生涯現役なイキイキ人生を目指して

キャリアコンサルタント、ダイバシティコンサルタント植田寿乃の充実した仕事とバランスよい人生を目指しつつ、感じること、思うこと

一番タフな研修かも

時々登壇するモチベーション・リーダーシップ1日コース。

でも1年に1回のこのコースはハードさがちょっと違います。
今回の受講生は127名(女性3割)、某省庁の係長研修の1日を担当、年齢は26歳~32歳平均年齢27歳を教えるのも5年目になりましたが、この人数の研修はこの仕事だけです。
講演規模の大人数で内容は研修です。通常一人で研修をする時は20名以下、多くても24名でやっている内容を、この人数とということは、私一人では絶対に無理。ということで、今回も昨年に引き続き、強力な助っ人のアシスタントには、道場メンバーのシルルとよしよしのゴールデンペアに協力してもらいました。
彼女たちがいるとはいえ、階段教室で127名の目が私に向かってきます。
若者たちは、正直で興味が無くなれば、スマホに手がいったり、眠ったりしてしまう。彼らの気持ちを、だんだんにコースの内容に引き込んで、最後は夢中にさせる。
そのためには、休憩時間も含めて受講生たちとコミュニケ―ションをとっていく。
なんか、私自身が講師の原点に戻されて特訓されている感じです。
受講生たちの笑顔が増え、盛り上がる共有時間、そしてどんどん質問に来てくれるようになって、18時の終了時間。
1日で2日分のコースをやるくらいエネルギーを使いました。
でも20代を教えるのは、とても楽しいい。なぜなら、産んでいないけれど、息子、娘の世代だから。
私が彼らに残せるものをしっかり渡せたかな。

スポンサーサイト

20代の肉食女子たちのエネルギー

上司&女性部下研修の初日の夜の女性たちだけの懇親会に2時間だけ参加しました。

最近は、体力的にもたないので、夜の懇親会は基本お断りだったのですが、こちらの会社は5年以上応援しているし、たっての願いだったので参加ということで。
平均年齢26歳くらいの19名の女性たちのエネルギーはすごかった。
昼間は上司がいたので、ちょっと押さえ気味だったのが、全開モード。
仕事も女性としての人生も全部つかみたいと願う肉食女子達は、とてもピュアで可愛いい。
まさに、娘世代の彼女たちが、眩しく愛おしい。
私は21時に部屋に戻ったけれど、23時までおしゃべりし続けたツワモノもいたようです。
翌日の女性エンカレッジコースでは、彼女たちの昨夜のエネルギーがそのまま、お見それしました!

80点とれたかも

先週60点でスタートした研修の登壇ですが、今回の関西での異業種の女性研修2日間コース。

これは、私として

80点

その理由は、初日、2日目と休み時間、ランチタイム、私の空いている時間に、ひっきりなしに25名の受講生が相談や質問に来てくれました。それだけ、彼女たちと距離が近い存在になれたということです。初日の朝、『2日間だけの仕事上でのお母さん』そんな気持ちで彼女たちに向き合いました。その私の気持ちが通じ、信頼してもらえたのかもしれません。
こういう気持ちで、いつも登壇できるようになりたい・・・心穏やかでないとだめなのですが、頑張りたいと思います。たとえ、それが同年代のオジサンたちに向かう時でも。

バブル人生観のままに生きている人たち

『バブル世代の危機』を、4月から人事実務で連載しています。
3回目の内容はバブル世代の女性について書きました。

キャリアビジョンが全く無い。
ただ会社から求められる目の前の役割だけをこなす。
苦労を嫌い、楽な道ばかり選ぶ。
今を楽しむことを最優先する。
同じ人生観の人達で集まり、ぬるま湯状態に甘んじる。

私の周りにも残念ながらみかけます。
応援したいけれど、最終的には説教モードになってしまう。
心配しても本人たちには伝わらないし、説教している自分も嫌、それよりなにより時間が無駄になることに耐えられなくなりました。
彼女たちが切羽詰まって気づく時まで、距離をおこう。。。

約2か月ぶりの研修復帰

今年は、会社の決算月の4月とGWをしっかり休みました。1か月半の休暇に近い充電期間を経て、いきなり2日間のモチベーション・リーダーシップ2日間コースは、仕事モードに心身を引き戻すには、カンフル剤的な役割でした。


朝いちばん、クライアントのご挨拶している最中に、受講生を前に笑顔で余裕のはずが、目の前のコーヒーをぶちまけテーブルクロスをびしょびしょにするところからのスタート。前のほうの受講生にしっかり目撃されました。
テキストの説明が自分の中で飛んだり、やはり、やる気アクセルはベタ踏みなのに、頭の回転が仕事モードになってない模様。
2日目終了後、受講生は気づきもあり、笑顔で挨拶にも来てくれました。
事務局やアシスタントのフィードバックも良い感じでしたが、私としては

60点

でした。これでは、全くダメです。2018年の進化をしっかりしなくてはと自分を叱咤激励!