キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エグゼクティブの方々との朝食講演会

関西の経営者、エグゼクティブの方々20名以上との朝食会&講演会。
定例的にされている講演会の最終回のゲストが私でした。
今まで講演された方々のプロフィールは、経済学者、大学教授しかも50代以上の方々ばかりです。
参加されている経営者の方々の平均年齢も、私の10歳以上上であることは確かです。

こんな講演なんて・・・。私・・・。

久しぶりです!
結構、ANAグループで働いていた、サラリーウーマン金太郎時代や、ITで独立した頃って、多かったんですよね。エグゼクティブの方々をお話をしたり、講演をさせていただく場面が・・・。そしてそれって、結構嫌いじゃなかったのでした。昔独立の時に、銀座のママから店を継がないと誘われたこともあったのを思い出します。
水を得た魚とまではいきませんが、かなり活き活き楽しく朝からお話ができたように思います。

でも、一緒に同行の営業部長はかなりの驚きです。いつもの活動的なパンツスーツで、ナチュラルメークの私とはかなり違ったイメージ。
真っ白なソフトの生地の、ロングタイトスカートのスーツは着物を意識しています。ちょっと巻いた髪、きっちりひいたアイメークも私なりの今朝の身だしなみでした。あまり見れない姿でしたね。

スポンサーサイト

キャリアセレブサロン 第1回

キャリアセレブな女性達のロールモデルやメンターをネットワークするコミュニティ活動をスタートをついにスタートさせました。4年ぶりに、ボランティアのコミュニティ運営にまた取り組みます。

今回は昔懐かしいメンバーと、更に新しいメンバー。そして、前よりも数倍も便利になったIT環境。これを使って、ちょっと素敵な女性達の部活をやっていこうと思います。

仕事の人間関係、プライベートの人間関係、そしてこのボランティアな社会的な活動での人間関係、自分自身のアイデンティティを確認する場所がまた一つ増えたような気がします。
とってもこれからが楽しみです。
ソフトに出来るペースで、でも世の中に素敵なメッセージを残せるようなことを目指して活動できたらと思います。

そんな想いを共有できる仲間が、今日は13人集まってくれました。
とても素敵な第1歩です。

素敵な女性たちとの再会の研修

今日が土曜日で、世の中が3連休だということを、ディズニーランドを通る電車の中で、出張研修ゴロゴロ(車でひっぱるカバンとパソコンバック)セットを持っていながら気がつきました。もう2週間以上休みがないので、完璧に曜日に麻痺してしまったようです。

でも今日は、ちょっと楽しみな研修です。今年1月に2日間コースをやった方々への、フォローアップ研修です。しかも、対象はとても元気で素敵な女性たちです。

30名近い参加者の半数が、前回の私の研修に出てくれています。その時の、懐かしい笑顔がたくさん私を迎えてくれました。今回は、EQやストレスマネージメントを中心としたコミュニケーションのカリキュラム。嬉しいことは、前回のコースを覚えていていくれたり、私の本などもしっかり読んでいてくれました。

研修の時にとても盛り上がったり、いろいろ気付いたりしても、日常的な仕事や生活に戻るとすぐに忘れてしまうというのは良くあることです。それを覚えていて、意識して過ごしてくれてきたということは、とってもすごいことです!

今回のことも、きっと彼女たちの生活の中に気付きを起こし続けてくれることを祈っています。
やっぱり女性対象の研修というのは、なんかいつも以上に、終わった時の充実感が私の中に広がります。それは、同じ女性だから。女性が活き活き輝き働き生きることは、私自身の本当の願いです。

エグゼクティブ・コーチングを終えて

ある企業の社長から、事業部長クラスの方のエグゼクティブコーチングを依頼されたのはゴールデンウィーク明けの頃でした。

・2日間のモチベーション・リーダーシップ研修
・5回×1時間のコーチング

4ヶ月間、5回のコーチングの間に、クライアントの方は、どんどん気付き変っていきました。内面もそうですが、外見、特に顔の表情がどんどん変化していきました。3回目の時には、私の会社の経営陣は、その方の表情の違いのあまり、本人だとわからなかったほどです。

