キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

企業が女性リーダー育成に本気になってきました

今日は、ある企業の女性リーダー育成セミナーの2クラス目でした。
店長を初めとする専門職、営業職、事務職と業種はいろいろですが、どの方も会社が期待する女性リーダー達です。年齢は20代から50代までで、中心は30代と40代。私と同年代も多くて、体調の悩みや、親の介護など共感することもたくさんありました。

日経BP社の公開セミナーで、「女性リーダー育成セミナー」をスタートさせたのは昨年の11月。それから1年が経ち、今月で通算5回目となりますが、申し込み状況の早さや、参加者の顔ぶれなど、企業が本格的に女性リーダーの育成に取り組み始めたことを、肌で感じてきていました。

そしてこの秋から、企業が「女性リーダー育成」と題したセミナーを、私に依頼し始めました。あえて女性だけを集めてやるセミナー。
しかも、リーダやリーダー候補にスポットを当てるということは、大きな変化です。一般職から、総合職への転換や、女性のキャリアの意識付けを超えた、大きな一歩を踏み出したのです。

ただし、そのセミナーのあり方は重要です。企業研修というものは、研修部門や人材開発部門がどのように、受講対象者に研修の意図を伝えるかが非常に重要です。もし、強制的なイメージが強ければ、受講者の心は反発や不信感が広がります。心が閉じていては、気づくことはできません。

今回のセミナーの冒頭、取締役の挨拶がありましたが、とても親近感を感じました。部下に勧められ参加した、7月のヒューマンキャピタルの私の講演を聴いて、これがわが社に絶対に必要だと思った。女性がもっともっと活躍して欲しいと思っているというメッセージは、ご本人の本心を語っていらっしゃいました。

経営者、人材開発部門が、どのくらい本気、本心で女性を生かす組織を目指そうとしているのか、女性リーダーの育成に取り組もうとしているのか、どうやら、このあたりから企業の差が出始めそうです。そしてこの差が5年後の企業のパワーと発展に大きく影響するような気がします。私はこの会社を応援したくなりました。5年後が楽しみです。

スポンサーサイト

かなり右脳型でした

私のスーパーバイザーで、かつ親友でもある精神科医の先生の依頼で、脳の血流検査の研究をお手伝いさせていただきました。つまり、被験者となって体験をしました。

簡単な質問に答えながら、脳の血流の状態を見るというものです。サーモグラフィーのように、質問に答えながら、脳の血流の動き、つまり活性化の様子が写ります。検査直後にデータを見ながらフィードバックしていただきました。

「ほら、右脳に血流が流れてきましたよ。色が変わった、右の脳が動いていますね。ほらほら、あっだんだん元のグリーンに戻ってきましたね。2回目も、ほら右側がどんどんオレンジ色になってほら」

集中的に脳の右の部分だけが、色がどんどん変わります。左といえばグリーンから、更に青みがかっています。青はどのような状態なのですかという問いに、検査担当の先生は、

「左の脳はリラックスしているというか、休んでいる状態ですね」

なかなか驚きました。自分が右脳を使っている意識はありました、これほどまでに差があるとは思いませんでした。私は本当に右脳型人間のようです。

ただし、これは私の仕事が、心つまり感情をテーマにしているということに関係しているような気がします。IT業界にいるときだったら、もっと左脳もよく使っていたかもしれません。また最近クリエイティブな活動に興味を持ちやり始めたので、絶えず右脳トレーニングがされているのかもしれません。

2008年右脳・・・は私にとって、ちょっと面白いテーマとなりそうです。

「Art」 と 「温泉」

私の応援する若き書家,

龍城の第2回の展覧会

を観るために、親友のアンリと一緒に名古屋の近く安城まで行きました。
昨年の第1回を開いた頃から、作風がまたちょっと変わったようです。来場者も800人を越えたとか、本人の表情や態度もちょっと大人びて、いよいよ彼の才能が世の中に広く認められる時期にきたのかなと感じます。

私はプロデューサーとして2008年は、もっと頑張らなくては!とりあえず、今回の展覧会でも私のお気に入りの作品を見つけたのでキープです。これで、自宅に彼の5つめの作品が並びます。自宅を彼の作品でギャラリーのごとく埋めるが目標!

昨年はとんぼ帰りでしたが、このアートに触れた気持ちを大切にしたいし、秋の旅行気分を満喫しようとインターネットで調べた西浦温泉へ。無人駅で、四方を生みに囲まれた静かな温泉です。
海を見ながらの露天風呂で、延々の女二人でおしゃべりに夢中に。
大人の女二人の温泉旅行は、カップルの旅行とは一味違う楽しさが。
私も友人も、ちょっと癖になりそうです。

素敵な会社

熊谷に本社のある素敵な会社の仕事をしました。年間200日、1600人のビジネスパーソンに出会いながら8年目に突入、いろいろな会社と出会ってきています。

どの会社も、それぞれ組織風土があり、印象に残っています。元気な会社、企業合併などで過渡期の会社、ちょっとマンネリ化している会社。しかしながら、なんて素敵なんだろう、羨ましいなと心に残る会社は多くはありません。

クラスが始まると同時に、お互いの自己開示が早いのは、お互いが信頼関係で結ばれているからなのでしょう。モチベーションが低かった仲間が、研修の中で元気になっていく様子に、皆が喜んでいる様子は、本当に私まで心が暖かくなりました。社員の意識、組織の連帯感&共鳴感。
また、懇親会の場での、経営陣と若手社員のざっくばらんな会話。

この会社の社長は、「うちの会社の財産は人、だから、利益は社員の教育に費やしたい」という言葉を実践されています。

キャリアカウンセリングで数名の方の涙とお話を受け止めながら、応援しないではいられない気持ちになります。決して大きな企業ではありませんが、こういう会社がどんどん成長、発展して欲しくなります。
5年前からのお付き合いですが、

「末長いお付き合いをお願いします」

取締役人事部長の言葉に、

「こちらこそ、ずっと応援、サポートさせてください」

と即座にお答えしました。