キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の悩み、ストレス

キャリアカウンセリングを年間1000人近くの方にしていますが、その30分で相談される内容というのは、大きく3つに分かれます。

まずは純粋に仕事や会社に関することをテーマにされる方で、全体の3分の1くらいです。20代の方は、特に仕事上の上司との人間関係や、仕事量、質などで悩んでいます。

30代の方は自分の人生そのものについて相談される方が多くなってきます。特に40歳前後の方は、このテーマで数年悩んでいる方もいます。これも全体の割合の3分の1です

残りの3分の1は何かというと、親、妻、子供などの家族に関しての悩み、自分の体調、健康に対しての悩みです。そして、もっとも悩ましいのが、この最後の悩みです。大きなストレスとなり、このことで仕事だけでなく、人生を生きるモチベーションが下がっている方がたくさんいます。なぜなら、一番解決することが難しく、問題が長引くことがままあるからです。そしてこのような悩みやストレスを一番抱えているのが40代なのかもしれません。

かくいう私も昨日今日と休暇をとって75歳の母と一緒に、お役所(区役所、税務署、社会保険事務所)と、銀行5ヶ所にいろいろな手続きで周りました。父が脳梗塞で倒れて2年以上が経ちました。一時期は母と一緒に老人向けのマンションに住んで、ヘルパーさんにサポートされながら暮らせるようになりました。しかしこの春に、再度父が倒れ大腿骨を骨折、骨折の治療が終わったものの、リハビリ病院生活が続いています。2日間母と過ごし、話しながら、今後の家族の生活やあり方を深く考えました。でも、何がベストか結論はありません。とにかく頑張ろうねと母と励ましあい別れました。

正解や結論がすぐに出せない人生のテーマはたくさんあります。それを背負いながら生きる、人生はまだまだ長いです。

スポンサーサイト

女性を活かす組織情報交換会

関西3日間の仕事を終えて、今朝の新幹線で東京に戻りました。
今日は「女性を活かす組織づくりの企業情報交換会」です。10月10日の「女性を活かす組織、潰す組織」の講演セミナーに参加された方々の中で更に興味をもたれた方々が、15人集まってくださいました。

モチベーション研修では、個人の自己開示が非常に大切なのですが、この場でも同様です。初対面の方々を前に、自社事情をお互いに何処までお話いただけるかがこの会のポイントです。ファシリテーターとしては、皆さんがリラックスして、本音で話していただけるようにリード&サポートをしていくのですが・・・。

「正直、私の企業は・・・・」
「ちょっと恥ずかしいのですが・・・・」
「本当に日本の男性社会の体質が・・・・」

2時間後・・・。
とても濃密で意義のある情報交換会になりました。そ
その後の名刺交換、そして自然発生的に始まったメーリングリスト、なんか「女性を活かす組織づくり」を、お互いの経験を活かしつつ、社会的な動きとして進んでいくんだという、頼もしい気持ちになりました。
次回以降の、情報交換会がとっても楽しみです。

400の熱い視線

関西生産性本部の撰壇塾ということろで、今夜は講演でした。自主的に参加される公開セミナーで200名近い方の参加ということなので、私としてもかなりドキドキ、会場の様子を聞けば、70%が男性、年代は20代~50代まで、会場は満員御礼状態だとか。

今日の講演のテーマは、2時間講演で私自身も一番好きな

★モチベーション・リーダーの条件
~自分と他者のモチベーションの源泉“心のエンジン”を知る~

これが好きな理由は、後半は受講者参加型で大移動があったり、隣の人と話すワークがあるからです。でも今日はどうでしょうか・・・。

200名の方が大移動していただきました。またグループワークも盛り上がっていただき、若干はしょらなくてはいけない90分のセミナーでしたが、大学生から、経営者の方まで積極的に質問もしていただきました。会場の熱気もとてもいい感じで、私もいい汗かきました!

