FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

初めての公開 「メンター育成セミナー」

企業のメンタリング制度をサポートして2年が過ぎています。私がメンタリングに取り組んだのは1998年で、今から10年前。当時、自分が主宰していたSuperbNetという女性コミュニティ活動を、クロスオーバーのメンタリング組織として成長させていきたいと考えたのがきっかけです。
現在もこの分野で権威の渡辺真澄先生が、それこそ区民館みたいの会議室みたいなところでやっているメンタリング研究会に通いながら勉強していたことが懐かしく思い出されます。

この時にメンター、メンタリングというこばをきちんと理解し、メンターの存在の素晴らしさ、また自らがいつか多くの方々のメンターとして存在できることを心に誓いました。最近、思いもよらぬ周りの人たちから、
「植田さんは、私のメンターです」
と異口同音、言われることがあり、びっくりやらくすぐったいやら、ちょっとは自分が人間として成長して、周りの方々を応援サポートできるようになったのかな・・・なんて思います。実際、2年前からまた始めた新しい女性コミュニティ、キャリアセレブサロンも、私のメンター活動の一つです。

そして、今日の公開セミナー。
これは、昨年くらいからいくつかの企業のメンタリング制度をサポートしている中で、メンターに対して最初に行う、動機づけとメンタリングの実践を教える1日のコース。これを初めて、公開セミナーとしてやりました。同じ会社のメンターに指名された方々向けのものを、一般にいろいろな企業の方が参加される形では初めてなので、ちょっとどきどきでした。

午前中は、メンタリングについての基礎を学んでいただくパートなのですが、グループディスカッションはもちろん模造紙ワークもあったりします。でも午前中での意見交換の活発さや、発表を通して皆さんの心がどんどん開いていくのがわかりました。

午後のパートは、心のことを理解しただいた上で、実際にお互いにメンタリングを行う場面想定してのロールプレーの時間もありました。これまた、とっても心を開いてくださいました。今回の参加者は女性が多かったのですが、その中で私とのデモンストレーションで心を開いてお話をしていただいた男性お二人はとっても素敵でした。お互いが心を開いて、安心できる空間ができて・・・最後は研修というよりもなんか、みんなでいい体験できたね~という素敵な共鳴がありました。

私のちょっと公私でここのところ擦り減っていた心も柔らかくマッサージされて、ほっと暖かい気持ちになりました。ありがとうございました。
このコースをやるのが楽しみなりそうです。次は11月の終わりのころかな。

スポンサーサイト