キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演『魅力あるリーダーが持つ人間力とは』 後編

いよいよ講演当日。第二部で講演する私は、イベント開始の2時ギリギリの到着でOKと言われていたので、カレーバイキングのランチを食べて、体の中のエネルギーを全開、モチベーションをぐんと上げるべく、会場に駆けつけた。

入り口で待っていた、庄司営業部長は、
「僕と植田さん以外は、皆すごく緊張してますよ。真顔ですよ。」
おっと本当だ、今日は道場メンバーに更にサポートする会社のメンバー達が、引きつった笑顔をしながら接客している。真剣そのもので、お客様に対応している。私はこのイベントを終わる時の皆の笑顔を見たいと思った。

講演の部屋の一番後ろの席に座って出番を待った。部屋に窓がない。照明はちょっと暗い。そして司会の佐々木さんのトーンはいつもよりも低め。40代50代を中心とする人事、研修、経営担当者が聴衆のせいかもしれない。第一部の中田先生の講演は素晴らしい。ただし硬い話だ。私は自分の第二部が始まる直前の重苦しく硬い空気に私は窒息しそうな気持ちになった。大丈夫だろうか・・・。ここで私が緊張してどうする。

休憩の15分間に山田さんと会話をする。真顔の彼に向かって、

私「朝、突然いれたスライド2枚・・・もしかしたら、例によっての誤植があるかも。それもかなり危険なワードで。」
山田くん「うう、うそでしょう。笑えませんよ。確認しましょう。」
彼が少し笑った。私も笑った。

私「それと、バンケットでコート預けたときのカードなくしたみたい。今、捜索隊を出しているんだけど、みつからないわ」
ごそごぞハンドバックを探している私を見て、
山田くん「パソコンのバックのほうも捜索隊出しましたか?」
彼の表情が緩んだ。いつもの優しい笑顔だ。私の心は急速にリラックスした。さあ始めよう!

私の1時間の講演はあっという間だった。受講者の方々は講演なのに何度も手を上げさせられたりして、眠る暇は無かったようだ。最後は笑っていた。さあ、この後だ。
山田くんが研修と商品の説明をする10分間だ。すっと入り口のドアが空いて、受付をしていた道場のメンバー達が皆入ってきた。彼を見守るために。

山田くん、あっ、緊張している。やっぱり・・・。あっ、でもいい感じになってきた。なんか自然体になっている。そうそう、すごい。なんか本当にいいじゃない。彼の説明が終わったときに拍手が沸いた。私はとっても嬉しくなった。

さあ最後の私の役割は講師名刺交換。並んでくださった受講者の方との名刺交換はとっても大切なこと。でも次々に名刺が・・・どうしようと思った瞬間に、臼井さんが隣にいた。私から名刺を受け取り、また渡してくれる。あたかも私の心の中を知っているように、当たり前のような感じがとても気持ちいい。

そして、本当の最後、撤収して帰ろうという前に庄司さんが半ば放心状態に近い山田くんに言った。
「山田くん、皆を集めてちゃんと一言言わなきゃ」
山田くんの締めの言葉を聴きながら、道場のメンバーだけでなく、そこにいる人達の心のつながった笑顔が見れた。これを私は見たかった。

私は帰りがけに思った。この「人間力」の講演を1年前私ではできなかったに違いない。「人間力」とは、心を使うこと。心を使うコミュニケーションの重要性を教えている私にとって、今まさに人間力の溢れる人達と一緒に仕事をしていると実感する。だからこそ、私はもっと頑張れる。今なら私は自信を持って、このコースを、自分達で体現していると言える。そしてその必要性を多くのビジネスパーソンに伝えられる。

スポンサーサイト

講演『魅力あるリーダーが持つ人間力とは』 中編

講演前日の夕方、山田くんが私のところにやって来た。

「明日の植田さんの後の、研修に関しての説明、僕がやることにしました。何を説明するか、今まとめています。すげぇ、緊張しています」

私の目の前に座っている佐藤ちゃんがそれを見て微笑んでいる。佐々木さん、臼井さんの道場面メンバー達も微笑んでいる。後ろに座っている庄司営業部長が思わずちゃちゃを入れた。

庄司さん「植田さんは緊張してるんですか?」
私「ぜ~んぜん。いつもと同じ。なんで?」
山田くん「120人ですよ・・・」

確かに120人は多いかもしれない。でも私にとっては1人も120人も同じなのだ。いつも真剣に相手に向き合う。私の全てを出し尽くす。そしてホンネを見せる。そして伝える。それしかない。
そのとき、明日の講演の参加者のことで確認したいと誰かが言った。
「それは私にはわからない。明日のイベントのすべての仕切りは山田さんよ。私はその中で役割を果たすだけ。」