30分以上、名刺交換もさせていただきましたが、時間切れになってしまった方ごめんなさい!またの機会があればお目にかかりましょう。

働き続けるモチベーション

私はビジネスパーソンのモチベーションやキャリアをテーマに研修セミナーを数多くしています。いろいろな年代の方々が対象となるのですが、今回は、「役職定年を迎える方に対しての、モチベーション&キャリア」研修でした。

ダイバシティーというと、組織の女性の活かし方が最も注目されていますが、それと同様に今後テーマになるのが、シニア層のことでしょう。定年は60歳、しかし、役職定年はたとえば55歳。つまり55歳からの5年間は、それまでの役職のポジションを離れ、1社員として働く。これは、多くの企業で怒り始めたことです。近い将来、定年延長は更に進み、もしかすると定年という概念がなくなるかもしれません。

★働き続けるモチベーション

私は38歳で2度目の起業・独立した理由が、これで一生働き続けられると思ったからでした。自分が社長なら定年はありません。生涯現役が私の夢です。しかしながら企業で「定年まで頑張る!後は年金でゆっくりと・・・」と頑張ってきていた人にとっては、違います。
役職定年ということが人の心に与えるインパクト、私自身の実体験が無いだけに、そのインパクトと今後の大きなテーマを感じました。

大阪で「女性を活かす組織、潰す組織」講演

今日は大阪で「女性を活かす組織、潰す組織」の講演セミナーでした。このテーマ、関西ではどうなのでしょうと思いつつ、50名を超える人材開発、教育研修部門の参加者の方々で10月10日と同様に半数が女性でした。

途中で手を上げていただきながら、お話を進めていくうちに分かったのは、かなり真剣に取り組まれている企業が多いことです。実際に施策をスタートさせているところも何社もありました。

そして質問時間、手が上がるのはほとんど女性です。
講演後、私との名刺交換をされた20名近い方々も、ほとんどが女性・・・。女性を活かす組織を、女性自らがリードして作っていく傾向、非常に素晴らしいなと思います。

しかしながら、それを横目に、アマゾネス軍団ができたらどうしようと若干の心配をしている男性達の顔も、印象的でした。

第3回キャリアセレブサロン「結婚術」

9月から始めたキャリアセレブサロンですが、昨日で3回目です。
今回は土曜日開催なので、ワインなどもたしなみながらテーマは、「結婚術」です。

「結婚」経験がある女性メンター5人がメンバーの質問に答えます。しかしながら、そのうち3人は離婚経験者です。つまり今の状況では独身。もちろん私もそのひとりなのですが、どうしても結婚術のはずが、離婚の話で盛り上がりそうになります。そこで軌道修正。

私達、結婚経験のあるメンター達の共通意見。

1「結婚」は是非、一度はしたほうがいい!
   ・他人と一緒に暮らすという経験は重要。
   ・仕事だけの人生にならずバランスを考えるようになる
   ・人の気持ちを思いやるようになる

2「出産」は素晴らしい経験 (子供のいるメンター3人)
   ・子供を産むことで人生観が変わる
   ・結婚よりもかけがえのない重要な体験
   ・出産は30代前半までに初回は経験したほうがいい

女性は「仕事やキャリア」と「結婚」「出産」のタイミングでよく悩みます。仕事はいくらでもチャンスを探すことはできますが、実は「結婚」や「出産」のタイミングこそ、自分でコントロールできるものではありません。選択する場面で両方を同じ天秤にかけるのではなく、自分の長い人生のなかで、判断をしていくのが大切なのかもしれません。

WPCエキスポの女性フォーラム講演にて

ビックサイトのWPCエキスポの女性フォーラムで昨年に引き続き講演をしました。今年は、女性ビジネスリーダーのためのソリューションセミナーと名づけられており、昨年は80名くらいの集客が、今年は申し込みが殺到で180名という超満員状態に、いささか驚きました。世の中の企業が女性活性化に必死に取り組む中、確実に女性は活性化して、元気いっぱい行動し始めているのかもしれません。

http://expo.nikkeibp.co.jp/wpc/forum/index.html#S1

私の演目は「キャリアセレブ度チェック」です。
★キャリアセレブ
 = 自分の力で自分の目標とする人生を実現する、優雅で知的な女性達

今回のために、書き下ろした?チェックリストをもとに、40分強の講演をしました。
Q1 占いを信じているか?
Q2 シンデレラストーリーを信じているか?
と柔らかい質問から、
Q10 自分の人生プランを考えているか?