「人は変わるのですね。本当に。実は私は依頼をしたときに半信半疑でした。驚きました。」

依頼された社長さんからの言葉です。会社では、本人が自分で変ったという言葉以上に、周りの方々がその変化の大きさに驚かれたそうです。

人は変わります。気付けば変わります。ただ自分一人で気付くことは意外に難しいものです。私はコーチとして、本人の気付きのきっかけをサポートしたに過ぎません。ただ、このような大きな変化が起きると、本当に自分の仕事の意義を感じます。とっても嬉しくなりました。

Nikkyでの講演

日経新聞を自宅で購読している女性たちにの組織が「Nikky」です。そこでの会員向けに「幸せなキャリアと心のエンジン探し」
」の2時間講演を行いました。頼まれたんは数ヶ月前ですが、私自身が、まさしくNikkyでした。

25歳で離婚してからは日経新聞一筋。当時の私にとっては、男性社会の中で生きるための常識バイブルが日経新聞そのものだったように思います

さて、今夜はいったいどんな人達が来るのでしょう?集まった160名は年代は様々なようですが、中心は30歳前後。25歳~35歳くらいが圧倒的多数という感じです。やはり講演タイトルに惹かれる年齢なのかもしれません。皆さん、食い入るように話を聴きながらメモをとっていらっしゃいます。

講演型のセミナーに、先週に引き続き、無理やり双方向の個人ワークやグループワークを入れてみましたが、ほんの数分のグループディスカッションはすごい盛り上がりです。先週の40代50代のオジサマ達も相当盛り上がったように思いましたが、今日はそれの3倍です。

やはり女性のパワーはすごい!企業がこのパワーを活かしてなければ、本当に大きな損失をしているといえるでしょう。

邪馬台国の頃の・・・

今夜は、女性活性化に関する企業キーマンの方々が集まる情報交換会でした。19時スタートの会合に、集まった女性8名、男性が3名。
これは、司会はMIAの代表の松丘さん、そしてファシリテーションが私の役割でした。

前回の講演が私の一方的なメッセージでしたから、私としても是非、活発なディスカッションになっていくことを望みつつ・・・参加者個々の、自己紹介から、そろそろと始まりました。

2時間後・・・
あっという間に、誰とも無くどんどん発言。皆さん、とってもリラックスして、自然体で、そして鋭いホンネが炸裂!だんだんに、同席の男性達の視線が伏せ目がちになり、片身が狭そうになって、まるで数の開きは80人対3人くらいのパワーの差。それもそのはず、8名はそのまま本当に現代のキャリアセレブの全員がロールモデルそのもの。光輝いていて、すごい高いモチベーションなのです。それがまるで、その場で融合していくような化学反応が起こりだしたようです。

最後は会場の管理の方から、もう部屋から出て帰れコールされるほどでした。

来週のキャリアセレブサロンでは、肩書きを外した一人の女性として、このメンバー達の多くに会えそうです。もしかして、皆、邪馬台国の時代の女性の生まれ変わり?なんて思うくらい、時代を変える勢いとパワーを感じます。なんか、とっても素敵な仲間が増えそうです。

信頼で結ばれる仲間達とのホームパーティ

社員旅行も楽しかったのですが、久しぶりに計画した私の家のホームパーティ。10年を超える親友から、ここ数年の友人、そしてついこの前くらいから心を通わせることができた人達、20代~40代。狭い家に10人以上の人が自然に集まってくれて・・・、なんかとっても幸せな夜でした。

高い志の古い友の熱い語りがあり、皆の笑顔がこぼれ、互いを思いやる暖かい心が、素晴らしい空間を創り出していました。
今夜は、素敵な思い出の1ページになる「タコヤキParty」となりました。

こういう、素敵な仲間との時間と空間がもてること、これこそ最高に贅沢なのかもしれません。お金をいくら積んでも買えないものを、私はもっているんだと感じさせてくれた素敵な夜でした。