道場メンバー達が笑った。でも本当にそうだ。私は明日の講演の主役じゃない。皆と同じように私の9役割を果たすだけ。ますます明日が楽しみになった。プレゼンテーションももう一ひねりしよう。

講演『魅力あるリーダーが持つ人間力とは』 前編

先週あたりから、道場メンバーを中心とした研修&営業チームの皆の顔が真剣さを増してきたのを感じます。疲れているし、ピリピリしているし、目が血走ってきている。それは明後日の11月30日の4時間のセミナーイベントのためだ。当初の予想を大きく上回る申し込みで、急遽スクール形式からシアター形式、それでも満員御礼の120名だ。

その中でも一番緊張しているのは、研修担当の山田マネージャーだ。彼はこのセミナーの運営の全てをみなくてはならない。企業セミナーはもとより、過去の小規模のセミナーや講演は数々この1年やってきたものの、今回のイベントは私達の会社としても大きなイベントであり、大切なイベントだ。いつもは関係重視型の笑顔の絶えない、風車のヤヒチこと山田くんがにわかに厳しい顔をしている。

社内でのミーティングを終えた私に、彼は当日のスケジュールを説明してくれた。そして私は講演の後の、研修の説明のところに社長の名前を見つけて質問をした。

私「なんで、私の講演の後の、研修の説明をあなたがやらないの?」

山田くん「いや、僕は当日の運営の責任者で、裏方を全部みなきゃいけないし、何かあったときのために・・・」

私「ふ~ん、そうなんだ。私は今回の講演の内容って、道場のメンバーと共有してきた大切な想いを伝えるつもり。そしてその想いを分かっている人がその後をまとめて欲しいと思ったの。それは道場のメンバー、今回だったら、当然、あなただと思った。」

山田くん「いや~、それは確かに、でも・・・」

彼の困った顔を見て、言い過ぎてしあったかなと思った。私の言葉は時として、メガトン級のパワーがあるから。でも、私は本当に彼がイベントの最後をまとめて欲しかった。それを見たかったのかもしれない。

「あなたが自分で決めて。私はあなたが決めたことを支持するわ。何しろ、明後日は頑張るから!」

最後にそう彼に言い残し、オフィスを出ながら私は気づいた。
想いを伝える講演なんだから、あのテキストのままじゃ駄目だ。私は自分がどうやって想いを伝えようか、私の右脳が急速に周り始めたのを感じた。

ビーナスの誕生

彼女に初めて会ったのは10月10日の日経BP社主催の『女性を活かす組織潰す組織』のセミナー講演会の場面でした。120名を超える参加者の中から、最後の名刺交換の時に、「社内でダイバシティーを担当することになったので」すごく情熱を持って私に感想を話してくれました。すごく頑張っているビジネスウーマンなんだなというのが最初の印象です。

そして、2回目はそれから約1ヶ月後のキャリアセレブサロンでした。前にも増して、自分の思いを私に語る彼女の姿は、肩に力が入り頑張り過ぎてパンパンになっている状態でした。

「私が一生懸命言っているのに、周りの男性は理解してくれない。
 頭の硬い男性達では女性の気持ちがわからない。
 絶対に私のほうが正しいのに・・・。」

ダイバシティの実現、女性が活き活き働く職場にしたいという想いが、まさに空回りしているように見えました。管理職のポジションで転職をし、男性社会で見劣りしない成果を早く上げたいという気持ちも見ていて痛々しいほどわかります。そうすれは、私も30代で経験したあの気持ち。
「あなたの言い方では、あなたの想いは伝わらないかも。男性は敵ではないのだから。戦ってボロボロになってもしかたがない。」私が彼女に
伝えたメッセージです。
サロンの帰りがけ、彼女は微妙な表情でした。半分力が抜けたような、ちょっと涙ぐんだ・・・。どんな想いが彼女の中で駆け巡ったのか想像はできませんでした。

そして、今日、私は営業部長の庄司さんと一緒に彼女のところに研修の打ち合わせで訪問しました。ちょっと心配になった私は庄司さんに言いました。
「先方の担当の女性は、とってもやる気があって優秀な人だけど、ちょっとアグレッシブさがあって、びっくりするかも。特に相手が男性だと。だから宜しくね」
ちなみに庄司さんは、はんぱじゃなく渋いマッチョな強持てのボディーガードです。