と10の質問に答える中で、キャリアセレブ的生き方をするためのポイントをお話してみました。
そして最後に彼女達に伝えたいメッセージは、キャリアセレブへの道は一人で目指すより仲間が大事。「自立」と「共鳴」

どうやらそのメッセージが伝わったらしく、講演後の懇親会会場に、これまた溢れるばかりの人達が移動し、いきなり初対面の人達が話はじめ、名刺交換をしています。会場の温度が5度くらい上がったように感じました。このパワー、ちょっと男性なら驚いてしまうかもしれません!

龍城ギャラリー

昨日、私の心のエネルギーをくれた若干25歳の若手書家を是非ここで書きたくなりました。
これが彼の作品を扱った、Webでのギャラリー。
http://blog.livedoor.jp/sho_art/

彼との出会いのきっかけは今から4年前の10月の、私の母校筑波大学での学園祭でした。私は大学のシンポジウムのパネラーとして出席しました。このパネルでも素晴らしい方々との出会いがあったのですが、その後に、大学の後輩にあたる書家の卵達の展覧会を見に行きました。

20年前おさほど変わらない、キャンパスの書室には在校大学院生、大学生の作品が並んでいます。学園祭なので、作品の大きさは畳1畳を越えるような大きさばかりです。そんな中で、ある掛け軸作品を見た瞬間、私の足はぴたりと止まりました。

「蔵輝」

2文字を大きく書いた作品ですが、それを見た瞬間に体中の血が逆流し、動けなくなりました。そして、そのまま受付にいた学生に、
「私は書専攻のOGだけど、この作品を書いた人に私が欲しいから買いたいと伝えて。この名刺渡して、連絡して欲しいとと伝えて」
と言い、3ヶ月後に本人に会い、その掛け軸を直接受け取りました。

作品の意味は、輝きを内に秘めるということです。素敵な言葉です。ともすれば、見栄っ張りな私にとっては、自分の心を清らかに保つためにも素敵な言葉です。「言霊」と書風が全て一体感をもって融合している最高の作品です。彼の作品は、それからずっと、私の玄関の入り口にかけられています。私は会社に行くときと、帰るときにこの作品に向き合います。

それから数年が経ち、8月にたまたまメールをもらい、今回、再会です。私は今まで1つしか彼の作品をみていないのですから、本当に期待していきました。そして、その期待は裏切られなかったどころか、更に感動をしました。彼のアーティストとしての純粋さ、感性、全てが私が憧れるものであり、尊敬するものです。私が芸術家を目指していた、20歳の時に大切にしていた原点がそこにあるのかもしれません。日々ビジネスの中で、忘れてしまっている、感性、創造性、個性・・・、それを彼の作品、そして彼との会話が私の中で蘇ってきました。

今回、彼の作品を更に購入しました。たぶん、年内に私の部屋に新たなエネルギー源が増えることでしょう。

名古屋への1Day Trip効果

私は自分の仕事はセミナーも講演も、キャリアカウンセリングもコーチングも大好きです。これを嫌だと感じたりすることはありません。それにともなう会議関係は、心の中で黄色信号が出ることもあります。知らず知らずに溜まる、疲れやストレス。

でもこれには解消方法もあります。ジムで泳いだりヨガをする、美味しいものを食べる、美味しいお酒を飲む、カラオケで思いっきり歌う・・・。確かにこれらはリラックスできたり、ストレスが吹き飛んだりします。

でも、今の私の心は、ストレスや疲れではない、心の空虚さを感じていました。新鮮な刺激と感動を渇望していました。つまり、心が充電を必要としたのでした。

そして私の場合の充電方法は芸術、Artです!芸術作品に触れることが私の一番の充電です。絵画も好きなのですが、やはり自分が一度は芸術家を志した、「書」は特別です。
ということで、かなりヘトヘトな体に鞭打って、新幹線に飛び乗り名古屋で開かれた若手書家の個展に出かけてみました。
そして、帰りの新幹線、私の心は充電されビリビリ震えていました。

