FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

私の中のオールドキャリアなDNA

2000年までがオールドキャリア、その後がニューキャリア。企業も個人も全員が変化しましょう。
これは私がいつも研修や講演で言っていることです。忠誠型人材から、自立型人材になる。これはオールドキャリアでの人生が長い45歳以上年代には、なかなか大変です。それこそDANの入れ替えくらい大変です。

私自身もまさしくオールドキャリアの時代で40年を過ごしてきました。38歳で二度目の起業をした1年前から、意識はニューキャリアになっているかなと思います。でも、私のDNA中には、やっぱりオールドキャリアな部分が残っています。

それを、ひしひし感じたのは今夜の講演の打ち上げです。ある企業で男性管理職を対象とした3回の講演が無事に終わり、最終日に先方の人事部長からの打ち上げのお誘い、営業担当は大丈夫ですかと心配いただいたのですが、私としては喜んでという気分。

私は商談を踏まえたビジネスディナーは基本的にお断りなのですが、打ち上げは実は大歓迎なのです!なんか嬉しくなってしまいます。人事部長は私と同年代の熱血オールドキャリアな男性です。焼酎を飲みながら、夢や目標など熱く語り合ったりして・・・かなり盛り上がってしまいました。ふとANA時代にタイムスリップしたような錯覚です。ちょっと横を見ると、おっとニューキャリア世代の部下の方々がびっくり顔。

でも、自分の中のオールドキャリアのDNA、全否定はできないです。好きな部分、残っている部分がちょっとあってもいいのかな。そんな気持ちになりました。

スポンサーサイト