FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

女性の横に繋がる力を活かして

ここ数年、女性の方と仕事をする機会が非常に増えました。クライアントの担当者であったり、事業提携をするビジネスパートナーであったり、仕事の重要なシーンのキーパーソンに女性が増えています。気がつけば、私の場合。最近ほとんど女性と仕事をしているような錯覚を覚えます。もちろん、女性と組織の活性化研究会などを主宰しているせいもありますが、でも女性の方が圧倒的に多い。そして、女性と仕事をするのがとても気持ちよく楽しく感じます。

それな何か?ひとつには、女性との仕事やプロジェクトは男性とのものよりも、どんどん進み発展していきます。1年前の同じ時期に初めてお目にかかった女性と男性のキーパーソン。同じ様なプロジェクトを展開しようとしています。しかし、この1年に何をやったかを見れば、男性1に対して女性7の実績です。何しろ、男性との仕事は遅すぎる・・・。1つをやるにも、社としての方針、上の意向?各方面の調整と根回し?時期を見て・・・。待っている間に歳をとりそうと思うほどです。でも、キーパーソンの女性とは、同じ夢を共有して、だったらやっちゃおう!という二人の決断で、何しろ実行!までこぎつけて、さらに次の夢を共有、気がつけば数年仕事しているくらいの親近感です。

男性の縦糸に対して、女性の横糸、つまり繋がる力、共有、共鳴する力の強さを感じないではいられません。今の時代、縦糸で自分だけで、自分の会社だけで頑張るという競争、勝ち負けを意識してばかりいる男性の仕事のやり方は、ちょっと違和感があります。そして、女性の建前のない本音ベースの自然体のアプローチは、ネットワークの横のつながりで仕事を展開していく時代に、とてもマッチしています。

この1年、私は多くの素敵な女性達に仕事のシーンから出会うことができました。そして、単に仕事だけの関係に留まることはありません。信頼関係は深まり、友達、仲間、同志、メンター&メンティーの関係へと発展しています。そして、そこでは相乗効果となって、お互いのモチベーションアップと成長の促進がされていると感じます。

私としては夏休み充電期間の最終週となりますが、昨日の取材といい、今夜のディナーといい、素敵な女性たちとの時間の共有で、まさに充電完了で、スケジュールがきつい秋も走れそうです。

スポンサーサイト