女性のリードと笑顔の素敵な会社

金土の泊りがけで、ある企業の管理職向けに「モチベーション・リーダーシップ2日間」をやりました。
この会社とのご縁は、3年以上前になります。私のことをWebで見つけた名古屋の営業所の課長の女性が、「女性社員のキャリア研修」の講師にといきなりメールをいただいただきました。
そして、実施しました。当時、その会社では初の女性取締役が誕生。そして自ら人事担当でいらしたので、いつか会社の男性達、特にトップから全員受けてもらう機会を作りたいわと。

それから3年、本当にそのお話が実現しました。
今回は社長、専務、常務、事業部長、営業所長、組織の次長クラスあたりまでの24名の方が対象となりました。年代は30代もいらっしゃいますが、50代が中心。24名の中に女性は4名でした。3年ぶり、この年齢構成に、私はどのような研修になるかちょっとドキドキしていました。

でも初日を終えての感想は、非常に上下、横の信頼関係がある会社だと感じました。理由は、全体的に笑顔が多いということ。笑顔が多いということは非常に大切です。
  ・組織の雰囲気が明るい
  ・コミュニケーションが活発で、何でも言い合える信頼関係
  ・ポジティブに、目標、物事に取り組んでいる

2日間の研修を終えて、参加した経営幹部の方々も含めた男性受講者の「良かった!」「面白かった!」という声に
「だから、早くやろうと言っていたじゃないですか?言ったとおりでしょう!」
と答える女性達が誇らしげな笑顔が印象的でした。

週末返上の疲労感を感じながらも、女性が社内のリードをし、笑顔が溢れている・・・今、多くの日本の企業が目指したい会社の姿を見つけたような気がしました。こういう会社が増えればいいなと思いました。
 

キャリアセレブサロン 第2回

昨夜、キャリアセレブサロンの第2回を開催しました。前回に引き続き15名の方々にいらしていただきました。ロールモデルとなる女性メンターが6名、キャリアで輝く女性を応援したい男性サポーター2名に、女性達が8名です。前回に引き続きの方もいれば、今回が初参加という方もいらっしゃいます。

第1回の開催から、よりサロンとしての運営を目指し、多くの方がここで素敵な会話の時間を持ち、刺激と気付きの場となるようにと・・・4つのテーブルに別れて、30分に1回の席替えタイムを今回は実施してみました。それでも全員とは話せないのですが好評の試みだったようです。

最後に参加した方々の一言スピーチが・・・。
「社外の素敵に輝いている先輩女性に出会えた」
「会社では言えない、悩みを話せて聴いてもらえて楽になった」
「エネルギーをもらえた・・・」

なんとなく、思っていた空間、サロンができそうな気がしました。
これから、どんどん進化させていきましょう。
次回は土曜日の夕方、ちょっとワインなども飲みながらです。
11月にはホームページも立ち上げます。
近い将来、サロンのこの部屋が満員御礼になるくらいになったら素敵だな・・・と本当に思いました。

「女性を活かす組織づくり講座」に120名以上の方々が

本日、日経BP社主催で「女性を活かす組織づくり講座」の2時間半のセミナーをやりました。このセミナーは当初80名を定員に募集をかけたところ、あっという間に満席になり急遽大きな部屋に変更して120名の方を定員としたのですが、それも満席になってしまい、満員御礼状態でした。

私自身事務局からそのお話を1週間前に聴いたときには、多くの企業が、このテーマに関して非常に関心が高く、しかも真剣に取り組んでいるんだなということを感じました。

今回は一方通行でお話をする形だったので、どのくらいの満足を皆さんにしていただけたのか、ちょっとわからないのですが、3つのことを感じました。

1 参加者の半数が女性
 これはとても素晴らしいことです。「女性を活かす組織」を考えた時 にこのバランスこそが大事です。組織や企業がこの問題に取り組むに は女性だけ、男性だけでは無理なのです。両方で一緒に考えていくこ とが重要です。

