生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界的に通用する?なら嬉しいかも・・・

 今回の女性リーダーエンカレッジ2日間公開コースの参加メンバーは少人数(8人)だけど20代から50代と年齢層も幅広く、メーカーや銀行、IT業界と様々でした。中でも、ロシア人の20代後半の女性は、5か国語を話せて、もちろん日本語100%OKのパワフルで素敵な女性でした。

 
 今までも、企業研修のコースで、中国や韓国、インドの方などが参加メンバーに入ることもありましたが、ロシアの方は初めてでした。しかも20代のパワフル女史に、私のコンテンツは響くのかな?と
思いつつ、初日の朝の彼女の顔は、他の参加メンバーと同じようにちょっと緊張気味。でも、1日目が終わるころには、本当に皆が心開いて共鳴していました。

 初日の夜は、参加メンバーの有志による女子会があったようで、2日目のクラスの雰囲気は、初日とは感がられないくらいの大変化。全員が昨日会ったばかりとは思えないほど、長い友人のような信頼関係で繋がっていました。2日目の午後には、「研修が終わってしまうのが嫌です。寂しい!」というメンバーも出てきました。

 終わりの共有では、来年の花見、その前に忘年会もやろうという話が盛り上がりようでした。
そんな中、ロシアの彼女がやってきてくれました。私にハグしながら、

「いろいろな研修のコースをオブザーブしたり、参加してきたけど、この2日間は最高です。
このコースを日本の女性だけでなく、海外の女性たちにも絶対に受けて欲しい。。海外でもやってください!やりましょう!」

この言葉、かなり嬉しい。というか、超嬉しい! 
私のこの女性リーダー応援コースは10年以上前に開発したものです。もちろん進化し続けていまうが、世界にも通用するのなら・・・世界制覇の野望が・・・(笑)


スポンサーサイト

冷や汗と火事場の馬鹿力?

今日は、午後から名古屋での日帰り講演です。
朝の時間も余裕ありと思って10時過ぎに大崎に行ったら、事件が起きていました!

改札で東京のJR全線が停電のためにストップ。再開の予定は未定という表示

体から冷や汗がビューと吹き出しました。
10時40分の新幹線をとっているけど、11時までの新幹線に乗らなければ、絶対に間に合わない。
100人の前での講演をすっぽかすわけにはいかない。
新幹線が動いているかはわからないけど、何しろ品川に行かなくては!
大崎駅はラッシュアワーを過ぎて閑散としているので、私と同じく焦っている人数人がタクシー乗り場へ猛ダッシュ。

5分走って、ちょっと駅から離れたタクシー乗り場に着いたけれど、タクシーがいない。
私の前に待っているのはゴロゴロバックを持った50代前後のビジネスマン。彼もスマホで時間を確認しているから、私と同じように焦っている。

タクシーを待つこと5分、やっとタクシーが1台やってきた。

絶対にこのタクシーに乗らなきゃ間に合わない!

ということで、次の瞬間、声をかけていました。

私 「もしかして、品川まで行かれるんですか? JRの停電で山手線止まってしまって、私も品川行くんで、すごく焦ってタクシー乗り場にきたんです。ご迷惑で泣ければ、ご一緒さえていただけませんでしょうか?」+最近最高の笑顔

男性 「そ、そうなんですね。僕は飛行機での出張なので、羽田に行くかと思いましたが、京急が動いているようなので品川行こうと思います。どうぞご一緒に乗ってください」

次の瞬間、 半ば強引にタクシーに同乗しておりました。新幹線の予定を変更しつつも、タクシーに同乗させてくれた男性に感謝の気持ちを伝えると、とてもいい方でした。ただ、私の真剣な顔と大胆な申し出に、かなり驚いたとのこと。

男性 「ああいう時に、声をかけるのは勇気いりますよね」

私 「いえいえ、火事場の馬鹿力みたいな感じの勇気です」

でも、実は、ちゃんとプロの人を見るセンサーは働いていました。服装、雰囲気、どんな気持ちの状態かな? 
そして、アサーティブな自己表現で想いを伝える。自分のカリキュラムが日常に実践された一コマでした。
それと、出張も含めて研修や講演の時は、時間にたっぷり余裕とることと、どんな時の気を緩めちゃだめという教訓を得た瞬間でした。

もちろん、名古屋の仕事は絶好調!

