キャリアセレブな生き方を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

クロアチア&スロベニア10日間で最後の充電

今回の春の大充電月間の仕上げは、10日間のクロアチア&スロベニアの旅でした。
久しぶりのヨーロッパ。
そして、初めての東欧。
中央ヨーロッパに行ったのが5年くらい前でした。チェコ、スロバキア、ハンガリー、オーストリア。
中でもチェコとハンガリーはもう一度行きたい国となりました。

それと同じくらい、興味があったのがクロアチア。
行きたかったけれど、誰も一緒に行ってくれそうもないので、一人でツアー参加となりました。
GW前に10日間も休める人は、やっぱりということで、24名のうち、21名が60歳以上というか、平均年齢70歳強のシニアツアー。
昭和の元起業戦士と妻たちは、年金で悠々自適な老後生活で海外旅行三昧。
こういう老後を今の50代以下は描けなくなったのだななんて、ふと思いました。
いけない、いけない、すぐに仕事に関連づけてしまう悪い癖。

ということで、思い直して10日間、ほとんどメールもチェックせずに、どっぷりクロアチアの旅にはまりました。
全ての五感で、感動体験をする・・・はずが、なぜか第二添乗員みたいなことにもなったりして、思い出深い旅となりました。


スポンサーサイト

会社の謝恩旅行で知床へ

毎年この時期に行く、会社の謝恩旅行。
今回は私が密かに願った沖縄方面は却下で、北海道は知床への2泊3日グルメ&温泉堪能旅行となりました。

層雲峡温泉では、道場メンバーとの合流して、カラオケ女子会。
充電期間中にしかできない、カラオケでシャウトして踊って、歌ってしまいました。

それにしても知床は・・・激しく寒かった。
まるで東京の真冬、2月です。季節が2ヶ月戻った感じ。
とはいえ、海産物は美味しいし、寒いからこそ源泉かけ流しの露天風呂も嬉しくなります。
3日目の厚岸の生ガキが一番おいしかったかな。

ベトナム休暇、知床温泉休暇で、かなり復活してきましたが、今月は、もう一つ最大の充電休暇が待っています。
とても楽しみ・・・・
その前に、もう一仕事します!

たくさん働いたら、充電その1

1月から3月、本当に全国行脚で頑張りました。
そして、ついに私の本加工充電シーズンに突入。

第一弾は、ベトナムはダナン&ホイアン5日間の旅。
ベトナムはホーチミン、ハノイ、ニャチャンと何度も行ってますが、ダナンとホイアンは初めてです!
直行便で4時間半。そこから車で15分でダナンのビーチ到着。海がキレイでした。
ホイアンは京都と倉敷を足したような街。
笑顔が連続の感動体験で、あっという間に心身リフレッシュ。

気が付けば1月のカレンダーのまま

ようやく、2月から始まった6週間連続の出張生活が終わりました。
水曜日~土曜日は地方という生活の中、東京でももとろん講演や研修があって、今期最後の繁忙期は、今年最高の繁忙期でした。
ふと気が付くと、部屋のカレンダーが1月のまま。
私の2月は仕事一色でふっとんだということです。

私の場合は、週休2日の会社勤めとは違います。

繁忙期(2ヶ月)→休暇期(2週間)→繁忙期2→休暇期→繁忙期→休暇期

というふうに繁忙期の時期は、本当に仕事が集中します。
だから絶対に病気になったりして、体調を崩すことが許されません。
1年の中で一番、気をつけなければいけないのが、最後の2月3月の繁忙期です。
ここは、寒いだけでなく、空気が超乾燥しています。
喉を酷使する講師業には最悪のシーズンです。

・満員電車に乗らない
・出張先のホテルから外出しない
・懇親会、ビジネスディナー出ない
・週末も不要な外出をしない
・暴飲暴食しない
・基本的にお酒飲まない
・夜は12時までに就寝する

ということで、かなりの節制した生活でした。
この時期は友人とのプライベートな約束もせずに、ひたすら仕事場とホテルや家の往復のみ。
ということで乗り切った達成感や解放感は、ひとしおです。

6週連続出張の2週目に突入

先週から始まった超繁忙期の、6週連続の出張スケジュール。
先週は新百合ヶ丘に2泊、高松に2泊でした。
今週は昨日から福岡入りして、2泊。
来週は北九州に2泊。翌週は大阪に2泊・・・。
と3月の桜が膨らむ時期まで毎週出張が続いていきます。

この時期は、寒さ、乾燥、インフルエンザ、花粉と私の大敵がいっぱいです。
だから、研修や講演が終わったらホテルに直行、誰ともしゃべらず基本的にホテルで食事。

今年から、植田の働き方改革の1つ★ビジネスディナー、懇親会は全てお断り★をまさに実践しています。

何せ、喉と体が資本の仕事。風邪をひいたり、体調を壊してスケジュールに穴を開けるわけにはいきません。
17年間、倒れたことないけれど、今年からは60歳まであと3年、前に増して自己管理を徹底します。