2 質問表がたくさん
 事前に記述式の質問表を配り、途中で回収しながら、最後参加者の質 問に答える時間をとったのですが、何しろ非常に多くの方が質問表を 書いてくださいました。残念ながら10枚ほどにしか答えられなかった のですが、明確に自社の問題を意識して参加されている方が多いとい うことは素晴らしいです。単に、世の中の流れを見ておくというので はなく、今企業まがまさに向かい合い、取り組んでいるテーマだとい うことなのでしょう。

3 全国から参加、自主的に参加
 講演の後に、多くの方が名刺交換に並んでいただいたのですが、驚く ほど全国から参加していただきました。福島、広島、京都、名古屋、 このセミナーを見つけて申し込んでいただいたようです。また、会社 に参加したいということを伝えて却下されたけれど、自腹で参加され たという方もたくさんいらっしゃいました。これは嬉しい反面、ちょ っと悲しいことでした。なぜなら、自主参加の方々は女性ばかりで、 却下したのは男性上司のようです。こういうところから、変化をして いくのが必要なのかもしれません。

講演をした私にとってもこのセミナーは、いろいろ考えさせられることが多くありました。私自身が企業のためにできること、女性達のために出来ること、更に掘り下げていきたくなりました。

「女性を生かす組織づくり」SNS立ち上げ

私自身、ブログをやったり、リアル&ネットの両方で活動するボランティアのコミュニティ活動を積極的にやっているのですが、SNSに関しては全く経験がありません。自分自身のブログに関しては、多くの方に呼んでいただく公開性で全く構わないと思っていることと、コミュニティ活動がメーリングリストを中心に行っているかもしれません。
でもSNSは、ネットの匿名性と、安全性を微妙にマッチさせた活動で、20代30代の人達の心を中心に捉えたということは、それなりの魅力があるのでしょう。もし、私が今もIT業界に自分が身をおいていたら、もっと積極的に研究するのかもしれません。

しかし、そんな私に、日経BP社ヒューマンキャピタルラボの方から、企業の人事/人材育成ご担当者向けのSNSを実験的に立ち上げるというので、そこでのコミュニティ活動をしないかというお誘いをいただきました。ちょうど、この「女性を生かす組織づくり」に関する講演型セミナーをいろいろなところから、要望されている時でもあり、また多くの企業からご相談をいただいている時期でもあります。企業の経営企画室、人材開発室で真剣にこのテーマに取り組まれている方との意見交換の場所として、是非盛り上げられたらと思っています。
私のブログをお読みいただいていて、このテーマにご興味がある方、是非ご参加いただけたらと思います。


ヒューマンキャピタルSNS
 ⇒登録はこちら https://hcsns.nikkeibp.co.jp

1.SNSにご登録いただけますか。現在どなたでもご登録いただけます。 
2.SNSご登録完了後に「女性を活かす組織づくり」というコミュニ
 ティにいらしてください。参加条件:自由参加で、メンバー以外にも 公開のオープンな設定です。

3日間のフルコース

私のカリキュラムは2日間コースで組み立てられています。そして1年後ぐらいに受けていただきたい、フォローアップコースが2日間。
ですから、2日間単位で仕事の山が終わる感じです。

今回のクライアントの会社はそんな私のコースを非常に気に入ってくださって、3日間間のフルヴァージョンをリクエストいただきました。

1日目  7時間 心のエンジン、心の能力EQ、7つのリーダーシップ
2日目 10時間 アサーティブな自己表現、心のプロセス
3日目  6時間 ストレスマネージメント、カウンセリング&コーチング実践

同じクラスの受講生に対して、3日間連続23時間のコースでした。
毎日、心を開いて、心を使って・・・。参加メンバーは、いつもと違うところを使っているのでとっても疲れたようです。仕事の時は、頭と体を使います。でも意外に心を使うことを忘れていたりします。

最後は全て終わったという充実感と、疲れと、軽い興奮状態に全員があったようです。私は全てのエネルギーを使い果たしました。
帰り道の山の手線の中、気が緩んだとたんに眠気が・・・あやうく降りそこなうところでした。
とりあえず、接骨院のマッサージに直行して、体の充電から始めましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。