FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

今度は自然体で

私は東麻布、麻布十番、六本木、私は20代後半から30代、そして40代前半まで住んでいました。オフィスは、南青山、六本木。デートする相手はエグゼクティブクラス、独身ベンチャー経営者・。TVドラマのようなキャリアウーマンのライフスタイルを手に入れることを一つの目標にしていて、その生活を自分の力で手に入れました。
六本木の15階のマンションでの生活は、私の生き方そのものを象徴するものでした。

でも今考えると、それはバレエでトゥシューズで、思いっきりつま先立ちするほど無理していたように思います。どこか、カッコいいけど寂しい。

「生きている」というより「演じている」ような感じでした。

それから、目黒での4年半は地上に戻った時間。3階で静かで落ち着いた場所でした。それは自分自身をしっかりみつめ、自分の本質を知る時間だったのかもしれません。

そして今回の引越し先は26階。今日で3日目になりますが、不思議なくらい自然で馴染んでいます。3日目の窓から一望する夜景は、なぜか昔懐かしくさえ感じます。気負いも何もない、まるで噴水で持ち上げられてここにいるような、そんな感じです。

どうやら、ようやく等身大の自分に相応しい生活を自然体でできるようになったみたいです。自分がほっと安らげる居心地の良い場所をみつけたという感じです。
この夜景、昼間の景色を見るために私は引越しをしたのかもしれません。

スポンサーサイト