キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私流のモチベーションの上げ方

大きなイベントの前など、しかも自分が主体的にそれを引っ張っていくべき立場だったりすると、自分自身のモチベーションが、チーム、組織のモチベーションにつながることを実感しています。
だから、下がり気味よりも、平坦よりも、ちょっとエンジンがかって回転している状態に持っていきたい。

30代のITの頃は、音楽をガンガンかけながら、化粧をきつめにして、真っ赤なスーツを着ながら、自分を盛り上げていく・・・そんなことをやりました。今、考えれば笑ってしまいます。モチベーションを無理ありあげて、高いぞというような演技をしていたのだと思います。

そんなモチベーションの状態はいらない。もっと自分の中からこみあげてくる、エンジンがかかったぞという状態、それが私が大切にする状態です。いったい、それはどうやったらいいか。はっきり言って、一人でそれをやるのは難しいというのが、私の出した結論です。
私のエンジンのかけ方は、

「信頼でき、尊敬する人とのコミュニケーション」

尊敬する先輩や、メンターとリラックスしながらも真剣に、社会、二歩と大きなテーマでコミュニケーションしていると、私の思考は目覚め、私の心が点火します。
物事が高い視点と、広い視野で見れるような状態に自分が引きあがって、そして今目の前のテーマに対して私のやるべき使命がくっきりと見えてきます。

ということで、今夜はロールモデルのS女史とオイスターバーで、気がつけば3時間半、熱く語り合わせていただきました!オイスターを20個くらいも食べましたし、ガソリンまさに満タン!

「組織、社会、日本を変える女性を目指して」

頑張ります!明日!

スポンサーサイト

名古屋でこんなに反応があるなんて!

今日は名古屋で講演セミナーをしました。

「女性の活躍が拓く会社の未来!」 

名古屋といえば、昨年からの自動車産業のダメージをもろに受けている地域です。
この時期にこのテーマで、いろいろな企業の皆さんがいらしてくださるのかどうか、1月に講演を依頼された時に、私はちょっと心配をしておりました。実は同じテーマで過去2年ほど講演を名古屋地域でさせていただいたときには、何となくメッセージが響かなかったのです。参加メンバーは男性ばかり、しかも名古屋地域は飛ぶ鳥落とすほどの経済好調時期でした。

「植田先生の言うことはもっともです。女性の活躍推進の世の中の流れもわかりますよ。でも名古屋地域は別物ですから。名古屋においては、やはり会社での女性の役割は・・・」

昨年の夏頃この光景が頭をよぎりました。苦手意識なないのですが、ちょっと心配でした。

そして本日、その講演セミナーです。講演は一方通行でが、参加型のセミナー形式にするのが私の特徴です。3時間半の内容では、グループで話をしていただく機会が何度も作っています。皆さんがそれに心を開いて、本音で参加していただけたら、とっても有意義で素敵な時間となるはずです。
さて、参加いただいた方の70%が女性、そして30%が男性。企業、組織で女性の活躍推進に取り組んでいらっしゃる方々です。女性が多いだけで、私の気持はちょっと嬉しくなります。

「今日は女性の参加者が多くて嬉しいです!」
思わず、第一声で言ってしまいました。

第一部は、女性の活躍推進についてのちょっと長めの講義。第二部は7つのリーダーシップです。
一部の終わりと最後に質疑応答の時間をとりました。今日はびっくりするほど、皆さん質問をしてくださいました。しかも、どれもすごくいい質問です。名古屋でも研究会やってください!とおっしゃって下さる方もいます。今日、参加してくださった皆さんは、本当に真剣に女性活躍推進に取り組まれていました。

まるで1日研修をやったような充実感を私も感じました。今までやった名古屋で一番嬉しい!東京で打ち合わせのために飛び乗った新幹線で、ひとりニコニコ、ニヤニヤしてしまいました。また名古屋で講演セミナーやりたいです!

心のエネルギー源

心のエネルギー源って何だろうと考えると、

人生の中で特にプライベートの時間の心のエネルギー源は、

「愛」

のような気がします。家族との愛、夫婦の愛、恋人の愛、いろいろな愛があると思います。それが片想いでなく、両想いの状態であると、とても満たされた幸福感があります。

では仕事をする時の心のエネルギー源は何だろうと考えてみました。私のエネルギーが充電されてるという瞬間はいつだろう・・・。何をしている時だろう・・・。誰といる時だろう・・・。

で、気がついたのが「女性と組織の活性化研究会」の時だということに気が付きました。これは私のボランティアな活動のライフワークの一つです。
そして、そこに浮かんだキーワードが3つでした

「夢」 「信頼」 「仲間」

同じ夢を共有する信頼できる仲間たちと集い、語り合うことが私にとって、心のエネルギーの充電となっているのです。研究会は今日で24回目となりました。丸2年やってきて、今年2009年からは、本当に社会貢献をいしていく組織としての私の理想の形を実現することができてきました。今日も、20名を超える研究会の参加メンバーとの3時間が、私の心にエネルギーを漲らせてくれました。初参加の3名のメンバー達が、常連のメンバー達と交流し溶け込み、本当にこの場所は安心安全の素敵でポジティブなエネルギーが融合していく場です。そんな場で、ビジネスや利害ではなく、よりよい未来、社会を意識しての活動の場で、自分が役立てることの喜びを深く感じます。

数年前の私に比べると・・・成長したのかな(笑)マズローの欲求5段階のところの4番目と5番目あたりに、ようやくたどり着こうとしているのかな、などと思います。でも人生は一生勉強、そして成長をし続けていきたいなと感じます。そして、もっともっと社会に貢献していきたいと思います。

転職するなら、初心に戻る

転職活動をしている方の相談に乗る機会がありました。
私は何度もこのブログでも書いていますが、在職中の人が会社を辞めたいとか、転職したいという相談で、本人が迷っているなと思った時は、転職を勧めません。
しかし、退職が決まっていたり、退職してしまった場合はどうなのか?