受け付けで待っていると、とっても優しい笑顔をして美しい女性が、上司を伴なってやってきました。えっえっ~!まるで別人のような印象ですが、まさしく彼女です。厚い鎧の下には、本当に女神のようなビーナスがいたのです。なんて素敵なんでしょう。
打ち合わせは非常に和やかに、そして前向きに進みました。私は最後に思わず彼女に向かって言いました。
「あなたは、この前と別人のようよ。びっくりした。とても自然体で素敵だわ」

すると彼女からこんな言葉が戻ってきました。

「この前のサロンで気づいたんです。ダイバシティとは男性社会と戦うのではなく、男性と女性が理解しあえる世界を作っていくこと。男性だけ変われじゃなくて、女性からも歩み寄らなきゃいけないって。だからこのプロジェクトに上司も巻き込んでしまったんですよ。」

彼女が隣の男性上司を笑顔で見ると、彼も微笑み返しています。そこには、信頼関係が見えました。
私は、この会社のダイバシティのプロジェクトを本気で手伝いたいと思いました。帰りがけ庄司さんが、ひょうし抜けして蜂蜜を抱えて舐めながらのように、
「構えて行ったのに、とっても素敵な女性じゃないですか?優しい笑顔で、はっきり意見を言ってくれるし、話やすいですよ」
そう、その通り、それが彼女の真の姿だったのです。
企業で女性としての優しさをベースに自然体で頑張る女性リーダーが増えたら、会社はどんなに素敵になることでしょう。

15人の美しい涙

女性リーダー育成セミナー2日間コースの後の、個人キャリアカウンセリングの2日間が終わりました。28人の女性との30分対話です。コースの気づきや、自分のテーマを話していただく大切な時間ですが、男性の場合よりも女性のほうが、心を使うことが上手なのでしょう。自己開示も早く、私に心のうちを見せてくれます。

仕事の悩み、人生の悩み、夢、希望・・・
コミュニケーション、リーダーシップ

多くのことを気づき、今まで自分で気がついていなかった心の奥底の痛みや、悲しみ、怒り、優しさを、涙と一緒に見せてくれました。

女性達の心の柔らかさ、敏感さは、男性とは違う素晴らしいものです。彼女達が女性の心配りの豊かさを活かしたリーダーになることを応援し続けたいと思いました。

関西レディースセミナーでの驚き

大阪で7つの労働組合が合同で開催のレディースセミナーで講師をしました。実はこれは今年5月にやったものの大阪版のリクエストです。東京では30名参加が、大阪では60名を超える参加者です。前回もとっても素的な研修になったのですが、今回はそれをすごく上回った素晴らしいものでした。理由はカリキュラムを企画運営した3人の女性達の活躍にほかなりません。本当にヴァージョンアップです。

自分達で作る、女性セミナー。その企画運営の3人の想いが皆に伝わっていきます。私のカリキュラムの後の、事例紹介&グループディスカッションでは、60名の参加メンバーの中から、選ばれた活躍している2人の女性の実体験の共有です。私はこれに驚きました。私が教えることの何倍もの迫力です。等身大で頑張っている仲間がいる・・・これほどの刺激はありません。彼女達が現実にここまで来た苦労、そして今現在の悩み、本当にリアルでした。

彼女達こそがロールモデルという存在なのでしょう。女性達が選ぶ、女性の理想像は、本当に自分もそうなりたい、そうなれる、そういう身近で輝いている存在でなければならないのです。私は感動しました。

そして、帰りがけ運営メンバーの1人がこんなことを言いました。
「前回のセミナーの運営をやり先生のお話を聴いてすぐに労働組合で従業員のキャリアのことを考えるなら、キャリアカウンセラーの勉強をする必要があると思いました。そして先生と同じ資格を取りに行き、実は9月に試験を受けて合格したんです。今日の企画は、そこで勉強したことを少しでも反映できたらと思ってやりました。」

なんて素敵なのでしょう。まさしく自立し自分のキャリアを育んでいる素敵なキャリアセレブです。私はこういう女性が増えるこを、ずっと応援していきたいと思います。

女性リーダー育成セミナー

日経BP社主催の「女性リーダー育成セミナー」20代~50代の31名の女性達が参加。平均年齢33歳くらいでしょうか?たぶん、彼女達が、日経ビジネスや、日経アソシエの読者とは思えません。たぶん、上司や、研修部から声をかけられた参加者が半分以上。現時点で部下をもっている人が半数。後の半数がリーダー候補と期待されているメンバーのようです。日経BP社の公開セミナーは2日間で9万円と、かなり高額なために、企業負担で参加する方が男性の場合もほとんどです。

