FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

20代の女性のロールモデルとは

26歳の女性とディナーをしました。彼女との出会いは2年前、大学院の通い専門家の道を目指しながら、私の研修のアシスタントを時々アルバイトでしてもらったことがあります。大学院も無事に卒業して、専門家の資格試験にも合格し、彼女の社会人としてのキャリアが今、まさに花光き初めています。

私にとって、その姿はまぶしく、20歳の結婚で産んでいれば彼女くらいの娘になっているのかな・・・などとふとイメージをします。そんな20歳以上の歳の差がありながらも、楽しく食事が出来ることが私は楽しくてたまりません。そんな彼女に、5年後の未来について尋ねてみました。

私 「あなたは5年後にどんなふうな人生を送っていたい?」

彼女「そうですね・・・。難しいな。」

私 「じゃ、私の会社の30代前半の女性達を思い浮かべてみて、どう?」

彼女「道場メンバーの臼井さんと佐々木さんは、とっても素敵ですね。お仕事も自信もっていて、しかも結婚されてて、落ち着いたしっとりした女性の色気があります。それに二人ともとっても幸せそう。」

私は、この答えを聴いて嬉しくなりました。そして更に質問をしました。

私「30代前半で働く女性で結婚している女性と、していない女性違って見える?」

彼女「30代で結婚されてない女性、頑張っていらっしゃる方は多いけど、言ってはなんですが、ちょっと無理しているというか、疲れていて痛々しい。歳相応でなくて、なんか若作りで20代っぽくしてるけど、バランスが悪そうに感じます」

彼女のこの感覚が今の時代、これからの時代の働く女性達の感覚なのだと思います。そして、20代の女性にとって30代の女性達がロールモデル。仕事人生しか無いキャリアウーマンは、もはやロールモデルでは有り得ないのです。

『仕事だけの人生ではなく、女性としての人生も生きる、そして輝く』

残念ながら、どう考えても仕事中心に太い軸がある私は、彼女たちのロールモデルにはなりません。でも是非、彼女たちが自ら素敵なロールモデルとして人生を生きていくことを応援したいと思います。

スポンサーサイト