転職活動というのは、人生の大きな岐路に立つ気分です。
初めての就職よりも怖いというのが本心だと思います。初めての就職は、どこでもいいから決まればという気持ちが強いでしょうし、どの会社で働きたいとか、何をやりたいかが全く分からない白紙状態です。だから、内定が出れば、そこでOKという感じになる人が多いでしょう。

しかし、転職の場合は違います。数年間働いてきた自分の経験、キャリアというのが自分のプライドとなり、また次の会社を選ぶ基準となります。だから、次の会社を探すときに、必ず今までの自分の経験を活かしたいとか、自分はこんなことが向いているといった感覚で会社や仕事を考えていきます。
そして、探しているうちに、現実の厳しさと、自分の想いのギャップにどんどんと気持ちがへこんでくるというのが、よくあるパターンの転職活動期の気持ちです。

転職とはそういうものです。履歴書や、職務経歴書に何を書こうが、実はそれはほとんど次の会社で評価はされません。もっとも、真面目に働いてきた人なのかどうか、何ができるのかなという参考にはなりますが、その経験やキャリアはほとんど次の会社で活かされることはありません。特別な技術者は専門分野のスキルは別ですが。キャリアは転職で積み上げられるものではないということ、見落としがちですが、重要なことです。

では、前の会社の過去の経験値は何になるのか、それは自分自身の人生の経験として蓄えられているのです。ですから、次の仕事をする上で、何らか役にたつこともあるかもしれません。私自身、大学時代の芸術を専攻したことや、ベンチャー企業で働いたこと、IT業界で働いたことは、今の私の人材開発の仕事の中で、ようやく結びついてきています。

つまり、再びふりだしに戻ってゼロスタートを切ることが転職です。だから、初心に戻ることが大切です。プライドも経験値もすべて忘れて自分を白紙に戻した時、目の前には、非常に大きな可能性が広がるはずです。何にでもなれる、何に取り組んだっていいのです。自分が興味があること、これだったら頑張れると思うこと、この会社だったら働いてみたいと思うところを選べばいい。

私は何にでもなれると思います。まずは、ゼロからスタートです。新人です!
3年間は何も考えずに、そこで1人前になることを目指す。そうすれば、本当にスタートにたてます。
そして、さらに2年、がんばった5年目には、これだという何かが身につくはず。
そして、さらに2年本気でやった7年目には、そこそこすごいねという何かをやり遂げているはず。
そして、さらに3年本気でやった10年目には、ひとから一目置かれるキャリアが築けているはずです。
そこから先は、自由です。そのまま頑張っても、また何かやっても!

ちょっとインターナショナルなホームパーティ

このマンションに引っ越して、気がつけば丸2年が経ちました。定期的にやっている恒例のホームパーティも10回めです。今回も気のおけない仲間が15名集まりました(うち2名子供)家族づれやお子様づれで会ったおホームな雰囲気の中、友達の輪も広がっています。ここに集まる人たちは、皆キラキラ輝いていて、幸せそうな人ばかりです。

今回は私の旅行もあったので、桜はおしまいかと思いましたが、なんとか残っていた桜を見ながらの開催となりました。そして、本日は外国人のお客様は3名です。途中で全員が英語で自己紹介をしたりして、ちょっとインターナショナルな感じです。子どもたちもしっかり英語でごあいさつです。小学校から英語教育が始まるとか、大切ですよね。

今日は晴れましたが、みんなの待望のサンセット、残念ながら春は空がクリアにはならないので、富士山に沈む太陽はみえませんでした。でも、ベランダで夕日を見ながらのシャンパンで乾杯。
素敵な友人たちとのリラックスした会話、笑い、これほど素敵な時間はないなと思います。
とっても幸せな気分の4月の週末です。

ネットパソコンとともに

私の3台持っているパソコンの中で、一番コンパクトの新顔、ネットパソコンEEEP子。この前の企業研修のプレゼンテーションでビジネスデビューを果たしています。
しかし、その本領発揮は、やはりモバイルパソコンとして旅につれていくことかもしれません。

私は海外での休暇は、仕事はまったくしない主義なので、パソコンを持っていくことはありませんでした。いつも行くバリ島でもメールチェックをインタネットカフェでするくらいです。1月のオーストラリア休暇は、電話自体が繋がらなかったりするキャンプでした。

でも今回の、3月31日からの1週間のタイでの休暇はEEEP子を連れていくことにしました。
ということで今は、パタヤビーチのリゾートホテルで海を見ながら、ブログのアップをしています。
思ったよりも、多くのホテルが無線LANは当たり前という状態。
便利でいいなあと思う反面、どうしても仕事のメールも読んでしまいます。
この仕事モードに頭が切り替わってしまうのが、ちょっと・・・。
でも、メールできるも安心です。さあ、パソコンを閉じて、今日はマーケット(市場)に遊びに行きましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。