⇒ 個人の人生の中での大きな変化 (結婚、転職、離婚・・・)

3 デイリーハッスル ⇒ 個人にとって日常的に続いている煩わしいこと

私たちのストレスは、通常2+3と言われています。つまり1に合うことなんてめったにない・・・2月の女性リーダー研修で言ったばかりの言葉です。ところが、日本国中の人達がまさに1のカタストロフを体験してしまいました。今回の震災をストレスに感じない人は誰もいません。大人から子供まで、全ての人が体験しています。特に戦争を知らない世代にとって、私も含めて今回の震災の衝撃はそれに匹敵するくらいのことだと思います。

つまり、あまりに大きな喪失感が、私たちの心に穴を開けています。被災された方はもとより、東京に住んでいる私たちでさえ、ネオンが消えてスーパーから物が無くなる様子が続く中、今までとは世の中が大きく変わってしまったことを感じます。当たり前の生活を送ることの大変さ。自粛、自粛の中で、行動はもとより、心も閉じこもり気味になってしまっている人も多いようです。

被災者の方々の辛さを共有することは重要ですが、私たちは一人一人が未来に向かって、前向きに歩き始めることも重要です。ただ、仕事に意識を向けて気を反らすだけでなく、自分の受けているストレスにきちんと対処をしていく必要があります。私自身、今回のことで、自分の心身、特に心が疲れていることを実感しています。

私の今年の大切なキーワードの「笑顔」をするのに、やっと先週から躊躇することなく自然になりました。
そして、今日は、久しぶりにジムに行きました。実は、私の通っているジムは、計画停電などのことも踏まえて、お休みの後も短縮営業で、エアロビクスなどのクラスもお休みになっていて、今日から通常になっていました。
ジムで3時間汗を流したら、心のもやもや、暗さが少しだけ抜けていったような気がします。

桜は4月生まれの私の一番好きな花です。開花宣言もありました。
だから、前を向いてしっかり歩きだしましょう。
未来に向かって私ができることを、力いっぱいやっていきましょう。

スポンサーサイト

大地震・・・その時

私は田町の駅の近くで、企業研修をしていました。
たまたまビルが頑丈だったのと1階だったので、数回揺れて講義を中断したものの窓のブラインドが閉められていたので、世の中の混乱をしることなく、16時30分まで通常どおりに研修を続けることになりました。

そして第一京浜に出て、人の行列に驚きました。そしてJRも地下鉄も止まっている。携帯電話はつながらないし、両親の無事のことでこみ上げる不安を押さえながら1時間30分ほどかけて自宅に戻りました。新しい高層マンションは耐震構造がしっかりしているようで、部屋の中は何も混乱はありませんでした。

友人や、私の第二の両親の安否の確認はできたものの、両親への連絡は一晩つきませんでした。実は、母が東京に今日用事があると、数日前の電話で言っていて、その日は私は仕事があってサポートできないと返事をしていました。いろいろなことが頭の中で巡りました。ニュースを見続けながら、この大地震が生死を分ける大惨事であることをだんだん実感して震えがきました。

携帯の地震速報に震えながら朝を迎えました。そして、今朝、母の携帯電話をかけると父が出ました。両親は一緒にいて、東京の弁護士会館にいるときに地震にあい、そこの周りの方にとってもお世話になりながら、一夜を過ごして、タクシーで柏の自宅に帰る途中でした。すごく安心しました。体の力がすべて抜けるような感覚です。

「無事で良かった・・・お互いに・・・」

神様に感謝しました。
私や家族のこと、心配いただいた方ありがとうございます。私は無事です。

今回の地震で、ご家族屋ご友人が命を落とされた方に、心よりご冥福をお祈りします。
そして、ご家族やご友人が安否不明の方、ご無事をお祈りします。
そして、この地震が早くおさまることを、ただただ祈ります。

氷が解けてビーナス誕生

昨年、彼女に会った時に、とっても綺麗な人なのに伏せ目がちで、なんとなく悲しげで、出てくる言葉がちょっとネガティブ・・・。同席した他の女性たちとの温度差に、なんだかとっても心配になりました。

私の周りには、不思議に笑顔でポジティブな女性達が多いです。最初はそうでなくても、ミーティングをしたり、私の研修や講義の後に、表情が変わって、きらきら笑顔になる人が多い。

でも彼女は違った・・・。だからずっとどこかで気になっていました。

そして、今日、彼女と再び再会。表情は前ほどではないけど、でも私と目が合うこともなく、強張った笑顔は無理している感じがしました。
女性を応援するためのダイバシティの講演、午前の部が終わって食事の時に、なんか雰囲気が変わっていました。

とっても自然体な感じ・・・

そして、午後の部が終わっての懇親会の場では、素敵な笑顔があふれています。

「一緒に駅まで行きましょう」

という私の誘いに、彼女の笑顔は、まるで氷が溶けて、ビーナス誕生という感じです。
駅で握手して、再会することを約束した時は、私の心はとっても暖かくなって、最高と言う感じになりました。

あまりの嬉しさに、営業パートナーにメールしたら、

「良かったですね。それは、きっと植田さんの心が全開だったからですよ。」

その言葉にドキッとしました。そうか、彼女が最初に心を閉ざしていたのは、私のせい・・・。思い起こせば、年末忙しさの最後、私は隠しきれないイライラ感があったに違いがありません。だからだったんだ。ごめんなさい。でも、どうかビーナスは二度と隠れないでね。ずっとビーナスのままで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。