キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な女性の合宿

2月24日25日、葉山にあるIPC生産性国際交流センターで「第2回女性リーダーエンカレッジ研修」が開催されました。今回の参加者は前回の倍近くになっての15名です。お天気は曇り&晴れで富士さんもちょっと見えたりで、この場所は2度目ですが、研修の環境って大切だなと思います。

15人の女性たちは初日はちょっと緊張気味、でも夜の懇親会、そして、翌日には、ほんとうに2日間というほど自然たちの笑顔があふれて、そして古くからの親友みたいな仲良し状態に。
メーリングリストで写真とメッセージが飛び交い、このクラス、きっとずっと繋がっていくだろうなという絆を感じます。まさにお互いを応援しあう、働く素敵な女性の同志!

やっぱり女性って最高! 女性の合宿研修もっとやりたいな!

20110224女性リーダー

スポンサーサイト

ひとりぼっちの女性支店長

銀行協会での新任支店長の研修を年に4回やっています。
50~90名ぐらいのクラスに、女性の支店長が参加することはほとんどありません。
今年度最後の70名の中に、1人だけ女性支店長がいました。
今回の参加年齢層は30代後半から50代。いつもよりも粘土層の男性が多いように感じます。

「といったって、人間力で部下を育成なんて理想論だよな。現実はそんなことやってる暇はない」
「軍隊型で結果が出てるんだから、変わる必要があるとは思えない」
「女性に多くを期待したところで、妊娠したりすれば裏切られますからね」

グループワークで毒ガスをふき散らかしている50歳前後の支店長が目につきました。私が近付くと、急に黙り込むといういつもの風景。同じテーブルに座っている他の支店長達が???という顔でいることにも気付かない無神経さに、KYどころではなく心配になります。この人達の部下達は本当にかわいそうです・・・。少なくなっているはずのオールドキャリアの骨董品的考え方の男性管理職が、まだいるなんて、しかも今日は7~8人も、多すぎる!

こういうクラスでは、私の胸が痛くなります。心が疲れてきます。でもそこに一筋の光を感じたのは、彼女の視線です。女性支店長として必死で頑張る彼女の想いは、他の69人の男性よりも強く私に届いてきました。

3時間半の私の講義が終わった時に
「この3時間半で救われた感じがしました。男性支店長と同じようにやらなきゃ、見劣りしないようにと無理してきた。私は女性であることを消して頑張ろうとしてきました。でもそれが必要ないこと、逆に他の女性部下達には遠い存在になってしまうことに気付きました。なんか肩の荷がおりて、楽になりました。明日からがんばろうという気持ちになれました。」

涙いっぱいの彼女の笑顔に、ダメダメ粘土オジサン達の顔が吹き飛びました。
彼女が活き活き活躍していくでしょう。そんな、女性支店長に出会うことを祈って来年も、この仕事をやろうと思います。

キャリアの軌跡

「失礼ですが、植田先生でいらっしゃいますよね?」

これからセミナーに向かおうという早朝に声をかけられました。なんと、本日の企業研修を行う会社の顧問をされているという方でした。

「本日の講演が植田先生だと伺って、私は先生のこと日経新聞のキャリアの軌跡を拝見していて、お目にかかれることとても楽しみにしていたのですよ。」

本当にびっくりしました。声をかけていただいたことよりも、「キャリアの軌跡」のことを覚えていていただいたことです。

2004年12月13日(月)の日経新聞の夕刊の「キャリアの軌跡」

今から7年くらい前のことになります。IT行外から、人材開発業界に転身して5年目ぐらいで、ようやく胸をはって「キャリアコンサルタントです」と研修や講演をやれるようになった頃でしょうか?でも、まだ成長するための目標が目の前に広がっていて、不安と期待でいっぱいだった頃です。その頃の自分の気持ちが、ふと蘇りました。

そこからさらに6年前くらいでしょうか?ANAで働いていたころに、「キャリアの軌跡」の連載が始まりました。日経新聞に、活躍している女性が掲載されるなんて、すごいと大感激しました。そして、いつかそこに取材させるような自分になりたいなと思っていました。そして、実際に取材されて・・・。さらに、同じだけに月日が流れて今です。

自分のキャリアの軌跡を振り返って思います。良く頑張ってきましたね。
そして思います。今も、よく頑張っていますね。
そして、応援したくなりました。これからも頑張っていきましょう。
私の一番の応援団は、私自身なのですから・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。