しかしながら、男性を中心としたセミナーと今回は大きく違いました。それは、参加者の真剣度と、積極性です。そしてモチベーションの高さです。私は毎回セミナーの頭にこんなことを言います。
「皆さんのここ最近のモチベーションはどのくらいですか?0~100まで、10ポイントずつ上げていくので、自分がこのくらいかと思う時に手を上げてください」

★10~70で、平均が40くらい★
これは30代~40代の男性がほとんどの参加者となる管理職向け「モチベーションリーダーシップコース」は公開セミナーでも企業セミナーの状況です。

★40~100で、平均が70くらい★
うわっと思うほど、今回は高いものでした。

カリキュラムの中ににある「ストレスマネージメント」のポジディブシンキングのエクササイズでは、ポジティブ意見が目白押しです。

ここに参加してくれた女性達が、今の働く女性達の縮図だとしたら、日本の未来は相当明るいぞ!と感じます。彼女達が、本当にそのモチベーションを維持しながら、リーダーシップを発揮し、組織を会社をリードしていってくれることを応援していきたいと思います。

第5回キャリアセレブサロン「会社サバイバル術」

今週は、女性関連の仕事やライフワークが目白押しです。
今宵は私のボランティアコミュニティー活動★キャリアセレブサロン★です。9月から月1~2回の活動で第4回目です。テーマは「会社サバイバル術です」

サバイバル=異常な事態の下で、生き延びること。そのための技術。

ということは会社はジャングル?それともオアシス?
やっぱりジャングル?やっぱり、ライオン、虎、蛇、毒雲などいそうですよね・・・

会社でのサバイバルな状況とは?

1 男尊女卑の権化やセクハラな上司
2 セクハラで迫ってくるクライアント
3 足を引っ張る男性、女性の同僚達
4 寝首をかき、スタンドプレイをする部下達
5 予期せぬ大失敗

これは私がくぐり抜けてきたサバイバルな場面です。そして、それをくぐりぬいてきた私は、立派な猛獣に育っていたりして・・・。いえいえそんなはずはないと信じたい(笑)

第4回女性を活かす組織情報交換会

この情報交換会も、なんだかんだと今回が4回目です。連続参加の方も荒れば、初参加の企業の方もいらっしゃいます。初対面で6社7名の方々お集まりいただきました。前回同様、最初の20分ほどは、全員ぎこちない笑顔で当たり障りのない発言です。

2時間後、
「うちの経営トップつまり社長は非常に前向きですが、その下の役員は1人を除いて、全員女性が活き活きということに対しどうでもいいと思っている節があります。」
「女性の意識はどんどん変わって欲しい。たで自分達は変わるつもりはないとい男性管理職ばかりです。」
「頑張る女性に厳しいのは、実は男性管理職より、男性のような女性管理職達なんです。」

次々に出る本音ベースの会話から、女性を活かす企業になれない、まさに問題点が浮き彫りになってきます。

問題の経営陣、男性管理職、女性管理職をいっきに集めて、意識改革のシンポジウムでもやろうか・・・と本気で思ってしまいました。
でも、この地道な活動こそが、明日の未来を作ると信じて今は進みましょう。

17人の若きリーダー達

モチベーション・リーダーシップ2日間コースの今回の受講者は、30代の若いリーダー17名の研修です。一番若い方で30歳、でも彼らはリーダーとしての責任の大きさはただものではありません。彼らは100人以上の正社員やパートタイマースタッフを抱えるスーパーマーケットの店長なのです。店長暦数年の方から、1年未満の方までさまざまですが、抱えている問題はたくさんあります。お店の売り上げ、スタッフのマネージメント、トラブル対応、売り場で欠員が出ると、自らがそこの現場を手伝うこともするそうです。長時間営業の傾向のある中、店長は24時間体制で、仕事、お店のことを考えています。

そんな中、彼らが目指すお店の目標は
★正社員、パートタイマー関係なく、皆が職場で活き活き充実感をもって働きながら、お店の業績も出せていること★

2日間のコースの最後に一人一人がコメントを発表しました。

・心を使うことがリーダーシップに重要なことを知りました。頭だけじゃ駄目なんだ、明日からでもすぐにやります。

・今までのリーダーシップが部下を傷つけたり、周りのモチベーションを下げた場面もあったことに気づきました。明日からすぐに変えていきます。

・自分でできてると思い込んでました。EQみたら全然だめ、だから気づいたところから、すぐに実践していきます。

・ショックなことがあってモチベーションが下がっていました。でも自分のモチベーションが周りや店のモチベーションにも影響することを知り、自分のモチベーションを上げ周りを上げていきます。

