キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

愛媛にて

2回目の四国上陸の仕事でした。
研修前日の午後、松山に着きました。ちょっと寒さも感じつつも、道後温泉に行ってきました。親友と観光旅行で愛媛・香川と周ったのはずいぶん前です。昨年、香川で仕事をした時も、讃岐うどんを食べつつ懐かしく感じたのですが、今回も同じです。とても親しみやすいタクシー運転手さんとお話をしながら、しばし仕事を忘れて旅行気分です。「坂の上の雲」の影響もあり、観光に力をいれたのでしょう。道後温泉街はかなり綺麗になっていました。道後温泉本館はそのままでしたが、周りの温泉街は、足湯がたくさん出来ていました。温泉に入って、ほっとリラックス。
昨年から、仕事の前にリラックスして気持ちのゆとりを作ること・・・大切にしています。

翌日の研修は、「女性総合職」のモチベーションを応援する研修でした。22名の女性達は20代~50代でした。これで総合職全員ですか?と驚くほど少ない人数です。毎年30名強い新入社員の総合職の中で女性は1~3名程度。彼女たちの悩みは本当にたくさんです。

★周りの男性達からは男性と同じように働くことを求められ、かつ女性としての役割も果たせと言われる
★一般職の女性達との間に、溝ができてしまっている
★周りに同じような総合職女性はいない。自分1人で頑張るしかない。

彼女たちの悩みは、私が30代にANAグループ時代で背負い感じていたことに、良く似ています。そうか、まだまだ、20年前と同じような状況の中で、悩みつつも頑張っている女性たちがいる。だったらもっと私が応援できることはあるはずと改めて感じながら、帰りの飛行機に乗りました。


スポンサーサイト

女性の笑顔があれば頑張れる

仕事がオンシーズンに入り、最初のハードスケジュールです。
今週は企業の男性管理職向けに『女性活躍推進』を啓蒙するための講演を3回やりました。その3日間の間に、金融機関向けの「女性役席者研修」と「新任支店長研修」をやりました。最終金曜日の九州での講演の後は、登山で山頂に立ったような、またマラソン完走したような疲れを感じました。(フルマラソンは参加したことないのですが)

20名~30名でゆっくり、じっくり参加者とコミュニケーションをしながら進める研修に比べると、講演は2時間程度では時間短いので疲れないように思われます。しかしながら、1対100人以上という関係性では、私のエネルギーが瞬間的に一気に放出されるような感じになります。その後に自分の中がからっぽになったような感覚になります。

しかし、今回この1週間を、どの日も疲れたと感じずに、頑張れたのは、ある理由があります。それは、私の周りの女性達の笑顔です。研修担当者の女性達の笑顔、受講者の女性達の笑顔、その笑顔を見るたびに、元気づけられます。また、私の話でどんどん笑顔が輝いている瞬間を見ていると、嬉しくなります。

今回、新任支店長研修には、誰も女性がいませんでした。そのクラスだけがちょっと寂しい感じがしました。女性の笑顔は、周りの男性達にもとても素敵な影響を与えます。男女混合のクラスの共有時間では男性も思わず笑っています。女性達の笑顔が溢れる会社が増えて欲しいなと思います。

舟は素敵な出会いの場かも・・・

今日は、7月1日~6日予定の洋上研修の ふじ丸 の見学&講演会に参加してきました。
あいにくの雨の晴海旅客ターミナルですが、乗船して見て周るとその広さにびっくりです。エレベータで7階まであって、まさに動くホテルです。古さはあるものの、でも雰囲気がとってもいいです。歩き回りながら、ここで研修を行っているイメージが浮かびます・・・。

舟に5泊・・・とっても素敵です。今回の洋上研修は実は日本生産性本部の 生産性の舟 の中での特別コースです。

「植田寿乃同行 女性リーダーエンカレッジ洋上研修」

洋上研修の責任者の男性が、講演会の後のカクテルパーティ懇親会で更に、洋上研修の素晴らしさを説明してくれました。通常のコースの参加者は400名近くのほとんどが男性という実績、女性の参加は一昨年で数パーセント(昨年は新型インフルエンザで舟がでませんでした)とのこと。男性ばっかり・・・というのはえ~という感じがしましたが、参加者は30代前半~40前後の係長、課長といったまさにこれからリーダーになっていくような世代が中心のようです。
しかし男性ばかり・・・ということは、もし私のクラス20名の女性が参加したとしたら、不謹慎ですが逆ハーレム状態だといえるでしょう。独身20代~40代のビジネスウーマンには素敵な出会いのきっかけになるかも!

