FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

16人は宝物

今日は、女性活躍推進を昨年からスタートしたばかりという会社で、初めての講演をしました。2000人のうち半分が女性、しかし女性管理職は1人、3年後にはそれを3人にしたい、そんな目標を掲げているという背景です。

テーマは「女性と若手社員を活かす組織づくり」

会社参加者は70名くらいでしょうか。テーマ的には何十回もやってきているものですが、今回の参加者はちょっといつもとは違います。16名の女性管理職候補+興味がある女性たち10名と、自主参加の男性管理職が40名ちょっと。こういう参加者の前でお話をするのは初めてです。

反応は・・・笑い声でわかります。私の講演は笑いがこぼれるところがいくつかあります。女性たちは2時間の間に笑顔が増えていったように思います。男性たちは・・・苦笑している方もちらほらいましたが、隣の人との共有にも消極的だったりしてまだまだ道のりは長そうです。

講演の後の女性管理職候補の方々との懇親会、ここで密に16人の方々と話をさえていただきました。皆とっても素敵です。何人かの方は私と話すうちに、秘めている想いと涙が溢れ出てきました。
そんな中、一人の女性が言いました。

「会社から管理職を目指せと言われて、何で私がという気持ちがあります。管理職になりたいと思ってこなかったし、私がやれるなんて思えない。でも一緒に働いている部下の女性たちのことを考えると、彼女たちの夢を広げるために頑張ろうかなと思っています。ここにいる16人はほとんど同じ気持ちです。」

私がその言葉に感動してしまいました。管理職になりたい人が良い管理職になるわけではない。出世したくて、偉くなることを目指して管理職の人達がいい管理職になってもいません。だからこそ、ここにいる女性たち全員に管理職になってほしいと思いました。

私が最後に彼女たちに送った言葉は

「あなたたち16人は宝物。全員がもっともっと輝いてください。管理職3人なんていう会社が作った目標なんかをはるかに超えて、全員が素敵な管理職になってください。それが後進の女性たちの夢につながるから」

スポンサーサイト