FC2ブログ

生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

ワークライフバランス

1週間ちょっと、インドネシアのバンドンの郊外で過ごしてきました。
私の大好きなバリ島ウブドに似た環境で、数冊の本を読みながら、リラックス、パートナーと楽しい時間を過ごし充電して戻ってきました。

2009年、私のワークライフバランスは大きく変化しています。25歳で離婚をしてからの20年、私のバランスの中心は仕事&キャリアと自己投資&成長と健康、そこが中心で、それに趣味余暇と友人達でした。もちろん、介護で大きくバランスが変わった数年もありましたが、家族&パートナーという部分は自分の中で重点事項としては考えていませんでした。

でも、ある意味、仕事&キャリアでかなりの達成感と充実感を味わい、自分が登りつめていくことよりも、自分が得たものを人に分かち会う、人を助け&育てるというところに私の関心が移ってきた昨年から、私は家族&パートナーの部分の充実に目覚めました。軽いデート相手ではありません。イコールパートナーです。つまり対等な関係で人生をサポートしあって生きていけるようなソウルメイツでもある男性です。

そこを充実したいという気持ちは、昨年末にはかなり高まっていたのでしょう。だから、人生のパートナーに出会いたいなと思いつつ、そういう意識で行動をしていたのでしょう。そうしたら、本当に出会いがありました。相手もまさに私と同じことを求めていました。年齢も人生の経験値も似ている熟年のカップル?(笑) 50歳を目の前にして、このような出会いとこのような気持ちになったことに、実は私は驚いていません。私にとっては、まさに今がタイミングだったのだと思います。

人は一人で生きていけます。死ぬ時は、もちろん一人です。
でも一人で生きると選択をあえて選ぶ必要はないと思います。
一人よりもパートナーがいるほうjがずっと楽しいと、今、私は感じています。

ただし、私たちは、そう簡単にデートができません。
お互いに超多忙かつ、超遠距離です。ただし、それを乗り越えることができるくらいに、自分のスケジュールをコントロールし、タイムマネージメントもできる余裕かつキャリアの状況にいます。だからこそ、彼の国で、日本で、または他の国で一緒にいる時間を作ります。
だからこそ、真剣にワークライフバランスの1年です。
7月は週2回の出張、土曜日は全部地方にいることになりそうです。でも、8月は3週間近い休暇をとって、海外で過ごすことになります。私なりに大切なもののために、人生のバランス、タイムマネージメントをもっと頑張りたいと思います。

スポンサーサイト



ネットパソコンとともに

私の3台持っているパソコンの中で、一番コンパクトの新顔、ネットパソコンEEEP子。この前の企業研修のプレゼンテーションでビジネスデビューを果たしています。
しかし、その本領発揮は、やはりモバイルパソコンとして旅につれていくことかもしれません。

私は海外での休暇は、仕事はまったくしない主義なので、パソコンを持っていくことはありませんでした。いつも行くバリ島でもメールチェックをインタネットカフェでするくらいです。1月のオーストラリア休暇は、電話自体が繋がらなかったりするキャンプでした。

でも今回の、3月31日からの1週間のタイでの休暇はEEEP子を連れていくことにしました。
ということで今は、パタヤビーチのリゾートホテルで海を見ながら、ブログのアップをしています。
思ったよりも、多くのホテルが無線LANは当たり前という状態。
便利でいいなあと思う反面、どうしても仕事のメールも読んでしまいます。
この仕事モードに頭が切り替わってしまうのが、ちょっと・・・。
でも、メールできるも安心です。さあ、パソコンを閉じて、今日はマーケット(市場)に遊びに行きましょう。

仕事も年齢も超えた友人達

気がつけば20年のお付き合いになるワインの会のメンバー。
私を含めて5人です。
70代半ばになる写真家で芸術大学教授は私の第二の父ともいえる方です。
そして、60代、50代のメンバーは、クリエイティブな世界で仕事をする方で、私にとってはお姉さんとお兄さん達という存在です。1年に2~3回、ワインを囲みながらいろいろな話をします。一緒に旅行をしたこともある、本当に家族みたいな関係です。

私が彼らに出合ったのは、最初の独立起業に失敗して、落ち込んで、そこから復活してアスキーに努め始めたころ。そう28歳になったばかり。全くもって青くて、熱くて、がむしゃらに生きていた頃でした。
バイリンガルのフリーペーパーの編集長時代。全日空グループで猛烈に仕事していたITプロデューサー時代。そして二度目の起業を経ての人材開発業界に転身した今。

私の変遷を見ながらも、私の中で変わらないものをしっかりと見守ってきてくれた方々。私にとって、本当の家族以上に大切な存在です。人は一人では生きていけないし、いろいろな人に応援され、見守られて生きているんだと感じる今日このごろです。最近、こういう信頼できる人たちとの関係こそが、かけがえのない宝物なんだとひしひし感じます。だからこそ、そういう人達を、そしてそういう人達と過ごす時間をもっともっと大切にしていきたいなと思います。

Birthday

今年は年女です。
バリ島から帰国して翌日が誕生日でした。
お花とシャンパンと手作り料理のランチ&ディナーのプレゼント・・・ここ10年で一番素敵な誕生日でした。
20080417212656.jpg

翌日は、一緒に仕事をする仲間のいるオフィスへ。
20080418102901.jpg

ここでもカードとお花をいただいて、大感激。歳をとるって素敵なことだなと感じます。

17人の大切な友人達

昨年は2ヶ月に1度やっていたホームパーティ「タコヤキパーティ(私がタコヤキで、おもてなしをするので)」。
12月には忘年会&クリスマスパーティをしたのですが、そのときに来れなかった方からは、新年会もやるよねとリクエストをいただいていました。
私も2008年、新たな気持ちで皆さんに宜しく御願いしますというご挨拶、年賀状だけでなく直接お目にかかりたい気持ちでいっぱいになりました。

ということで1月3日に、私が公私でとっても親しくさせていただいている方々に、新年タコヤキパーティのお知らせを送りました。といっても10日後のことなので、皆さんお忙しいかなと思っていましたが、なんと17名の方がいらしてくださいました。本当に感激しました。

いつもよりも早めの2時集合に、気がつけば、もうほとんど全員がそろっていました。
10年以上の付き合いの親友達、気がつけば5年以上一緒にお仕事をさせていただいているビジネスパートナー、そして一緒に仕事をしている仲間、この1~2年でとても深く知り合った友人達。皆素敵な笑顔と、ワインやお料理をたくさん持ってきてくれて・・・。

義理とか、役割とか、ビジネスライクといった関係でなく、そこには信頼、友情のつながりがありました。その私との心のつながりが、お互いの心のつながりになっていく。今日は私はホステスに徹しました。お台所のカウンター越しに、みなの様子を見守っているだけで、本当に幸せな気持ちになりました。8時間近く続いたパーティー、とても素敵な時間でした。

私のかけがえのない宝物、それはここにいる友人達、そしてここにこれなかったけれど、同じように私と心がつながっている友人達です。そして、彼らこそ私が生きてきた証です。私はとっても自分が幸せなんだと実感、心がとても暖かくなりました。