完璧に通常の世界から隔離させれた洋上での5日間は本当に特別な空間になるそうです。
そういえば、船旅での旅行・・・いつかはしたいなと思っていました。
今日の見学では、研修の場というよりも素敵な胃空間と、多くの人達との出会いの可能性の場として洋上研修って素敵なのではと本当に思いました!

来たれ、キャリアの節目の女性達!
来たれ、マンネリ、充実感の薄れに停滞している女性達!
来たれ、独身素敵な出会いを求める独身ビジネスウーマン達!
来たれ、新しい体験、冒険を求める女性達!
来たれ、自分にご褒美したい女性達!


私のオンシーズン、スイッチが入りました!

プロ野球にそっくりですが、私の仕事のオンシーズンがゴールデンウィーク明けから始まりました。今日はいきなり大阪日帰り出張です。

「メンタリング制度」を初めて導入する市役所からの研修の依頼でした。数ヶ月前の、私の公開セミナーに参加された人事部お女性の方からの強い要望でした。

4時間の研修の、前半はメンタリングを理解するための知識についてですが、メンター、メンティ、そして彼らの上司となる管理職の方々が出席ということで、事前申し込みをはるかに超えて、会場が満席になるほど参加者の参加にとても嬉しくなりました。10年前民間企業と公務員は違うな教えていて感じたのですが、今日は全くそんな気がしません。組織が抱える問題、取り組むべき課題は全く同じです。

後半は24名程のメンターに対してのメンタリングの実践に役立つ内容の研修。入社6年生~10年超える人まで年代は様々ですが、メンター一期生の緊張が伝わってきます。でも2時間後は、ちょっとほっとして笑顔がこぼれていました。ここのメンタリング制度がどうなっていくのか、とても楽しみです。

場所的に関西空港から飛行機で戻ることにしたので、ちょっと空港でのひと時。PCを開けながら来週、さ来週と続く講演、セミナーのテキストと出張スケジュールを確認しながら、仕事モードのエンジンがぐんぐんかかってきたのを感じます。さあ、梅雨明けくらいまでの、最初のピークに向かって走り始めましょう。

変わること

「始めること」

最初の一歩というのは、本当に大変です。ゼロから1を生み出すということは本当に大変です。しかしそれが生み出せた時は、喜びは本当に大きい。


「続けること」

はとても重要です。私のモットーは継続は力なり、何事もある一定期間続けなければ、何かを得たり成長したりすることはできないと思っています。

「やめること」

やめるという決断は始める以上に大変です。私は離婚で結婚の100倍のエネルギーを使いました。しかし、「やめる」という決断が熟考した結果なら、それを実行に移した時、安堵感と新たな未来が必ず開けてきます。

「捨てること」

重要だけど難しいことです。自分の執着心との戦いです。大切だと思ってきたものは「もったいない」と未練が後ろ髪をひきます。しかし、捨てられなければ、余裕はなくなってしまう。

だからこそ、「今に留まらずに変わり続ける」ことを私は選んでいきたいと思います。

プロフィール写真とクローゼット

毎年、プロフィール写真を撮影しているのですが、気に行ってHPや名刺に使っているのは2年前のものです。昨年は毛女性と組織の活性化研究会の撮影の合間にちょこっと撮ったもので、髪のセットがいまいちでした。この毎年のプロフィール写真、自分の変遷わかるアルバムとなっています。2年前の写真だと「実物と違う!」と言われる可能性も出てきたので、だから今年は、昨年の名誉挽回ということで、東京にいることにしたゴールデンウイークの合間に急きょ撮影をすることにしました。

まず、メイクスタジオに行き、それから美容室へ、そして自宅に戻って写真家の到着まで洋服選びという気合の入れようです。撮影は女流写真家の小林愛香さん。彼女に最初に出会ったのは5年くらい前。たまたま雑誌の取材の撮影カメラマンだったのですが、とっても綺麗に移してくれたので、それからずっとお願いしています。女性のほうが女性を自然体で美しく撮ってくれるような気がするのは、私だけでしょうか?グラビアアイドル的なショットも撮りました。

そして、今回のプロフィール撮影でドキッとしたことは色です。自宅ということで、ファッションショー状態でいろいろ着替えながらの撮影でした。そして、私が似合う色は言うまでもなく、私の大好きなオレンジと黄色のビタミンカラーです。これだと撮っても写真映りがいい!
それに対してピンク色は銀座系。白は女医さんのようになってしまいます。両方とも買ったまま全く着なかったスーツ。痩せたせいかサイズも合わなくなっていてダブルショック。目が欲しいものでも着たら似合わないということをレンズを通した写真が立証していました。翌日クローゼットの大整理が始まったのは言うまでもありません。

しばらくしたら、HPは新しいプロフィール写真に変わる・・・はずです。