FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

握手

今日は、私にとって一番過酷な8時間30分の1日公開セミナー

「管理力のためのリーダーシップ研修 人間力アップコース」

朝から、私のモバイルパソコンのトラブルで、受講生よりも心がざわつきながら始まりましたが、嬉しい再会がありました。本日の受講者8名の中に昨年秋の日経BP社の女性リーダー育成セミナーの受講生です。1対1のカウンセリング付きのこのコース、受講生と私の距離は、本当に近くなり、ひとりひとりの顔が実は私の心のアルバムに刻み込まれています。だからこそ、こういう再会が私にとって、この上もない喜びです。彼女の成長が本当に嬉しい。肩に入っていた力が抜けて柔らかくなって、なんか余裕ができている感じに、そして自然な笑顔に素敵だなと本当に思いました。コースの途中でも、彼女と眼と眼で会話ができたような気がしました。心が通じている感じです。

この2か月に1度の公開セミナーは全くといっていいほど宣伝されていないので、これに参加する人は、企業の人材開発部門や研修担当者の方で、研修や講師を探している方が大半です、しかしながら、毎回2~3名の方は自分自身の管理職としてのリーダーシップを振り返り磨くためにいらっしゃいます。今回もインターネットを探しまくったという方が数名参加されていました。

そしてコースが終わってもさらに30分、いろいろな質問をしてきた彼は、30代前半でしょうか、なかなかのイケメンです。自分のリーダーシップスタイルの偏りに不安を抱きながらの参加、そして多くの気づきがあったようです。
「変われるでしょうか?」
という素直な問いに、どんな企業の人かなと思いながら名刺交換。なんと企業ではなく、省庁の若きキャリア官僚でした。う~ん、こんな純粋な30代前半の若者官僚がいるなら、日本という国、まだまだいけそうな気がします。

最後に、彼に握手を求められて、本当にエールをこめてギュッと握り返してしまいました!

スポンサーサイト