成長を見守り続けたい

この仕事をしていて、嬉しくなる瞬間は、女性の受講生たちの受講後の笑顔をと心のほぐれた様子を見ること。

お盆明けに、今年9年目になる某銀行の女性リーダー育成でした。
泊まりも通いでもOKとなった、このクラスの平均年齢は、30代前半。
24名の受講者の、既婚率&ワーキングマザー率も非常に高いクラスでした。
通いにしたからからこそ、ワーキングマザーが参加しやすかったし、でも10年で時代も本当に変わってきたなと思います。

「自分のキャリアに迷っていた時だったので、すっきりしました。未来が見えてきました」

「子育てとリーダーシップがこんなに繋がっていることがわかって、自信を持てました。」

「管理職になれというプレッシャーを重荷に感じてましたが、自分なりに成長し続けたいと思えるようになりました

最後に皆で輪になって感想を共有する場面での彼女たちのメッセージと、笑顔、心からリラックスした表情を見ると、2日間の研修でクタクタになった体のからだの疲れが吹っ飛びます。私がとっても充実感、喜びを感じる瞬間です。
彼女たちがどこまで、成長するのか、見守っていきたい・・・。
私にとって20代、30代の女性たちは娘世代です。
本当に母のような気持ちで幸せを願います。

そんな私の喜びが、倍増するイベントが今夜はありました。
今夜は、私の第1回の受講生5人との大人女子会でした。
支店長まで、もう一歩というところまでキャリアを重ねてきた彼女たちの姿は、私にとっては頼もしい娘というよりは、妹分達です。
私よりも10歳くらい若い彼女たちですが、男性主導の社会の中で、よく頑張ってきたなと本当に思います。
戦うのではなく、しなやかにしたたかに頑張っていました。でもプレッシャーもたくさん、ストレスもたくさんありそうです。
私との大人女子会は、彼女たちにとっては元気の充電タイムのようです。
彼女たちが、さらなる高い視点のポジションに上がることを、私は仕事抜きで心から応援しています。
会社には彼女たちに続く、女性たちがたくさんいるのですから。

がっかり事

がっかりすることが、ちょっと目に着いた1か月。
忙しい中で、がっかり事が多いと、心の疲労感が倍になってしまう。

★輝いている仲間で集まったつもりが・・・・
   50歳を過ぎてくると、しかたがないとは思うけれど
   引退モードや、仕事はさておきプライベートばかりの話
   なんか同年代のオジサンたちと集まったような錯覚

★プロジェクトの頓挫
   有限実行の私にとっては、本当に滅多にないこと。
   自分ひとりで出来ることなら、絶対にやり遂げるけど。
   チーム力でやるものだった。 3か月が無駄になった。
   でも、責任は私自身。チーム力を発揮するには、あまりに早すぎた。

★キャリアカウンセラーとしての無力感
   これまでも個人的に相談されたら、出来る限り時間を割くことは厭わずやってきました。
   それは私が貢献の年代としての役割だとも思ってきた。
   いつもは、笑顔と成長をも守ることができてうれしいのですが。
   そうじゃない時もたまにあります。今回は、そういう感じで・・・何だったんだよ~。
   
どうか、来月は、がっかり事が無いことを祈ります。
でも、楽しいこと、がっかり事、頭にくること、悲しいことの目白押しが人生ですね。

自分の体力と仕事

50代後半になって、自分の疲労度合に驚かされます。
体力が本当になくなってきている・・・のに、仕事は減らないし。出張が増えてしまった。

北陸、東北出張に続いて
先週は、和歌山→大阪の4日間。
今週は、気大阪→京都で3日間。

金曜日の夜に帰ってきたのに、来週は日曜日から講演が入ってしまった。

誰がこんなスケジュール入れたんだ!
それは私。半年前は頑張れるかななんて思ってしまったのです。

1日働いたら1日休む、2日間働いたら、2日間休む。
これを私の大原則にしないとダメだよ!

自分に強く言い聞かせながら、8月4日までのハードスケジュールを頑張ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。