・リーダーシップに「聴く」ことなんて必要ないと思っていました。でも「聴く」の体験で気づきました。その大切さを。明日から部下の話を「聴く」時間を作っていきます。

・僕が人間力を使ったリーダーシップをどんどん実践して、周りにその大切さを伝えていきたいと思います。

17人の若きリーダー達は、私が驚くほどの気づきとともに素敵な宣言をしました。きっと彼らのお店はどんどん変わっていくでしょう。私も素敵なリーダー達の未来にエールを送り続けます。

心が開く瞬間

私のスペシャルヴァージョンの「モチベーション・リーダーシップ3日間コース」研修を受講した方々との再会。今回は、1対1で私と30分お話をしていただく、個人カウンセリングです。
テーマは、1ヶ月の振り返りでもいいし、悩みやストレス、夢、目標、何を話してもいい時間です。私はそのお話をカウンセラーとして、コーチとして聴く時間です。

私はこの時間がとても好きです。理由は、研修中はどうしても1対大勢の関係です。どんなに、受講者ひとりひとりに意識を向けようが、それは
10分の1であったり、20分の1、40分の1のこともあります。だから、どうしても、一人一人の微妙な心の動きを気づかないこと、見えないことが出てきてしまいます。でも、今日は100%、向き合った相手に集中することができます。心を全開にして、1人を受け止められます。

前回も3日間も一緒にいたので、私との信頼関係は思った以上に深まっていたのでしょうか、いきなり本音でお話をしてくれます。
・号泣された方がいました。
・静かに涙を流された方がいました。
・1ヶ月の自分の変化を嬉しくてしょうがないように話してくださった方がいました。

そして、一番嬉しいのは前回では、私との距離感も含め、心が閉じている方が、話されている途中に突然に、自分の本当の気持ち、内側を見せ始めてくれる時です。まさに「心の扉」が開く瞬間です。

私は多くの人の「心の扉」の開く瞬間に立ち会ってきました。そして、そのたびに、人が好きになります。人を信じる気持ちが強くなります。
今回は、そんな気持ちが益々高まる素敵な1日でした。本当にありがとう。

植田一座の初巡業


1ヶ月前、私のモチベーション・リー3日間を受けた方々に個別キャリアカウンセリング25分アフターフォローの1日です。

私は丸8時間で16人×2日間ぶっ通し。2日間セミナーを週3回は珍しいことではありません。私がカウンセリングしている間の15名はほったらかしでは困ります。最初はEラーニングで展開する予定がクライアントのパソコン接続状況が無理ということで、これは絶対絶命です!
そこで、道場総出で力を結集して4時間でやってみようということになりました。

道場メンバーは講師デビューを次々にしています。しかし、このように全員が力を合わせてやるということは初めての試みでした。1週間の準備期間の中で、夫々にいろいろな想いが駆け巡りました。そして、現地集合の道場メンバーはやや緊張しているようです。

実は、私は心配していませんでした。だって、今の皆の個々のスキルや経験、そしてチームワーク力なら、絶対に大丈夫と・・・。カウンセリングの空き時間も私は研修風景を見に行きませんでした。もちろん見たいという気持ちは強くありました。でも行かないということが、信じていることだから。

最後に5人で頭を下げたときに見た受講生の顔に、満足の笑みが溢れていました。今日は5人の力で仕事がやれた最高の研修でした。

3連休の中日を返上しても

今日は、ある企業のグゼクティブクラスの1日研修でした。本部長、部長クラスの40代、50代のVIPの方々です。
テーマ「人間力アップ1日コース」
3連休の中日に、9時~18時の1日拘束の研修スケジュール。週末や平日の感覚が麻痺している私にとってはなんともありませんが、受講者の気持ちがちょっと心配です。朝の皆の顔からは、今ひとつ表情が見えません。しかも私の2日間のモチベーション・リーダーシップコースを忙しいエグゼクティブのために、ポイントを凝縮したかなりの濃度です。

★自分と人の心を知る
★心を使うコミュニケーションをする

「人間力」は、心遣い、心配り、EQなどと訳されますが、もともと、私達が持っているものです。それが、成果主義、能力主義の中で、頭と使うことばかりで仕事をするようになり、心を使うことを忘れてしまっているビジネスパーソンがたくさんいます。そして、心がくたびれ、心を痛める人達が増えています。だからこそ、エグゼクティブの方々の人間力が部下達の心を支えます。

コースが終わった18時、上気した優しい笑顔と、互いに自己開示しリラックスした部屋の雰囲気に、皆の人間力が開花した・・・そんな感じがしました。3連休の中日だからこそ、かえって良かったのかもしれません。
来週からの人間力リーダーの活躍が楽しみです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。