チームの信頼の絆のパワー

今回の2日間のモチベーション・リーダーシップ研修コースは、私のクラスクオリティのベスト30名を大きくオーバーした、50名近い人数でした。どうしても、この人数に対応して欲しいと言われた時から、かなり頭を抱えていました。

30名を超えたら、私と受講者ひとりひとりのコミュニケーションが薄くなってしまいます。参加者のクラス内での発言回数も少なくなる。だからこそ体験、体感部分の気付きが薄くなる恐れがある・・・。受講者の出入りも激しく、サポートやフォローアップは、通常の2倍が予測されます。コースの体験テーマ『信頼と自立のコミュニケーション』がうまく伝わるだろうか・・・。

でもそれを理由に、しかたがないと言いたくはない。
今回のコースは私とアシスタントの佐藤ちんとの挑戦でもありました。私たちが心がけたことは、いつにも増してのチームワークでした。講師の私とアシスタントの佐藤さんが、どれだけ呼吸を合わせられるか、お互いの状況を表情や態度から察知し、自然体でサポートしあう。体感型エクササイズや、デモンストレーションの多い私のクラスでは、これが命です。

結果は、信じられないことが起きました。
たぶん、今までのコースの中でもベスト3に入るほどのクラス全体の一体感と、受講者間に築かれた信頼と自信の笑顔を見ることができました。ふと思ったことは、彼らは、私と佐藤さんの「鏡」?

『信頼と自立のコミュニケーション』

そのものを、皆は目撃したのかもしれません。チームでやることの素晴らしさ、信頼の絆のパワーを自分で再確認しました。



初めての三重奏

200人以上の40代50代の管理職(98%男性)の方々向けの2時間の講演です。

★女性講師が初めて
★講演型でアセスメントの体験があるのが初めて
★席替えがあるのが初めて

講演会場に到着した私よりも、主催者側の皆さんの緊張の顔には
「不安&心配」という文字が描いてありました。振り返れば、私のボディーガードスケさんこと営業部長の庄司さんが、汗を額から拭っています。彼も緊張して心配しているようです。そして演台にたったら、受講する200名を超える方々も、ちょっと顔が強張っています。全員の視線が私に集中・・・。

でも、この空気嫌いじゃないのです。いつもの研修クラスも大好きなのですが、大勢を前にした講演は私のちょっと違うスイッチを入れるようです。なんていうのでしょうか?いつもが演歌歌手モードだとすれば、舞台女優モードでしょうか?
いつの間にか、マイク持って走りまわっている自分がいました。
そして、気がつけば、席換えをした200名のビジネスマン達の笑い声が混じったディスカッションがあちらこちらで。

終わった時の拍手・・・。やっぱり、この瞬間が好きです!
日帰りでの大阪への出張は決して楽ではありません。しかも今週は2日間研修が2回もあります。でも出だしの月曜日、モチベーションはぐんと上がっています。

裸の付き合いと皆の絆

10年ぶりに社員旅行に参加しました。取締役をしているMIAの夏合宿です。独立してからも、主宰していたコミュニティでの、団体旅行は経験をしていましたが、全員参加の社員旅行というのは、独特ですね。

熱海1泊のバス旅行。夜のゲームあり、朝の地引網やバーベキューあり。何しろ団体旅行ならではのイベントが盛りだくさん。そんな中で、仕事の立場を忘れて、職種、職位、年齢を超えてのコミュニケーションをする時間は、本当に有意義でした。

温泉に4回も入り、翌日はバーベキューでいい気持ちになり、洋服のまま海に入り・・・文字通り裸の付き合いが多くの会社のメンバーとできました。帰りのバスの中も盛り上がり、帰るのがなんとなくつまらないような、小学生の林間学校の帰りのような皆の様子。

「これで、なんか夏が本当に終わっちゃうような感じですね。秋ってなんか寂しい・・・。」

そんな言葉に、皆の絆がちょっと深まったのを感じます。ちょっと疲れたけれど、また行きたいな・・・そんな気分になった、とっても素敵な時間でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。