FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

キャリアの軌跡

「失礼ですが、植田先生でいらっしゃいますよね?」

これからセミナーに向かおうという早朝に声をかけられました。なんと、本日の企業研修を行う会社の顧問をされているという方でした。

「本日の講演が植田先生だと伺って、私は先生のこと日経新聞のキャリアの軌跡を拝見していて、お目にかかれることとても楽しみにしていたのですよ。」

本当にびっくりしました。声をかけていただいたことよりも、「キャリアの軌跡」のことを覚えていていただいたことです。

2004年12月13日(月)の日経新聞の夕刊の「キャリアの軌跡」

今から7年くらい前のことになります。IT行外から、人材開発業界に転身して5年目ぐらいで、ようやく胸をはって「キャリアコンサルタントです」と研修や講演をやれるようになった頃でしょうか?でも、まだ成長するための目標が目の前に広がっていて、不安と期待でいっぱいだった頃です。その頃の自分の気持ちが、ふと蘇りました。

そこからさらに6年前くらいでしょうか?ANAで働いていたころに、「キャリアの軌跡」の連載が始まりました。日経新聞に、活躍している女性が掲載されるなんて、すごいと大感激しました。そして、いつかそこに取材させるような自分になりたいなと思っていました。そして、実際に取材されて・・・。さらに、同じだけに月日が流れて今です。

自分のキャリアの軌跡を振り返って思います。良く頑張ってきましたね。
そして思います。今も、よく頑張っていますね。
そして、応援したくなりました。これからも頑張っていきましょう。
私の一番の応援団は、私自身なのですから・・・。


スポンサーサイト