FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

転職するなら、初心に戻る

転職活動をしている方の相談に乗る機会がありました。
私は何度もこのブログでも書いていますが、在職中の人が会社を辞めたいとか、転職したいという相談で、本人が迷っているなと思った時は、転職を勧めません。
しかし、退職が決まっていたり、退職してしまった場合はどうなのか?

転職活動というのは、人生の大きな岐路に立つ気分です。
初めての就職よりも怖いというのが本心だと思います。初めての就職は、どこでもいいから決まればという気持ちが強いでしょうし、どの会社で働きたいとか、何をやりたいかが全く分からない白紙状態です。だから、内定が出れば、そこでOKという感じになる人が多いでしょう。

しかし、転職の場合は違います。数年間働いてきた自分の経験、キャリアというのが自分のプライドとなり、また次の会社を選ぶ基準となります。だから、次の会社を探すときに、必ず今までの自分の経験を活かしたいとか、自分はこんなことが向いているといった感覚で会社や仕事を考えていきます。
そして、探しているうちに、現実の厳しさと、自分の想いのギャップにどんどんと気持ちがへこんでくるというのが、よくあるパターンの転職活動期の気持ちです。

転職とはそういうものです。履歴書や、職務経歴書に何を書こうが、実はそれはほとんど次の会社で評価はされません。もっとも、真面目に働いてきた人なのかどうか、何ができるのかなという参考にはなりますが、その経験やキャリアはほとんど次の会社で活かされることはありません。特別な技術者は専門分野のスキルは別ですが。キャリアは転職で積み上げられるものではないということ、見落としがちですが、重要なことです。

では、前の会社の過去の経験値は何になるのか、それは自分自身の人生の経験として蓄えられているのです。ですから、次の仕事をする上で、何らか役にたつこともあるかもしれません。私自身、大学時代の芸術を専攻したことや、ベンチャー企業で働いたこと、IT業界で働いたことは、今の私の人材開発の仕事の中で、ようやく結びついてきています。

つまり、再びふりだしに戻ってゼロスタートを切ることが転職です。だから、初心に戻ることが大切です。プライドも経験値もすべて忘れて自分を白紙に戻した時、目の前には、非常に大きな可能性が広がるはずです。何にでもなれる、何に取り組んだっていいのです。自分が興味があること、これだったら頑張れると思うこと、この会社だったら働いてみたいと思うところを選べばいい。

私は何にでもなれると思います。まずは、ゼロからスタートです。新人です!
3年間は何も考えずに、そこで1人前になることを目指す。そうすれば、本当にスタートにたてます。
そして、さらに2年、がんばった5年目には、これだという何かが身につくはず。
そして、さらに2年本気でやった7年目には、そこそこすごいねという何かをやり遂げているはず。
そして、さらに3年本気でやった10年目には、ひとから一目置かれるキャリアが築けているはずです。
そこから先は、自由です。そのまま頑張っても、また何かやっても!

スポンサーサイト