キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

心を開く宿泊研修

この週末は熱海での企業の宿泊研修でした。
泊まりがけの研修が最近非常に多くなっています。私の研修は心を使うものです。

「自分の心を見つめ、気づく」

そのためには、参加者が心をどんどん開いて共鳴していくことが重要です。
そういう意味で、宿泊型はやっぱりいいな~と思います。
私としては大変なのですが、絶対に受講生にとっての気づきの深さが変わります。
一晩で本当に表情が変わっていきます。ペルソナや、無理していた部分がとれて、自然体になれれば、更なる気付きがあるでしょう。

自然に触れて感動すること、芸術に触れて感動すること。
全て心を使います。だからこそ、自然が多いところでの研修が増えるといいなと思います。

スポンサーサイト

「女性と組織の活性化研究会」の全国に

北海道から戻った翌日から、岐阜、大阪と出張しています。
10月は休暇と出張で自宅に二日といない日々が続いているので、周りはかなり驚いているようです。
今回の出張では、大阪市の女性活躍推進をやっているところ、「クレオ大阪」での講演でした。
「女性を活かせる会社へ変わるヒント ~女性活躍推進のポイントと進め方~」
40名ほど集まっていただいた企業の人事・研修担当者ですが、私の予測どおりに8割が女性の方々でした。東京もさることながら、企業だけでなく地方都市の公的団体がこのようなテーマでの取り組みが盛んになっていること、本当にうれしくなります。
日本が変わってきたなと感じます。

そんな中で、さらに嬉しかったのは、2時間の講演を受講した女性たちがとっても熱心に質問をしてくださったこと。自分自身のテーマでもあるからなのでしょう。
またこのクレオ大阪の担当者の方が、
「大阪でも女性と組織の活性化研究会」
をやってくださいと言ってくださったことです。

★是非是非、たちあげてください。私もできる限りフォローします!

10月13日の読売新聞にもちょうど、「女性と組織の活性化研究会」の取材記事が掲載されました。また来年からさらに発展的に研究会を広げていくために、ご一緒に展開できるパートナーも次々に現れています。

2年前に本当に、10人くらいで始めた研究会ですが、2009年に向けて、日本国中にそのような研究会が組織されるために私は頑張りたいと思います。ビジネスではなく、もちろんボランティアでの社会貢献です。私のライフワーク、人生における1つのミッションだと感じます。
社会貢献、やっと本当にそれができる自分自身に余裕がでてきたのかなと思います。

熟年母娘の北海道旅行

私の第二の両親でもある写真家の奥様と一緒に北海道をめぐっています。熟年母娘旅行です。
本当の両親は父が2回目に倒れてからはもう旅行は無理なのですが、こちらのご夫妻はまだまだ元気です。元気なうちにできる親孝行ということで、旭山動物園に行きたい二人の気持ちが一致で、今回3泊4日のツアーに申し込みました。
ちょっと、というかかなりハードなスケジュールでしたが、紅葉を堪能して、バリ島とは違ったリフレッシュです。
北海道1北海道北海道4


筑波大学にて

バリ島から月曜日に戻ってきて、一昨日昨日と2日間の出張研修を終えて、本日は3日目。
母校筑波大学に行ってきました。学生有志のグループから依頼されてのボランティアでの講演です。
幸せなキャリアの見つけ方
集客力に力不足を感じましたが、なかなか7人ほどのサークル頑張って準備をしてくれました。
だからこそ気合いを入れて講演にのぞみました。

そして感想・・・びっくりしました。肩透かしって言う感じでしょうか。筑波大生って真面目でおとなしい。
私が大学に行った頃・・・ず分前になりますが、芸術専攻だったせいもありますが学生はもっとパワフルで面白い人が多かったように感じます。つまり規格外でハチャメチャな感じ。
でも、今回受講してくれた人達は、広い教室に2席おきに座って、講演中のレスポンスも弱く、隣の人と共有したりするのも不得意そうです。研究学園都市で、ひとりまじめに勉強一筋なのでしょうか。でもそれがちょっと心配です。社会に出ていく上で学生時代にもっと体験してほしいことは、サークル活動などを通じてのチームワーク、コミュニケーション、そしてチャレンジ精神。そういう体験があるかどうかって、会社入ってからも違うんだけどな・・・。

もうひとつ驚いたのが、男子学生と女子学生の存在パワー差。私が大学生だった頃は、筑波大学生の全生徒での女子学生の割合は1割程度。男子が多いな~と感じたものです。そして現在は学部さは会っても全体で女子は3割くらいだとのこと。でも存在パワーが6割強という感じです。
企業の人事の新卒面接官の方々からも聴いていましたが、なるほどなという感じです。

だからこそ、ガンバレ男子達!
とりあえず大学院に進んで就職遅らせようなんてダメだぞ!

高い視点、広い視野

今回のバリ島旅行。
通常の形ではなく、バリ島で同じ時期に旅行をしている友人ファミリー達と過ごす時間がありました。
私にとっては非日常を味わいながら、時計をはずして、パソコンも携帯も持たずに過ごす10日間でした。不思議に日常から距離を置くと、いろいろなことが見えてきます。
そう見えてきました。

私にとっての今回のバリ島、

『高い視点、広い視野』

がキーワードでした。今までは、まだまだ小さな些細なことに、心悩ませ時間を費やしていたように思います。高い視点、広い視野から人生を見たときに、それはあまりに私のパワーのロスタイムであったようです。

200809バリ4200809バリ3

未来が見えていない人は、今をがむしゃらに行きがちです。忙しいことで、自分の不安感をごまかすのでしょう。

今回の旅で、今後5年の自分の生き方の柱が見えてきました。
『私が社会に対して、何が貢献できるか?』
社会貢献、これを本気でやるべき時が来たことを実感しています。
だからこそ、自分のライフワークを意識しつつ生きていきたいと思います。

右脳を思う存分使って

今回のバリ島、左脳は完璧にお休みです。
ネットカフェでメールチェックすることも怠りがち、携帯電話もホテルに置きっぱなしで、10日間過ごしました。でも、右脳でしっかり自分自身と人生を見つめる時間でした。ということで、今回は絵を2枚描きました。
200809バリ絵2200809バリ絵




バリ島から俯瞰して見れば

バリに着いて数日、いつものように右脳で過ごす。感じるを意識して過ごす日々です。
不思議なことで、感じるをベースに自分の日本での人生を振り返るといろいろなことを気づきます。
嬉しいこと楽しいこともたくさんありましたが、信頼している人に裏切られたり、がっかりすることもあったこの半年です。前は裏切ったりした人は許せないという怒りが、心のどこかで冷たい炎のように残っていました。

また、経営者としてビジネスのことに関しては、私はスピードと将来的な可能性を判断する中で、厳しい決断をしていくことに関しては、前も今も変わりません。それは、私のキャリアコンサルタントとして「人の心」をサポートするプロフェッショナルとなってからは、私の中に葛藤を起こすことも多々あります。

しかし、こうやって定期的にウブドでの自分の心を浄化する時間を持つと、そんなことが取るに足らないような感じがします。

今日、私のヨガ&瞑想のMyマスターに

「今回はあなたの心は安定していますね。笑顔が自然ですね」

といわれました。たぶん、それはバリ島のおかげです。着いたときから、この数日で私の心が溶けていったから。バリ島に着いてすぐに、私は自分の心が少し疲れて磨り減っていたことに気づきました。

「楽しいこと、辛いこと、すれをすべて受け入れることが人生を生きること」

Myマスターの言葉と、ユニバーサルエネルギーをもらって、私は静かに充電中です。